グッド モーニング 渋谷 医師。 【テレ朝炎上】グッド!モーニングに出演した渋谷泰介医師が「真逆の意見として報道」と暴露し批判殺到

テレビ朝日、コロナ捏造を言い訳し大炎上!取材受けた現場医師の告発で偏向報道が発覚!グッドモーニングが「大規模PCR検査辞めるべき」を真逆に編集!

グッド モーニング 渋谷 医師

政治・経済 2020. 09 2020. 11 Tanoseek 【動画】グッドモーニングの捏造が炎上中。 医師の澁谷泰介さんがfacebookでコメント テレビ朝日の情報番組「グッド!モーニング」が5月7日の放送で、極端な編集により 取材を受けた医師の考えとは異なる報道をしたとして話題になっています。 その時のグッドモーニングの動画はこちらです。 【まるで椿事件】2020. 7にテレ朝グッドモーニングが、取材した医師の発言を編集し捏造報道。 本人がFBで暴露する。 確認すると、悪質で実に巧妙な手口 — camomillem0703 camomillem0703 グッドモーニングに出演し、取材に答えたのは 医師の澁谷泰介さん。 澁谷さんは自身のfacebookで今回の 「グッドモーニング」の極端な編集による放送についてコメントしています。 によれば、受けた取材の主な内容は以下の4点。 ベルギーから日本に戻ってきてコロナウイルスに関する診療をするに至った経緯• 帰国時に感じた日本の診療体制に関する率直な意見• 日本のPCR検査への対応に関して、現在医療現場で必要とされているもの• 最後に一言 40分程度の取材 その取材の中で答えた内容が、極端な編集により、自分の考えとは真逆に見える放送内容になっていたという事です。 問題だとされているのが、以下の3点。 無作為な大規模検査は現場としては全く必要としていないという趣旨のコメントを完全にカット• 「PCR検査を増やすべきだ」言っているように見える不当な編集• 物資の手配と医療従事者への金銭面や精神面での補助に関してのコメント全てカット 確かにグッドモーニングの動画内では、上記のような内容は全く放送されておらず、澁谷さんが日本のPCR検査を含めたコロナ対策に不安視しているという内容にしか見えません。 以下は澁谷さんのfacebookからの上記の3点についての引用です。 1、PCR検査に関してはこれから検査数をどんどん増やすべきだというコメントが欲しかったようで繰り返しコメントを求められましたが、私は今の段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではないとその都度コメントさせていただきました。 確かに潤沢な検査をこなせる体制というのは本当に必要な方に対してはもちろん必要です。 ただ、 無作為な大規模検査は現場としては全く必要としていない事をコメントさせていただきましたが 完全にカットされていましました。 3、現場の生の声として、 物資の手配と医療従事者への金銭面や精神面での補助に関しても強調してコメントさせていただきましたがそちらも全てカットされてしまいました。 引用: これらを受け、テレビ朝日は澁谷さんの考えを十分に紹介しきれなかったとコメント。 テレビ朝日は8日、「7日の『グッド!モーニング』で放送しましたが、お考えを十分紹介しきれなかったため、あらためて 12日の放送で先生のお考えを紹介します」とコメントを発表した。 ネットの反応 この放送映像、実に巧妙に編集されている 実はこの手口は日本のメディアが今まで散々やってきた手法。 医師本人が『捏造だ』と暴露しなければ、日本中が騙されてしまう。 『自分の局から新型コロナ感染者を何人も出していながら、この捏造報道』。 テレ朝が放送免許を持ち続けても良いものだろうか? — camomillem0703 camomillem0703 日本のマスコミは日本を医療崩壊させたくて仕方がないからPCR検査連呼してきますよね。 — Hasta-luego Hastalu98171856 捏造報道してまでとにかくPCR検査を増やしたいらしい。 言論の自由を錦の御旗にして、世論工作やりたい放題のテレビ。 ドゥテルテのように悪質なテレビ局は放送停止にすべきだ。 — SNUFKIN SNUFKIN31725352.

