ローソン pb デザイン。 ローソンPBのリブランディングに賛否両論!?パッケージデザインの問題を徹底的に考察する|株式会社Soichiro

【直撃】ローソンPBの新デザインが賛否両論、皆さんの疑問を社長にぶつけます。

ローソン pb デザイン

ローソンPBパッケージのデザインは佐藤オオキさんが担当 ローソンPB商品とは ローソンの自社製品のことを指します。 既にローソンでPB商品として販売されていますが、今回パッケージの新デザインとして佐藤オオキさんが手掛けています。 佐藤オオキさんの簡単な経歴ですが、カナダのトロント生まれで早稲田大学の建築学科を卒業した建築デザイナーです。 デザインした作品は建築が多くその評価は高いです。 食品系は、ロッテのACUO(ガム)のデザインを手掛けています。 ローソンPBの新パッケージはわかりにくい? ローソンの新パッケージがネットで炎上していますが、そのなかで佐藤オオキさんがデザインしたパッケージがわかりにくいと言う声があります。 ローソンでデザイン陳腐化と聞き来てみたら予想以上に酷い… 確かに納豆がNATTO北大西洋条約機構になってるわ(笑 デザイナーはNendo 佐藤オオキ とのこと🖊 Nendoと以前一緒に仕事したが、オシャンティ族にだけウケるデザインでコントロールに苦慮した記憶が。。。 この人マルチチャネル向けのデザイン向いてなさすぎじゃんね。 — むららぎ🔰 takayukiawaji 「佐藤卓」氏デザインの明治おいしい牛乳はわかりやすいですが、やはり「佐藤オオキ」氏デザインは牛乳を含めそれぞれ不親切な感じか。 デザイン単独で見るとシンプルに見えますが、デザインの周りがすべて白いなので判別がつきにくいのかもしれません。 ローソンPB新パッケージのネットの反応は? 佐藤オオキさんがデザインしたローソンPB商品のパッケージについては、賛否両論になっています。 え、ローソンPBのデザインやったの 佐藤オオキさんところの nendo なのか… そんな単純なヘマするとは考えにくいな… 考えすぎて、変な方向に行っちゃったんだろうか…? — cabcab cabcab 佐藤オオキさんの過去のデザインを知っているようので、今回のパッケージの不評意見について驚いています。 ローソンのやつ可愛くて好き 佐藤オオキさんの部屋画像も見たらおしゃれすぎてびっくらした モノトーン調も私服の制服化もいいな — まい maaaaai111 ローソンPBパッケージも可愛くておしゃれと驚いています。 佐藤オオキは悪くない。 佐藤オオキにデザインを依頼したローソンが悪い。 佐藤オオキさんはローソン側の要望をもとにデザインしているので、このデザインがローソン側が求めているものを反映した姿なのかもしれません。 デザイナーはクライアントの要望に沿ってデザインするので、このデザインはローソン側が問題ないと判断したことになりますね。 ローソンのパッケージデザインをした佐藤オオキさんの自宅。 「店頭での見た目だけでなく、商品を家に持って帰った時、雑音にならずに生活に馴染むパッケージを目指した」料理もしないミニマリストに、一般人の普段の生活と、そこにあるワクワク感がわかるわけがないよね。 テーマはいいけど人選が失敗 — ゆう chsatayu ローソン側の人選ミスという意見です。 佐藤オオキさんが悪いというわけではなく、ローソンPB商品のイメージに適したデザイナーを選ぶことができなかったといったところでしょうか。 炎上した問題点はローソン側のコンセプトとデザイナーの主義が正反対のため? SNSの反応を見る限り、 ローソン側のコンセプトとデザイナーの主義が合わなかったのかもしれません。 ローソン側がどんなコンセプトで依頼したのかはわかりませんが、デザイナーはコンセプトどおりのデザインに仕上げている可能性も。 佐藤オオキさんは食品系のデザインは初めてではなく、過去にロッテのデザインも手掛けています。 彼の持ち味のシンプルさが奏功した事例では、LOTTEのガム「ACUO」があります。 他社製品が派手なパッケージを採用しているなか、あえて「小声でささやくような」一歩引いたデザインとすることて差別化を図りました。 食品はすぐわかりそうですが、飲料は文字を見ないとわかりにくいと思う人もいるかもしれません。 ただ、これがどこまでローソン側のコンセプトを反映しているのかがわからないので、一概にデザイナーのだけの責任とはいいきれないですね。 ローソン側が「このデザインで売れる」と判断して、OKしたのかもしれませんが。。。

