心臓 ステント 手術。 カテーテル治療後(ステント挿入)の症状

心筋梗塞は、ステントによって余命が伸びる!

心臓 ステント 手術

スポンサーリンク 心筋梗塞は、心臓の血管内に血栓が溜まることによって血液の循環が滞り、 滞った血管の周辺の心臓の筋肉が壊死することによって血液を全身に循環するためのポンプ機能を果たせない状態を指します。 心筋梗塞の治療には主に カテーテル手術が用いられ、血栓を除去します。 しかし、血栓を除去しても収縮した血管は元に戻らないことからステントを用いて血管の太さを固定され、拡張します。 ステントの素材には繊維が利用されていることから人体には問題なく、 余命を伸ばすことが出来ます。 ただし、は血栓が付着しやすいことから心筋梗塞の再発リスクが高まるので、余命にも大きな影響を及ぼします。 このため、心筋梗塞を一度発症した場合には、検査設備が整った病院にて定期的に検査を行うことによって未然に防ぐことが出来、ステントの状態も把握することが出来ます。 早期発見することにより早期処置ができます。 また、心筋梗塞の発症年齢に応じて余命に関するセミナーや心筋梗塞の発症に関連して生活習慣病などの病気についての指導も行われます。 特に最近では食事に関する指導が行われます。 スポンサーリンク 心筋梗塞は心臓の病気です。 しかしながら、原因の多くが血管にあることから血管の病気でもあり、治療の時には血管の手術が行われます。 手術にはカテーテルという管を血管を伝って原因となる患部の治療を行い、患部の状態によっては血管が細くなっている場合があります。 その際にはバルーンと呼ばれる方法にて血管を拡張し、正常な血管の太さまで行うとステントと呼ばれる固定器具を使用して血管の太さを固定します。 これによって血管を正常な状態に保ち、心筋梗塞を改善させます。 ステントは体内にて固定させますが、人体には影響がない素材を用いているので、安心です。 ステントというのは ステンレスなどで出来ている金属製のメッシュ筒で出来ています。 心筋梗塞は普段の生活習慣が関係することから再発する可能性があり、ステントの手術を行っていることによってより再発の可能性が高まります。 このため、 余命を伸ばすために手術後にも定期的な検査を行って心臓や血管の状態を確認します。 一般的には、3年から5年以内に発症するケースが多く、さらに余命のために血管に問題が発生しないように血液の流れを良くする薬を常用することになり、最近では余命も伸びています。 スポンサーリンク 心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険.

次の

冠動脈カテーテル治療後のフォロー 術後はどのような経過をたどる?

心臓 ステント 手術

「狭窄」すると狭心症、「閉塞」すると心筋梗塞になります。 冠動脈バイパス術はカテーテル治療とは異なり、狭窄や閉塞している冠動脈を直接治療するのではなく、バイパス路を作り、血流をよくする手術です。 グラフト選択 基本として、グラフトは両側内胸動脈(ITA)あるいは大伏在静脈(SVG)を用いて、血行再建するようにしています。 動脈グラフトは超音波メスを使用してskeltonize法(周囲の脂肪組織を残さないでグラフトを採取する方法)にて採取します。 また、静脈グラフトは2013年から基本的にNo-touch technique(大伏在静脈周囲組織ごとpedicleとして採取)と呼ばれる方法で採取しています。 採取後のヘパリン加生食注入での拡張も行っていません。 No-touch法の組織学的な利点 No-touch(下図 左NT)では周囲脂肪組織が損傷なく保持されており、拡張されていません。 外膜は損傷なく、中膜は厚く、内腔の襞が保持されています。 一方、(従来型採取法である)Full touch(下図 右C)では脂肪組織が除去され、拡張されています。 種々の損傷が加わり、外膜は外弾性板の層まで除去され、中膜は菲薄化し内腔は拡張されています。 No-touch法の長期成績 最長16年までの追跡で、No-touch法による静脈グラフトは長期開存性が確立されている左内胸動脈と遜色ない開存率との報告もあります。 当科における検討でも早期の開存成績は良好でした。 本来ある形のままの、小口径かつ組織損傷の少ない静脈グラフトは、より良い開存性につながる可能性があります。 長期の開存性を示すためにはまだ時間が必要ですが、今後も検討を続けていく予定です。 下左図(12年経過後のNo-touch法による静脈グラフト)、下右図(8年経過後の従来型採取法による静脈グラフト).

