ニック 式 英会話 アプリ。 ‎「ニック式英会話ジム」をApp Storeで

英語脳を作る学習アプリ「ニック式英会話ジム」をリリース|インスタイル株式会社のプレスリリース

ニック 式 英会話 アプリ

YouTubeでの英語と日本語のそもそもの文法の作り方の違いについて解説されてた内容に目から鱗でした。 過去に日本語的な文法を直訳した英語で外国の方に伝えても伝わらない原因がはっきりと分かりました。 海外映画やドラマの日本語字幕においても「なんで、こうなるの?直訳するとこうだよね?」みたいな疑問も払拭されつつあります。 その原因をYouTubeを通して伝えるだけに終わらず、それをどのようにして克服するか、そしてそのためのアプリまで開発してくれたのはほんとにありがたいです。 約3000円はアプリの中では高額で、かつ、レビューで評価が悪いものもあり気になり少し躊躇しましたが、本日ダウンロードさせていただきました。 一通り全てやりました。 個人的には特に他のレビューでかかれているような悪い点に関しては別段気になりませんでした。 とても、いいアプリを提供してくださりありがとうございます! ニック先生の動画のおかげで、飛躍的に英会話力が伸びた者です。 先生の英語を教える際の着眼点や日本人に分かりやすい教え方、そして何より先生の親しげな雰囲気…どれも群を抜いて素晴らしく、毎回動画がアップされると欠かさず観ています。 そんな自分なので、多大な期待の元、今回アプリを購入しました。 …あまりの使いにくさにもうウンザリ。 本当にショックでした。 まず、動画。 音声倍速再生できない。 これは意外に不便。 テスト。 間違った箇所の解説がない。 つまり復習できない。 しかも間違った問いの問題文さえ後から見れないので、どんな問題だったのか、イチから自分の記憶を頼りに考えないといけない。 その上、間違ったパターンがどの学習項目と紐づいているのか分からないから、ほかのアプリや検索ツールを利用して復習しましたよ。 えーーーー!! このフローを自分でやらんとあかんのなら 本で勉強する方がなんぼも楽やわ!! 3000円出したら結構な参考書が買えます。 文法的に合っていても、ネイティブの人は絶対にこうは言わない、というのもアプリの動画で更に詳しく教えてくれていて、本当に役立ちます。 どこの教科書にも載ってないことが学べます。 英語を学ぶのがより楽しくなったし、早く喋りたくなりました。 レッスンに通うと何十万もかかる内容が、このアプリで好きな時間に好きな場所で好きな格好で 笑 学べて、尚且つ一生物と思えば3000円はかなり安い買い物です。 アプリを使ってトレーニングをしている時は良いが、1度アプリを閉じると再開する時に最初の画面に戻ってしまい前回閉じたコースを設定するのに2、3手間がかかります。 その為最後にどこまでやって終えたか分からなくなり、やるのが面倒になる。 また、スピード調整が出来ないのでなれてくると物凄く遅く感じます。 他社のアプリでは上の2つの事が満たされているのが普通なのですぐに改善して欲しいです。 このアプリの購入を考えている人は、この点を考えて購入した方が良いです。 購入後1ヶ月経ちましたが、最後に終わったところから始められないので、めんどくさくなりやらなくなりました。 他の方も書いてますが、最後に終わったところを探すのが、本当にストレスになります。 この作業が毎日、毎回となるとだんだん見るのも嫌になります。 このアプリのコンセプトは「英語脳」を作るための「脳トレジム」アプリです。 「英語脳」の元となる、それぞれ別の「筋肉」を鍛える6つのトレーニングマシーンで日頃トレーニングして、「英語脳」の「神経回路」を作ってください。 日本トップクラスの英語講師であるニック・ウィリアムソンが、最短で「英語脳」を作りあげる画期的なメソッドを作りました。 細かい文法を考えずに、文法的に正しい、尚且つ自然な英語が話せるようになりたい人にとってはこのメソッドが1番です。 教室に通えない人のために、教室で行なっているドリルや練習をアプリ化しました。 アプリ内には、ニック先生による分かりやすくてためになるレッスン動画がたくさんあります。 そちらを観て、その後、6つのトレーニングマシーンで、どんどん発信する練習を重ねていきます。 英語が話せるようになるためには、英語をどんどん発信することが欠かせない要素の一つです。 ネイティブが言った文をリピーティングするだけでも、少しは効果がありますが、自分で文を組み立てられるようになりたいなら、自分で文を組み立てる練習も必要になります。 「ニック式英会話ジム」では自分がパーツを組み合わせて作った文、テンプレートに沿って、英語の思考回路に沿って自分が作った文を、ネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングすることができます。 発音の練習と文章作りの練習を同時にできます。 英語の思考回路を脳に焼き付けることができて、ネイティブのような自然な英語が話せるようになります。 それでは、6つのトレーニングマシーンを紹介します: 1. 「置き換え」 このマシンが一番シンプルですが、「英語脳」育成にはとっても効果的です。 たとえば「How old are you? 」の「old」を別の単語に置き換えて「How hungry are you? (どれくらいお腹空いているの?)」「How sick are you? (どれくらい具合悪いの?)」