イエベ ブルベ 中間。 イエベとブルベの中間!「グリベ(グリーンベース)」って知ってる!?

グリーンベースとは?イエベとブルベの中間のグリベの特徴や似合う色をご紹介!

イエベ ブルベ 中間

あなたはどっち? もとの肌色をチェック。 腕の血管は青色? ブルーベースの人は血管が青く、イエローベースの人は血管が緑に見える傾向あり。 分からない場合は周りの人と比べてみるのも一案。 白目の色は青み? ブルーベースなら白目がやや水色っぽく、イエローベースならアイボリー系の色みのことが多い。 充血していない状態でチェックしてみて。 手首になじむ色は? 工藤さんが開発したファンデーションの色見本で、肌色をチェック。 下の6色を手首部分にあてて、肌にとけこむように同化する一色を探して。 判定キットもオススメ!! 全6色をつけ比べ! パーソナルカラーを判定できる。 ベストカラーは左腕いちばん下のオークル。 」NGカラーだと、顔色がくすんでクマも目立つ! 【関連】 【関連】 教えてくれたのは… 工藤亜記さん カラーアナリスト。 ビューティカラーコンサルタント。 独自の理論をもとにした、レッスンを開催。 撮影/押尾健太郎(人物)、金栄珠(静物) 監修/工藤亜記 ヘアメイク/George スタイリング/河野素子 モデル/田辺かほ(VOCE専属)、MIKU 取材・文/丸岡彩子 構成/鏡裕子.

次の

50歳にして自分がブルベかイエベか知る!肌の色を見分ける方法

イエベ ブルベ 中間

パーソナルカラー診断でファッションやコスメを選ぶことが当たり前の時代になってきました。 イエベかブルベかの特集も雑誌でよく見かけますね。 まだカラー診断を受けていない方で「セルフ診断をやってみたけれど、どちらかわからない!」と悩む方に伝えたいのが、「そのどちらにも属さない可能性もありますよ」ということです。 4シーズンの分析では、「この色はスプリング」「この色はオータム」と色を分別していますが、実際の色の世界に境界線は存在しません。 例えば、青みの強いピンクがあれば これはブルーベース それに比べて黄みが強いこちらがイエローベースです。 ですが、 より黄みが強いピンクが出てきてしまうとどうでしょう? 比べてみると 先ほどまでイエローベースだと思っていた色がブルーベースに仕分けられてしまいます。 つまり並べるとこのような感じで真ん中の色はブルーベースとイエローベースの中間に属するのです。 これはピンクに限らず、あらゆる色相で同様にブルベかイエベかの線引きの難しい色が存在します。 そして、この中間に属する色は ドレープを作る会社によってスプリングとサマーのどちらに振り分けるかまちまちです。 なので、あるサロンでこの中間の色が綺麗と診断して「スプリング」と判断することもあれば、逆に「サマー」と判断するケースもあるのです。 私たちもよくお客様の診断をすると「よそのサロンでは別のシーズンと言われた」という話を聞きます。 それだけならまだしも「3つのサロンで診断してもらったのに、最初のところはオータムと言われて、次のサロンではサマーと言われ、最近行ったサロンではスプリングでした」という方まで存在します(!) こうなってしまうと「パーソナルカラーって曖昧なんだな」「診断する人の好みなのかな」と誤解されそうですが、実際は 扱っているドレープが違うために起こる現象です。 あとは4シーズンという区分け自体が完璧ではなく、その4区切りだと漏れてしまう人がいるのです。 その一つの事例が、この『ブルベかイエベで区切れない人』 つまり、この中間に属する色みが似合う人なのです。 だからセルフ診断をやっても「わからない」と悩む人はそもそも、どちらか片方に振り切れない方という可能性もあります。 むしろ、私が診てきた経験からいえば、 スプリングだけ、サマーだけという1つのシーズンの定義だけで完結する人はほとんどいません。 スプリングが合う方でもライトやソフトな色は似合ってもブライトという派手な色は似合わない方などいらっしゃるし、サマーの中でイエローベースにやや近い色なら綺麗に馴染むなどのケースも多いです。 セルフ診断をして分からないという方はまず、この中間色が似合う可能性を疑ってみると良いと思います。 この「中間色」が似合う方でも必要な色のバランス(ブルベ、イエベのバランスやトーン、色の清濁の特徴)があります。 パーソナルカラーが不要というより、単純な4シーズンではおさまらない方、ということですね。