次の

【グッド!モーニング】テレ朝で欧州医師の発言をカット編集で捏造!澁谷泰介の意見とは?|sugar news

グッド モーニング 渋谷 医師

2020年5月7日放送のテレビ朝日のグッド!モーニングに出演。 ヨーロッパと日本の対応に関しての現場の生の声を聞きたいと言われた。 澁谷泰介医師は 「専門家ではない」「位置医療従事者の声としてしか答えられない」とした上で取材に応じる。 しかし取材内容と異なった報道。 「PCR検査の検査数を増やしたい」というコメントが欲しかったのか、繰り返しコメントを求められた。 その度に「PCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではない」と繰り返しコメント。 そのような内容は全てカット。 しかし澁谷泰介医師がヨーロッパ帰りだったからか 「日本はかなりPCR検査が遅れてる」という論調でインタビューを使用された。 そのためまるでPCR検査を増やすべきだというメッセージの一部として使用されたかのように放送された。 追記 テレビ朝日は今回の報道を受け8日金曜日の夕方頃には「12日の放送で考えを紹介する」と発表をしました。 ただし 未だにグッド!モーニングのツイッター及び公式サイトはこの件については沈黙。 一体どのような形で今回の件に触れるのか。 その上今回の発表は「澁谷泰介医師の考えを 十分に紹介しきれなかった」として考えと真逆に編集した事については言及をしていないように見受けられます。 なんというか、あくまでも 「取材内容の一部だけ放送して後は全てカットした」という主張のように聞こえますね。 個人的にはどのような経緯で澁谷泰介医師の発言を編集したのかが一番の疑問点。 そこをしっかりと説明して欲しいものですが…。 ついでに発表をするのは12日の火曜日と、何故か次回放送日であるはずの11日月曜日をスルー。 再び追記 5月11日放送日には番組内で少しだけ触れていました。 内容としては 「現在番組と本人との間で連絡を取り合ってる」「結果的に不快な思いをさせたことについて大変申し訳なかった」といった内容。 そして12日に訂正放送としてインタビューを全放送。 その後にアナウンサーが番組を代理して「医療現場の部分を、放送につなげるその受け止めをおろそかにしていた」「 この部分については大変おわびします」「私達も、 今後より丁寧に放送に努めてまいります」と謝罪。 個人的にはアナウンサーに謝らせるのは可愛そうではあります。 いえ、上層部の人が謝罪しても 誰だ知らんがなとなりますけど。 過剰に感染を疑って診察を希望する方が非常に多い。 現場はそのような方の対応に追われている。 そのような方は「 ガイドライン以下の発熱でも 発熱があったら新型コロナの疑いがあるとテレビで聞いた」と言う。 情報源がテレビだけの人は断片的な情報で判断するケースが多い。 テレビ側としてももう少し専門家が正しい知識や情報を発信する機会を増やしたほうが良い。 このようにそもそも澁谷泰介医師は当初から過剰に心配をしすぎることについて苦言を呈しています。 そしてその責任の一端はテレビにもあるとほんのり釘を差している印象。 また、グッド!モーニングの前哨戦としてなのか2020年4月17日にはテレビ朝日のAbema TV夜のニュースのコメンテーターにも出演をしています。 澁谷泰介医師にとってはこれがテレビでの初仕事。 この時は 「少しでも現場の声を世に出したい」という思いで仕事を受けたようですが…。 澁谷泰介医師について 名前 澁谷泰介 しぶや たいすけ 出身 神奈川県 澁谷泰介医師は私立桐朋高校卒業。 そして2012年に横浜市立大学医学部医学科を卒業して初期研修。 その後に横浜市立大学外科治療学教室に入局。 心臓血管外科医として勤務をしており2019年にはベルギー、ルーベン・カトリック大学心臓外科で臨床・研究フェローとして勤務をしています。 3月中旬にベルギーがロックダウンして心臓外科の手術も減った事や子供らの学校再開も不透明であったので日本に一時帰国。 現在もルーベン大学に籍があるので神奈川県・中核病院の救急外来などで非常勤医師として勤務をしているという経歴です。 これはひどい。 何なんだろ?海外を知ってる医者が言うには、って論調にしたかったの?• なんでここまでPCR検査をさせたいんだ…。 これ事実だとしたらさすがにヤバイ案件じゃない?BPOってレベルじゃないような。 澁谷泰介医師は顔も名前も出してるから意見が真逆になったらそら怒るよ• こういうのあるとノーカット生放送とかにすれば視聴率も伸びるし信頼感も増す気がする。 確かにグッド!モーニング見てたけど違和感あったな。 答え有りきの取材ってことか 澁谷泰介医師本人は PCR検査をいたずらに増やすべきではないというスタンスであるのに、取材内容とは異なった内容で報じるとは…。 取材の意味は一体。 つまりはグッド!モーニングの意見の信憑性を高めるために外国帰りの医師という肩書を利用されてしまったという事でしょうか。 グッド!モーニングサイドはこの件に関してどのようなスタンスを取るか注目が集まっています。