「How confident are you? (自信のほどは?)」などと、新しい表現を作っていきます。 1つの表現を覚えて終わらせずに、簡単な単語を置き換えていくことで言えることが数十倍の量になります。 言語を学ぶ上で、この「置き換え頭」は大変役立つスキルです。 日本語に合わせて表現を作ろうとせずに、このように英語の表現に合わせて応用する頭になるからです。 このマシンはそのスキルを養うトレーニングマシンです。 「形容詞」を置き換えたり、「名詞」を置き換えたり、「動詞」を置き換えたりすることができます。 「A+B」 2つのパーツ、2つの決まっているフレーズを「A+B」のように組み合わせます。 たとえば「I was going to(するつもりだった)」という塊と「change jobs(転職する)」という塊を組み合わせて「I was going to change jobs. (転職するつもりだった)」と文を作っていきます。 又、「一般」「仕事」「遊び」「恋愛」「家事」など、様々なカテゴリーが選択できます。 動詞の原形が続く表現、動詞のing形が続く表現、動詞の過去分詞が続く表現などと、様々な表現がありますが、アプリがすべて正しい形に変換してくれるので、間違った文を作ることは不可能です。 自分が作った文をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングします。 脳と口を同時に慣らすことできます。 このマシーンだけで約6万通りの組み合わせがあります。 「学習」モードと「テスト」モードがあります。 「3 STEP」 ネイティブと同じ思考回路で短文を作りましょう。 特に時制の使い分けに関しては、日本語と英語は全く違います。 日本語に惑わされないように、3ステップのテンプレートに沿って考える「英語の思考回路」を身につけましょう。 日本語に囚われているからこそ、苦労もしますし、不自然な英語になります。 本当の英語はもっともっと簡単です。 日本語をヒントにせずに、内容で判断しながら3つのステップに沿って文を作ります。 日本語英語よりも楽に、ネイティブ感覚の英語になります。 そして、日本語から訳さずに、最初から英語で考えられるようになります。 自分が作った文をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングしましょう。 このマシンには2万ほどの文例が登録されています。 「フラッシュカード」「学習」「テスト」と3つのモードがあります。 「Q」 瞬時に質問ができるスキルを身につけましょう。 質問することは、会話の大切な1部です。 しかし、質問がしたくても「何と言えばいいんだろう?」と考えているうちに会話がどんどん進んでしまって、聞きそびれることが多いものですよね。 聞きたい質問をすぐにその場で言える必要があります。 すぐに言えるようになるためには、質問をシンプルに意識しましょう。 たとえば「did you」「is he going to」「do you want to」などを「塊」として覚えて、その「塊」を「Where … go? 」「What time … get up? 」などの間に入れ替えて、シンプルに質問を組み合わせます。 組み合わせた質問をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングしましょう。 「A」 英語でされた質問に対して、反射的に英語で返せる「反射神経」を作りましょう。 ほとんどの人は、英語で質問をされた時に、日本語に訳して理解して、そのあと、「動詞のチョイスは何?」「時制はどうする?」「活用はどうなる?」「前置詞は必要?」などといろんなことを考えながら、イチから答えを作ろうとします。 それでは、難しい上に、時間がかかりすぎて会話に付いていけないですね。 実は、1度日本語にせずに、文法を考えずに、正しい英語で反射的に答えられるテクニックがあります。 このマシンでは、反射的に英語を英語で返す「反射神経」を作っていきます。 アプリがどんどん質問をしてくるので、それを反射的に返していきます。 「時制」を個別に練習することもできますし、「ランダム」モードでは「時制」をごちゃ混ぜにして練習することもできます。 「ランダム」モードでは、アプリと本当に会話している感覚になるので、本当の会話にかなり備えられます。 「音読」 発音をネイティブに近づけることでリスニングができるようになりましょう。 聞き取りができるようになるためには、自分の発音をネイティブに近づけることが必要です。 発音の解説動画でコツを掴み、「会話例」を通して、聞き取りの練習や発音の練習をいろいろな角度からやっていきます。 各会話例は7ステップで練習を進めていきます。 特に「タッチ&リリース」機能がおすすめです。 長い文をリピーティングするのは大変ですが、短く始まって、少しずつ繰り返す範囲を伸ばしていくと、長い文でもできるようになります。 「タッチ&リリース」では画面に触れて音声が始まり、画面から指を離すと音声が止まります。 つまり、リピーティングする範囲を自分で決められます。 「A役」「B役」を選んで、アプリと一緒に「会話例」を音読する練習もします。 録音して、自分の発音を確認することもできます。 更に、会話例で使われている「文法」と「時制」を「色分け表示」で見ることもできて、とても分かりやすくなっています。 会話例は130あり、それを「文法別」「シチュエーション別」で検索も可能です。