次の

≪パーソナルカラーで選ぶカラコン特集≫イエベとブルベ診断別で似合うおすすめ人気カラコンをご紹介★

イエベ ブルベ 中間

Contents• イエベ・ブルベの見分け方 イエベ・ブルベを見分ける方法…血管チェック 肌の色がイエベかブルベかを決める方法は「アンダートーン」と呼ばれる、皮下組織にある血管の色味から判断するというのが一般的です。 主に腕の内側に透けて見える血管を見て判断することが多いようです。 腕の内側の血管の色…青っぽいならブルベ・緑っぽいならイエベ …この診断方法にピンとこなかった方には、別の自己診断方法を! 自分に当てはまるのはどちらなのか、次の項目をチェックしてみてください。 イエベorブルベか自分でわかる!チェックシート さらに、、 イエベ・ブルベのカラー判定を行なっている化粧品ブランドでは、「手のひらの色味」を見たりすることもあるようです。 赤・ピンクっぽい…ブルベ• 例えば、普段つけているアクセサリーはシルバーとゴールド、どちらがあなたにしっくりきていますか?いつもつけているのはどちらですか? アクセサリーは肌に直接身に付けるものなので、肌の色味との相性がとても反映しやすいアイテム。 なので知らず知らずのうちに、自分に似合う・しっくりくるというほうを自然と選びとっているものなんです。 シルバーは似合うけどゴールドはイマイチ…という人はブルベ、逆にゴールドは似合うけどシルバーはイマイチ…という人はイエベの可能性が! そして実際、いつもつけているアクセサリーはどちらかに偏っていることが多いのではないでしょうか? またアクセサリー以外にも、洋服やヘアカラーの色味などにも同じことが言えます。 例えば洋服はベージュやブラウン、オレンジ系などが多い人はイエベ、グレーやブラック、ブルー系が多い人はブルベというように、なんとなく無意識のうちに、自分の肌の色味にあったものを自然と選んで身につけていたりします。 一度、自分のワードローブがどっち寄りの色味が多いか、クローゼットの中をチェックしてみましょう。 とはいえ、本当に自分に似合う色をちゃんと選べているのかどうか…ちょっと自信がない部分もありますよね。 このカバーマークでの判断基準に、腕の内側の静脈の青みが肌表面に見えているのがブルーベースといった判定方法や、下まぶたをめくって目のふちの粘膜の色味を見て判断するといった方法もあります。 できればこうした、イエベ・ブルベのファンデーションを専門に取り扱う化粧品メーカーのカラー診断や、専門のパーソナルカラー診断といった「プロの診断」を受ける方が、最も正確な結果が得られるかもしれません。 でも自己診断でもある程度、イエベかブルベかを判断することはできます! 実は、より正確に自分の肌の色を知るために、ここからさらに「春夏秋冬」に分けていくという方法があるんです。 カラー診断 「春夏秋冬」って? 肌の色味は大きく分けるとイエローベースとブルーベースに分けられますが、そもそもこの2つのみに単純に振り分けられるものではありません。 実は正確なカラー診断というのはイエベ・ブルベを分けた後、さらに春夏秋冬のカテゴリーに細かく分けていくのです。 「春夏秋冬」の判断基準は肌の色味だけでなく、その人が持つ全体的な雰囲気や顔立ちなども含めて判断し、そのイメージカラーを春夏秋冬で表していく分類方法です。 ほとんどの場合が、• イエローベースは【春と秋】• ブルーベースは【夏と冬】 のどちらかになる傾向のようです。 春夏秋冬…それぞれの特徴・イメージ• 春…可愛らしい・ガーリー・若々しい・元気な・キュート• 夏…透明感・涼やか・エレガント・フェミニン・知的• 秋…大人っぽい癒し系・シック・ナチュラルorゴージャス・洗練• 冬…クールビューティ・印象的・存在感・カッコイイ女性・神秘的 特徴・イメージで見分ける春夏秋冬、芸能人だとこの人!• 春タイプ… 上戸彩・永作博美・井川遥・石原さとみ ・深田恭子・西野カナ・佐々木希・泉里香・有村架純• 夏タイプ… 新垣結衣・福原愛・小雪・吉岡里帆・広末涼子・綾瀬はるか・菅野美穂・石田ゆり子• 秋タイプ… 西内まりや・榮倉奈々・水川あさみ・川口春奈・高橋メアリージュン・安室奈美恵・北川景子• 肌…ブルベ• そういう色味の人は「グリーンベース」または「ニュートラルスキン」と呼ばれるタイプの可能性があります。 グリーンベースはイエベ・ブルベの中間の色味ということで「中間グリべ」と言われることも。 ただし、パーソナルカラー診断においては「セカンド 2nd シーズンがある」という表現をします。 例えば・・・ 春夏秋冬での分類分けでは【夏と冬はブルベ】・【春と秋はイエベ】というパターンがほとんどなのですが、ブルベの中にも春と秋タイプの人、逆にイエベの人でも夏と冬タイプという、4シーズンの枠を越えたタイプも存在します。 芸能人で例えるなら、白石麻衣さん。 一般の人の中にも、もちろん存在するタイプです。 このように中間グリべ セカンド有タイプ はイエベとブルベの両方の要素を持っているので、自己診断だけでハッキリと判別するのがとても難しいんです…。 イエローベース…黄色っぽい色• ブルーベース…青みがかった色 というのが基本です。 そして、• 春や夏の人は明るく優しい色合い• 秋と冬の人は深みのある色や、はっきりした色合い のものが似合う傾向に。 リップ くすみのないローズやローズピンク、真紅などパッキリした色合いが似合います。 マットな質感のものは見たままの高発色な色合いになりますが、そんな華やかで強い色にも負けないのが冬タイプの特徴です。 口元を華やかな色で楽しみたい時はチークやアイメイクは色味を抑えるとバランス良く仕上がります。 ライトピンク、ピンクオークルなどピンク系…ブルーベース• ライトベージュ、ライトオークルのオークル系…イエローベース に合います。 その判断は、元々生まれ持っている肌や、目の色味などによってどちらかに分けられています。 自分の肌がイエベかブルベか知っていれば、洋服やメイク、ヘアカラーなどの色を選ぶ時に迷ったり困ったりすることがなくなります。 つまり世の中にあふれる多くの「色」の中から、自分を最大限に美しく見せるための色味を簡単に選び取ることができるんです! 逆に似合わない色を身につけていると、肌がくすんでみえたり顔映りが悪くなってしまうので、自分の肌がイエベかブルベかは、ぜひ知っておきたいものですよね! 「日本人は黄色人種だから、みんなイエベじゃないの?」というのは大間違い!日本人でもブルベの人は山ほどいますよ。

次の