次の

【番組終了!?】テレ朝のグッドモーニングで澁谷医師インタビューを真逆編集で報道で大爆笑

グッド モーニング 渋谷 医師

取材では、ヨーロッパ での感染状況に関して、私がベルギーから日本に戻ってきてコロナウイルスに関する診療をするに至った経緯、帰国時に感じた日本の診療体制に関する率直な意見、また日本で再度働き始めて1ヶ月ほど経って現場はどう変わったか、現在の現場の様子、日本のPCR検査への対応に関して、現在医療現場で必要とされているもの、最後に一言、という感じで40分程度質問に答える形で進んでいきました。 その中でも、PCR検査に関してはこれから検査数をどんどん増やすべきだというコメントが欲しかったようで繰り返しコメントを求められましたが、私は今の段階でPCR検査をいたずらに増やそうとするのは得策ではないとその都度コメントさせていただきました。 確かに潤沢な検査をこなせる体制というのは本当に必要な方に対してはもちろん必要です。 ただ、無作為な大規模検査は現場としては全く必要としていない事をコメントさせていただきましたが完全にカットされていましました。 また、現場の生の声として、物資の手配と医療従事者への金銭面や精神面での補助に関しても強調してコメントさせていただきましたがそちらも全てカットされてしまいました。 物資の手配に関してはたくさんのコメンテーターの方が繰り返し言っているのでまだいいのですが、最前線への医療従事者の方には危険手当のような補助がないと続かないということは強く言わせてもらったつもりです。 家族などへウイルス感染を持ち込んでしまうことを恐れて1人病院に泊まったり、病院の近くにホテルやマンションを借りて自主的に隔離をしているスタッフも知っています もちろん自腹です。 愛する家族子供とも会えずに、身体的精神的な負担だけでも計り知れないのに、金銭面な負担までのし掛かるのは本当に残酷でしかありません。 医療者のプロフェッショナルとしての気概だけで現場を回すのには限界があると思い、そういった部分に行政などからサポートを入れて欲しいと強くコメントさせていただきましたが、全てカットになってしまい本当に悲しい限りです。 忙しい最前線の医療スタッフは取材に応じる時間も気持ちの余裕も全くないです。 僕はたまたま非常勤として働いており時間があったので現場の生の声を多くの方に知ってもらえればと思い取材に応じさせてもらいましたが、実際には生の声すら全く届けることは出来ず不甲斐ない気持ちです。 メディアの強い論調は視聴者に強く響き不安を煽ります。 情報が過剰な現在で、どうか正しい知識と情報がみなさんに行き渡って欲しいと切に思いました。 正しく伝えるって難しいですね、、、。

次の