次の

大人気Youtuberに学べる!ニック式英会話で体験レッスンを受けてきた

ニック 式 英会話 アプリ

・一部端末での動作について 一部のAndroid端末で動作が確認できておりません。 購入してすぐに動作確認をお願いします。 正常に動作しない場合は、お手数ですが、こちらの返金方法に従い48時間以内に返金請求をお願いします。 Google Play で払い戻しを受ける - Google Play ヘルプ "アプリの購入やアプリ内購入から 48 時間以内であれば、Google Play から払い戻しをリクエストできます。 音楽、映画、書籍、その他のコンテンツに関しては、48 時間以上が経過していても払い戻しのリクエストが可能な場合があります" ・アプリの使い方について このアプリのコンセプトは「英語脳」を作るための「脳トレジム」アプリです。 「英語脳」の元となる、それぞれ別の「筋肉」を鍛える6つのトレーニングマシーンで日頃トレーニングして、「英語脳」の「神経回路」を作ってください。 日本トップクラスの英語講師であるニック・ウィリアムソンが、最短で「英語脳」を作りあげる画期的なメソッドを作りました。 細かい文法を考えずに、文法的に正しい、尚且つ自然な英語が話せるようになりたい人にとってはこのメソッドが1番です。 教室に通えない人のために、教室で行なっているドリルや練習をアプリ化しました。 アプリ内には、ニック先生による分かりやすくてためになるレッスン動画がたくさんあります。 そちらを観て、その後、6つのトレーニングマシーンで、どんどん発信する練習を重ねていきます。 英語が話せるようになるためには、英語をどんどん発信することが欠かせない要素の一つです。 ネイティブが言った文をリピーティングするだけでも、少しは効果がありますが、自分で文を組み立てられるようになりたいなら、自分で文を組み立てる練習も必要になります。 「ニック式英会話ジム」では自分がパーツを組み合わせて作った文、テンプレートに沿って、英語の思考回路に沿って自分が作った文を、ネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングすることができます。 発音の練習と文章作りの練習を同時にできます。 英語の思考回路を脳に焼き付けることができて、ネイティブのような自然な英語が話せるようになります。 それでは、6つのトレーニングマシーンを紹介します: 1. 「置き換え」 このマシンが一番シンプルですが、「英語脳」育成にはとっても効果的です。 たとえば「How old are you? 」の「old」を別の単語に置き換えて「How hungry are you? (どれくらいお腹空いているの?)」「How sick are you? (どれくらい具合悪いの?)」「How confident are you? (自信のほどは?)」などと、新しい表現を作っていきます。 1つの表現を覚えて終わらせずに、簡単な単語を置き換えていくことで言えることが数十倍の量になります。 言語を学ぶ上で、この「置き換え頭」は大変役立つスキルです。 日本語に合わせて表現を作ろうとせずに、このように英語の表現に合わせて応用する頭になるからです。 このマシンはそのスキルを養うトレーニングマシンです。 「形容詞」を置き換えたり、「名詞」を置き換えたり、「動詞」を置き換えたりすることができます。 「A+B」 2つのパーツ、2つの決まっているフレーズを「A+B」のように組み合わせます。 たとえば「I was going to(するつもりだった)」という塊と「change jobs(転職する)」という塊を組み合わせて「I was going to change jobs. (転職するつもりだった)」と文を作っていきます。 又、「一般」「仕事」「遊び」「恋愛」「家事」など、様々なカテゴリーが選択できます。 動詞の原形が続く表現、動詞のing形が続く表現、動詞の過去分詞が続く表現などと、様々な表現がありますが、アプリがすべて正しい形に変換してくれるので、間違った文を作ることは不可能です。 