東京 オリンピック チケット 発表。 オリンピックチケット全落…だけど諦めきれないあなたへ。今後のスケジュールまとめました

購入済みの東京2020オリンピックのチケット、どうなるの?

東京 オリンピック チケット 発表

購入手続き期間 購入手続き開始 2019年6月20日(木)から2019年7月2日(火)23:59まで購入手続き完了 (コンビニは4日まで支払い完了) 私は20日の0時になったと同時に公式のマイチケットから確認(待ち時間1分待ちでした)その時は『しばらくお待ちください』と表示され何となくまたシステムトラブル??なんて思ってしまいましたが、翌朝まで待ちました。 何と!!!! 落選(T T) その後遅れて30分後にメールが届き落選と・・・わかったよ〜って感じでした。 厳正なる抽選を行いました結果、誠に残念ながら、 申込いただいたチケットをご用意することができませんでした。 抽選の結果は、東京2020公式チケット販売サイト内の「 マイチケット」でもご確認いただけます。 キャンセル多発しそうだね。 他人に譲れないし、公式サイトじゃなきゃ転売もできない。 当選したセッションは全て支払わないとダメ• 単発でだけの支払いはダメ• クレカはVISAのみ• コンビニは現金30万円まで• クレカの限度額が超えてしまったら、コンビニ現金 など色々と問題があるそうです。 支払い期限が切れてしまうと全て無効になってしまうので、意外とキャンセルが多いと思いますが私の周りも全て全滅してたので、これだけ倍率が高いと何としても行かないと損だと思いますね。 しかしキャンセルが出るとは思いますがキャンセル待ちってあるのか?という事ですが、公式では『リセール』があります。 オリンピックチケットのリセール方法 行けなくなってしまったチケットやキャンセルしたチケットはオリンピック公式サイトでリセール出来ます。 公式の転売って事ですね。 ポイント リセールとは チケットを購入された公演に急遽行けなくなった場合、そのチケットを希望する方に定価にてチケットを再販できるサービスです。 東京オリンピック2020の公式からリセールが可能です。 まだ現段階でリセールの方法は公式には掲載されてませんでした。 リセール開始は2020年春以降にサービス開始されるとの事です。 リセールのデメリット(リセールする側)• リセールが成立すると成立手数料が掛かる• リセールが期間 中に売れなかった場合は返金なしでチケットが無駄になる• 2020年春以降って事でオリンピック開催直前だからギリギリ 私も実際利用した事がないのでどのような手間が掛かるのかまだ分かってませんが、このチケットが 当選しなかった人がリセール狙いって言う人もいるので、行けなくなった人はリセール開始と同時にすると成立も早いと思います。