次の

ローソンのPBデザインリニューアルは大成功してる

ローソン pb デザイン

ローソンのプライベートブランド商品のデザインが話題になっています。 3月頃から登場し、旧パッケージから切り替わっていったこの新しいデザインのパッケージですが、ネットでは賛否両論となっています。 ローソンPB愛用していたけどリニューアルしてから商品がわかりにくいのが嫌で買わなくなったと思ってたら他にも思ってる人たくさんいたわ。 パッと見てわかるって食品のパッケージとして大事だと思うの。 おしゃれさはコンビニに求めてないんよ。 コンビニに求めてるのは便利さ。 — のんびり nonbiriarashic このような声もある一方「おしゃれでかわいい」「買いたくなる」と好意的な意見もあり、まさに賛否両論の状況となっているようです。 ローソンのPB商品のデザイナーは? ローソンはこれまでも定期的にローソンセレクトのパッケージをリニューアルし、その時々の購買者のニーズに合わせてデザインを変化させてきたとしています。 ローソンセレクト販売開始から約10年となった 今春のデザインを手がけたのは、国内外から高く評価されているデザイナー、佐藤オオキさん率いるデザインオフィスnendo。 新しいコンセプトは「やさしさ」。 出典: 上記の記事にもあるように、今回プライベートブランド商品のデザインを手がけたのは、『nendo』というデザインオフィスとなっています。 「やさしさ」をコンセプトにデザインされたという新パッケージは、ナチュラルカラーで統一され、思わず手に取りたくなるおしゃれさも感じます。 一方で、手に取ってみないと一目で区別しにくいという意見もあり、その意見にも頷ける部分があります。 ローソンは、今回のデザインに対する賛否の声について「参考にしながら、お客様にとってもわかりやすく、かつお買い物が楽しくなるようなパッケージデザインを目指してまいります」とコメントしています。 佐藤オオキ率いる「nendo」デザインに変わったローソンのパッケージ、個人的には好きなんだけど、Twitterだと否定派が多いんだなぁ。 否定派「ひと目で分からない。 手に取る必要がある。 キャベツも分かりにくい。 手に取ったなら買え」 賛成派「おしゃれ。 高級感ある。 統一感ある。 — 永峰 歩実弥 fmyngmn ローソンPB一新についてのnoteとか読んでて、マーケティング視点とか、デザイナー視点とか面白い。 割とみなさん職種フィルターをかけると「今回の一新はどうなの?」と述べるけど、「個人的には好き」ってくくってる人も多くて、「個人的に好き」に落ち着くならリニューアル成功なのではと感じた。 — みやぐち|WEBディレクター miyapopopo0915.

次の

[B! デザイン] ローソンPBデザインがあんな風になったのは、デザインした佐藤オオキさんの自宅を見て納得

ローソン pb デザイン

今回ののの変更は(多分、狙ってないだろうけどに)だったと思う。 クソみたいなに変わったとか、のだとかご立腹の諸氏も多いと思うけど、それとオオキの手のひらだ。 これ考えるににするべきことは、今回の商材がのこと。 正直って「美味しそうで買う」とか「みて気になってら買う」とか「新しくてそうだな」って買うってが少ない商材なんよ。 どっちかっていうと「あ、切れてたけど閉まってる買おうか」とか「系のどれにしよっかな」とかそんなで買うだと思う。 つ、のでしなきゃいけない「が美味しそうに見える」とか「手に取りたくなる」ってのをざっくり切り捨てても成立する珍しい商材なの。 ましてや、なんて棚をまるっと抑えられるわけだ、他社と比べて目立つみたいなのもない。 視認性とかは、まああった方が良いけど、これもしてるははブーブー言ってもすぐに慣れる。 みんな、そこまでで購買行動を変えないよ。 しばらくは間違えて購入したって言う人もいるだろうけど、とに書いてあればはそんなに言えない(見てない方が悪ら)。 で、今回の。 おしゃれかかってのはになる置いておいて、出たってのがだよね。 あのはにはめちゃくちゃ刺さってる。 なんて正直、あえて買うようなじゃないのに、今回の変更では買いたいと思って購入すると思う。 嫌いって言ってる人もしてるわけで、ばっちりにしてるんだよ。 、が嫌いって言ってる人らもとなったらに買。 例えばの。 可士和の嫌いって言ってる人も、の近くのがで欲しなって思ったら買ってるのよ。 つんど購入量に影響ないと踏てるのよね。 がそののじゃないとなると、途端に始めるけど、それは相当にと思う。

次の