自分が作った文をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングします。 脳と口を同時に慣らすことできます。 このマシーンだけで約6万通りの組み合わせがあります。 「学習」モードと「テスト」モードがあります。 「3 STEP」 ネイティブと同じ思考回路で短文を作りましょう。 特に時制の使い分けに関しては、日本語と英語は全く違います。 日本語に惑わされないように、3ステップのテンプレートに沿って考える「英語の思考回路」を身につけましょう。 日本語に囚われているからこそ、苦労もしますし、不自然な英語になります。 本当の英語はもっともっと簡単です。 日本語をヒントにせずに、内容で判断しながら3つのステップに沿って文を作ります。 日本語英語よりも楽に、ネイティブ感覚の英語になります。 そして、日本語から訳さずに、最初から英語で考えられるようになります。 自分が作った文をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングしましょう。 このマシンには2万ほどの文例が登録されています。 「フラッシュカード」「学習」「テスト」と3つのモードがあります。 「Q」 瞬時に質問ができるスキルを身につけましょう。 質問することは、会話の大切な1部です。 しかし、質問がしたくても「何と言えばいいんだろう?」と考えているうちに会話がどんどん進んでしまって、聞きそびれることが多いものですよね。 聞きたい質問をすぐにその場で言える必要があります。 すぐに言えるようになるためには、質問をシンプルに意識しましょう。 たとえば「did you」「is he going to」「do you want to」などを「塊」として覚えて、その「塊」を「Where … go? 」「What time … get up? 」などの間に入れ替えて、シンプルに質問を組み合わせます。 組み合わせた質問をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングしましょう。 「A」 英語でされた質問に対して、反射的に英語で返せる「反射神経」を作りましょう。 ほとんどの人は、英語で質問をされた時に、日本語に訳して理解して、そのあと、「動詞のチョイスは何?」「時制はどうする?」「活用はどうなる?」「前置詞は必要?」などといろんなことを考えながら、イチから答えを作ろうとします。 それでは、難しい上に、時間がかかりすぎて会話に付いていけないですね。 実は、1度日本語にせずに、文法を考えずに、正しい英語で反射的に答えられるテクニックがあります。 このマシンでは、反射的に英語を英語で返す「反射神経」を作っていきます。 アプリがどんどん質問をしてくるので、それを反射的に返していきます。 「時制」を個別に練習することもできますし、「ランダム」モードでは「時制」をごちゃ混ぜにして練習することもできます。 「ランダム」モードでは、アプリと本当に会話している感覚になるので、本当の会話にかなり備えられます。 「音読」 発音をネイティブに近づけることでリスニングができるようになりましょう。 聞き取りができるようになるためには、自分の発音をネイティブに近づけることが必要です。 発音の解説動画でコツを掴み、「会話例」を通して、聞き取りの練習や発音の練習をいろいろな角度からやっていきます。 各会話例は7ステップで練習を進めていきます。 特に「タッチ&リリース」機能がおすすめです。 長い文をリピーティングするのは大変ですが、短く始まって、少しずつ繰り返す範囲を伸ばしていくと、長い文でもできるようになります。 「タッチ&リリース」では画面に触れて音声が始まり、画面から指を離すと音声が止まります。 つまり、リピーティングする範囲を自分で決められます。 「A役」「B役」を選んで、アプリと一緒に「会話例」を音読する練習もします。 録音して、自分の発音を確認することもできます。 更に、会話例で使われている「文法」と「時制」を「色分け表示」で見ることもできて、とても分かりやすくなっています。 会話例は130あり、それを「文法別」「シチュエーション別」で検索も可能です。