次の

狭心症の治療で用いるステントの寿命は、生活習慣に左右されます

心臓 ステント 手術

ステント手術後の止血 手術後の止血と 検査後の止血の違いは 一泊の予定で入院しているので 病室のベッドで徐々に空気を抜く作業をした ことと 検査後は4時間かけて 術後は6時間かけて空気を抜いたこと いつものこととはいえ 左手首の止血バンドの違和感には慣れることはできない カテーテルの入口(シース)を差し込むため 血管に大きな穴があいているのだから 採血の時のように5分ほど手で押さえて・・という程度では 止血できない 空気圧でシースの穴を押さえ止血する 看護師さんが 術後は6時間かけて空気を徐々に抜く 途中、出血がないか確認をしながらの作業である 過去に一度だけ カテーテル検査後の止血バンドで出血があった 透明なバンドなので出血があるとすぐに分かる 空気を抜く何度目かで出血があった 徐々に抜く! という空気抜きのペースが 自分の止血のペースと合わなかったようだ もちろん、大事には至らなかった。 今回も大きな問題はなく空気抜きは終了 手首の傷跡には大きな絆創膏 当然、濡らしたり力を入れるのはNG! 心電図モニターを装着 心電図の発信機 異常があればすぐに担当医に伝わるのだろう 病院の機器も着実に進歩しているようだ モニターをつけていても トイレの歩行などは問題ない 後は 明日の朝まで 病院で様子をみてもらいながら 何事もなければ明日は退院です 夕食は普通に食べた。 隣のベットの会話が聞こえてくる 緊張の一日で ウトウト!していると カーテンで仕切られた隣のベットに患者さん 医師との会話が耳に入ってくる まとめると 胃の出血で吐血し入院 脳の血栓があり服薬中とのこと 胃の出血は止めたいが 薬を止めると血栓が心配 というような内容だった 止血か血栓の予防か? 悩ましい問題だ! そういう自分も血栓予防薬を服用することになる 改めて「ステント治療」とは 冠動脈形成術・下肢動脈形成術(風船治療・ステント治療)の承諾書 より引用 治療についての説明 冠動脈形成術・下肢動脈形成術とは、狭窄したり閉塞した病変部をカテーテルと呼ばれる細い管を使用し、拡張させる手術です。 使用する器具としてバルーン(風船)、ステント(網目状の金属の筒)、ローターブレーダー(ドリル)、DCA(カッター)などがあります。 冠動脈形成術では治療後に再狭窄を来すことがあります。 バルーンのみの治療では40%程度に再狭窄が生じるといわれています。 これを防ぐためにステントを使用することが多く、当院では80%以上にステントが使用されています。 ステントの種類 冠動脈形成術・下肢動脈形成術(風船治療・ステント治療)の承諾書 より引用 ステントには通常型ステントと 薬剤溶出性ステント(私はこのタイプです)の2種類があります。 通常型ステントは再狭窄は20~30%となっており、その再狭窄のほとんどが6か月以内に生じ、それを過ぎると再狭窄率が減るといわれています。 薬剤溶出性ステントの再狭窄率は5~10%と非常に低いのですが、半永久的に抗血小板薬の内服が必要になる可能性があります。 血栓予防 パイアスピリン100mg プラビックス錠75mg 服用開始 ということで術後から服薬が以下のようになりました 1 パイアスピリン100mg 血流の流れをよくする 2 プラビックス錠75mg 血流の流れをよくする 3 10mgネキシウムカプセル 胃酸の分泌をおさえる、中和する 4 ユニシア配合錠LD 血圧を下げる 5 クレストール錠5mg コレステロールの合成を抑える すべて1日一回 朝食後ですので、飲み忘れることは、ほとんどない。 飲み忘れると、ちょっとヤバいものもあるので・・・。 この日からプラビックスという薬が増えた 結論から言うと これから1年間服用を続けることになる 血栓発生を予防するために、一般的に抗血小板薬のアセチルサリチル酸(商品名アスピリン)とクロピドグレル(商品名 プラビックス)の 2剤併用が行なわれている 薬関係は、次回に続けます。 狭心症関連 以下の記事も是非! 昨年、初めて(笑)還暦を迎えました。 2009年3月に、世間で ブラックと評判?の仕事を30年も続け限界ギブアップの敵前逃亡。 心身ともに ボロボロの早期退職しましたが、案の定 、狭心症が発覚! 2013年夏、冠動脈の一本を金属で補強( ステント挿入)。 カロリー制限で肉・脂、アルコールさえも控え、運動も始め必死の努力により、体重は減少傾向。 しかし努力もむなしく、その後も 高脂血症、高血圧、メタボは改善されず、ただただ薬の量が増えていくのみ。 更に、気力の低下、怠さなど、 何か違和感があるも 原因不明のまま。 2015年6月7日、一念発起し話題の 糖質オフを実施。 身体に悪いのではないか? 疑心暗鬼、ビクビクしながらのスタート。 結果的には学生時代の体重に戻り、 メタボと高血圧は解消、薬の量も減りました。 まだLDL値は高い状態ですが、今後も改善の努力を続けていく所存です。 脂や タンパク質をしっかりと摂ることで気分も良好に。 それまで敬遠していた バターやラードを普通に摂ってます。 「ヘルシー」「ダイエットのために脂を減らして」などの言葉が、今だ普通に使われていることに疑問を感じています。 糖質制限スタート直後は 必死でしたので)かなり厳格なスーパー糖質制限を実行。 米やパンはもちろん、日本酒はもちろんNGで白ワインなども糖質が多めなのでやめていました。 ある程度、成果のでた現在は 糖質を嗜好品として、時々? 蕎麦をつまみに日本酒など、ゆる~く糖質オフを継続中。 糖尿病家系のため、万が一の時は、バッサリ糖質を止める覚悟もしています。 早期退職後、 フットリフレクソロジー1年、 認知行動療法半年ほど専門学校で学び、現在に至る。 Ninjya.

次の