次の

【2020年東京五輪サーフィン】競技日程詳細が発表、観戦チケット5月以降予約開始

東京 オリンピック チケット 発表

いよいよ本日、 2019年6月20日(木)にチケット抽選販売の結果が発表される。 購入できるのは2019年7月2日(火)まで。 今日を含めた13日の間に支払いを終えなければ当選は無効となってしまう。 つまり、まずは資金を用意しておく必要がある。 クレジットカードで支払う場合、「Mastercard」や「JCB」ブランドのカードは使えず、スポンサーである「VISA」ブランドのみとなる点にも注意したい。 また、現金でのコンビニ振込みの場合は手数料432円(税込)が必要となる。 チケットに当選された場合は、詐欺サイトなどの登場も想定されるので、必ず下記の公式サイトにアクセスし、ログインしたうえで確認いただきたい。 東京2020公式チケット販売サイト 当然、結果発表当日となる6月20日はアクセス過多による混雑が予想されるので、深夜や翌日以降などの空いているであろう時間帯を狙うといいだろう。 関連記事: 東京五輪チケット詐欺にご用心!当選メールが届いても...... URLが書いてあったら全部ニセモノです 東京五輪チケット抽選結果発表は6月20日。 当選してからの流れを確認しておこう 万一、すべてのチケットが当たってしまったら支払いはどうする? 筆者は、開会式や、各競技の決勝戦などのチケットを複数申し込んでいる。 当然、観戦したい人が多いと予想できるので当選確率は低いかもしれないが、当然、申し込まなければ当たらない。 大多数の人が筆者のようにどれか当たればよいと思い、多めに申し込みをしているのではないだろうか。 しかし、万が一、すべてのチケットで当選してしまった場合のことも考えておきたい......。 すべてのチケットが当たってしまったら、支払いに困る方もおられるだろう。 筆者もすべての申込みが当たったら、実はやばい! どういうことかというと、当選したチケットの一部のみを購入するという選択は無いからだ。 全て購入するか、すべてキャンセルするかの2択なのである。 どうしてこんな方式にしてしまったんだろうか? 必要な枚数しか申し込まない、観たいものしか申し込まない、そんな仮説があったのかもしれないが、どうせ当たらないだろうとか、とりあえず申し込みだけしておこうとか、当たってから考えようとか、人は楽観的に考えるもの。 その結果、大量のキャンセル、もしくは行ける人募集がSNSを賑わすのではないかと筆者は考えている。 筆者のケースに話を戻そう。 筆者が申し込んだチケットの中でも特に開会式はかなりの倍率になるだろう。 当選したならば素直に嬉しい! 世紀のイベントの舞台演出を新スタジアムで生観戦できるのだから......。 ただ、一番安い席でもチケットは1枚5000円だ。 当然、各競技の決勝戦なども多めに申し込んでいる。 つまり何が言いたいかというと、あまりにもたくさん当たりすぎてしまうと、資金難で苦しむことが想像できるのだ。 支払いは2019年7月2日(火)までの13日間に『全額』を振り込まなければならない。 「チケットが取れたので一緒にいきましょう」とお友達をお誘いすればなんとかなりそうではあるが、資金難の場合は、友だちにチケットを渡す前に、クレジットカードの請求がある前に、チケットぶんの現金を友人から回収する必要がある。 チケットの現物がないのにだ。 少し大げさかもしれないが、こういった『オリンピックチケット当選資金難民』の登場も想定される。 さらに加えると、「東京2020大会オリンピック観戦チケット」は転売禁止だ。 だから、メルカリやヤフオクで...... なんてワケにはいかない。 また、法的にも2019年6月14日(金)にチケット不正転売禁止法が施行されているため、不正転売が発覚した場合、1年以下の懲役、100万円以下の罰金、またはその両方が科せられることになる。 友人と一緒に観戦するには、マイチケットから「名義変更」の必要あり。 ただし...... 友人・知人へのチケット譲渡には名義変更をする必要がある。 東京2020公式チケット販売サイトにて開催当日まで変更が可能だ。 チケットの額面を超えた金銭又は利益を受け取ってしまうと「チケット不正転売禁止法」に該当してしまうので注意してほしい。 抽選が終わるまではシステムメンテナンス中とされている さて、肝心のチケットについてだが、3つのパターンが用意されている。 スマホなどの画面に表示させる「モバイルチケット」と紙に印刷して利用する「Print Home」、そしてチケットを発行してもらう「紙チケット」(紙チケットのみ、1枚あたり324円の発行手数料と1件あたり864円の配送料が別途必要になる)。 いずれの場合もチケットを入手できるのは2020年5月以降とのことだ。 それまでの間は手元にチケットがないわけで、友人・知人へチケットを譲渡するとしても受け渡しのタイミングがなかなか難しい。 かといっておよそ1年ずっと立て替えるというのもなかなか辛い......。 2020年春からの「公式リセールサービス」の繰り上げ開始に期待したい 東京2020では、観戦チケットを購入したがなんらかの理由で観戦できなくなった人のために「公式リセールサービス」が設置される予定だ。 ただし、公式リセールサービスの開始は2020年春からというのんびりした対応。 リセールが成立した場合は出品者が成約手数料を負担するそうだが、手数料の金額も現時点ではわからない。 まもなくチケットの販売が始まるわけで、この辺りの整備も早急に進めて欲しいところである。 そんなわけで、チケット当選はうれしいけれども、当たりすぎてしまうとキャンセルせざるを得ない、そんな状況が散見されるのではないだろうか。 そもそも代金の支払いをチケット発行の一か月前とかにするのは無理だったのだろうか? いずれにせよそんな状況を見据え、Visaは"オリンピックチケット貸付サービス"のようなことをすべきだったのではと筆者は考える。 リボルビング払いに誘いこむ千載一遇のチャンスなのだから......。

次の

東京オリンピック2020チケット落選!キャンセル待ちや追加販売はある?

東京 オリンピック チケット 発表

2020東京オリンピック延期決定!いつから始まる? 2020年3月23日、東京オリンピックが延期されることが決定したとアメリカのメディア「USA TODAY」が報道しました。 東京オリンピックは「 中止」ではなく、「延期」とのことです! しかし3月23日時点では、東京オリンピック延期についてIOC(国際オリンピック委員会)や東京2020組織委員会が正式に発表したわけではありませんでした。 2020年3月24日の夜には、 安倍総理とIOCのバッハ会長が東京オリンピックの延期について正式に合意しています。 これで東京オリンピックの2020年中の開催の可能性はなくなりました。 3月24日時点での安倍首相とバッハ会長の合意内容は次のとおりです。 2020東京オリンピック延期で新たな開催日はいつになる? 東京オリンピックは、2020年7月24日には開幕しないということを2020年3月23日にアメリカのメディアは報道しました。 東京オリンピックの新たな日程について、ディック・パウンド氏は「 おそらく2021年に延期されるだろう」とコメントしています。 仮に2021年になった場合、当初 2020年に予定されていた7月24日~8月9日の日程では行えないのではないでしょうか? なぜなら 2021年8月6日から8月15日までアメリカのオレゴン州で世界陸上競技選手権大会が開催されるからです。 また、 福岡ではFINA世界水泳選手権大会が2021年7月16日~8月1日に行われます。 オリンピックのあとにパラリンピックも控えていることを考えると、1ヶ月ほど前倒しにするのでしょうか?そうすると夏休み期間から外れてしまいますね。。。 しかし、2020年3月25日の朝のニュースでは、オレゴン州で2021年8月に開催予定の世界陸上と2021年7月後半から福岡にて開催予定の世界水泳については オリンピック開催を最優先し、両大会の試合日程をずらす方向で検討されているとのことです。 【2020年3月30日】 東京オリンピックの新たな日程は、 2021年7月23日~8月8日です。 パラリンピックは、 2021年8月24日~9月5日で開催されると発表がありました。 また最新情報が入り次第、追記していきます。

次の