次の

「ニック式英会話ジム ベータ版」

ニック 式 英会話 アプリ

【英語脳を作るアプリ「ニック式英会話ジム」】 ニック式英会話ジム メニュー画面 「ニック式英会話ジム」は、 ジムでトレーニングをするように英会話のトレーニングができ、 「英語脳」を作ることができる英語学習アプリです。 英語学習は「なんでもいいから話せばいい」というわけではなく、ネイティブスピーカーの思考回路、英語のテンプレートに沿って発信していく必要があります。 ニック式英会話は、ネイティブと何となく会話をするだけの教室とは違い、 「英語の神経回路」をしっかり作るための「基礎練」「自主練」を最も重視し、まずは 英会話の型を覚え、「英語脳」を作ることを大切にしております。 「ニック式英会話ジム」のアプリでは、英語の思考回路になるように誘導されながら、英語の思考回路に沿って、 自分で例文を組み立てていく「練習ドリル」がたくさん用意されています。 この「基礎練」を毎日行うことで、「英語脳」が形成されていきます。 アプリ内容 【置き換え】 知っている文章の一部を置き換えながら覚えることにより、英語で発言できることを10倍に増やすことができます。 この項目では、画面中央の黄色部分の品詞をスライドすることにより、様々な文章を覚えることが出来ます。 学習した後は、2つのかたまりを組み合わせて日本語のお題を英語にするテストに挑戦します。 この項目では日本語の文章を瞬時に3STEPに変換する癖をつけ、「英語脳」を鍛えます。 質問の学習では、「置き換え」の学習の時のように自由にワードを組み合わせ、様々な質問文を学習していきます。 回答の学習では、バッティングセンターのように質問の球をどんどん投げられるので、反射的に答えが出るように鍛えていきます。 英語での質問を翻訳せず、文法も考えずに、質問に答えられる反射神経を作ります。 QA 実践 アプリ画面 【音読】 発音をネイティブに近づけることにより、聞き取りができるようになります。 この項目では7STEPで音読をし、発音をネイティブに近づけます。 STEP1 先行リスニング まずは文章を見ずに文章を聞きます STEP2 見ながらリスニング 全文を見ながら文章を聞きます 見ながらリスニング STEP3 文法チェック 品詞や時制、ポイントを色分けした文章と和訳を確認 文法チェック STEP4 フォーカスリスニング 一文ずつにフォーカスし、発音のポイントを確認 フォーカスリスニング STEP5 ブラインドリピーティング 文章を見ずに音声を聞いた後に発音 一時停止し、テキストを確認することも可能 STEP6 音読 人物を選択し、会話をイメージしながら発音、録音も可能 音読 STEP7 ノンストップリピーティング 文章を見ずに、音声を聞いたあとに発音 【アプリ概要】 アプリ名:ニック式英会話ジム 価格:3000円 対応機種:iPhone、iPad、iPod touch、Android カテゴリ:教育 App Store: 【ニック・ウィリアムソン プロフィール】 ニック・ウィリアムソン 初心者でも分かりやすく、上級者でも「なるほど!」と思える独自の勉強法を生み出した日本トップクラスの英会話教師。 シドニー大学卒業後、東京学芸大学在学中にアルバイトとして英会話スクールで英語を教え始める。 日本語を習得したコツを英語に置き換え、簡単に英語を習得できる英語教育を開発、その「目からウロコ」的な独自の教え方と説明の分かりやすさから、生徒からの人気だけでなくスクールからも評価され、卒業後も看板講師として同校にて6年間勤務。 現在、日本で英語を教えて12年、大学での講義、企業研修のビジネスを展開しながら、無料メルマガ(ニックのひとこと英会話)や数々の英会話の教科書、雑誌のコラムなどの執筆活動、TV番組の司会やラジオDJなど活動の場は広い。

次の