カビゴン トリックルーム。 【超流行の構築を解説】トリックルーム全般に勝てる方法を解説します!!【ポケモン剣盾 ソードシールド ダブル 世界王者が解説シリーズ】

【ポケモン初心者でも勝てる戦術解説】トリックルーム戦術【ポケモン剣盾】

カビゴン トリックルーム

こんにちは。 さかまたナギです。 ダブルバトルで重要な要素の1つが「行動順の操作」です。 シングルバトルと違って1チームで2体が動くので、行動順がシングルバトル以上に勝敗に大きく左右します。 詳しいことは稿を改めることとしてここでは深入りしないけれど、 ダブルバトルをやっていると「行動順の操作」としてよく見かけるのが「トリックルーム」を軸に用いたパーティです。 「トリックルーム」パーティは、努力値をすばやさに割く必要がないため、その分を耐久に回すことが可能となります。 そのうえ「トリックルーム」で行動順もはやくなるので、高い制圧力をもってゲームを進めることができるのが特徴です。 無策ではまちがいなく負けるので、対策は必須レベル。 序: 「トリックルーム」パーティであることを見抜く 慣れてる人には当たり前のことですが、「トリックルーム」を軸にしたパーティであるかどうかを見抜くことが最初のカギとなります。 これは比較的簡単です。 「トリックルーム」を使えるポケモンは限られているうえに、攻撃役としてドサイドン、バンバドロ、カビゴン、コータス、ブリムオンなどの鈍足ポケモンがたくさん組み込まれているからです。 >参考: 相手がトリル軸であると見抜くことができたとして、どんな対策がありうるか。 以下で順番に見ていくことにします。 対策1: そもそも「トリックルーム」を張らせない 最初の対策として紹介したいのは、そもそも「トリックルーム」を張らせないことです。 「トリックルーム」できるポケモンは限られているので、起動役を見抜くことはそれほど難しくありません。 そして「トリックルーム」できるポケモンの多くは「ゴースト」「悪」タイプの技が抜群で通るので、そういった技で圧力をかけていくのが1つの対策となりえます。 ドラパルト、バンギラス、ジュラルドンなどで集中攻撃をすることで、倒し切ることも不可能ではないでしょう。 「ねむりごな」「キノコのほうし」で眠らせたり、「ねこだまし」でひるませたりすることが、これに該当します。 ややテクい動きとして「このゆびとまれ」「いかりのこな」の上から「ねこだまし」をしておいて、続けて起動役に「ちょうはつ」をするのは1つの回答となっているといえるでしょう。 また、最初からこれを狙うべきではないけれど、苦し紛れに「エアスラッシュ」「いわなだれ」などを重ねることで「トリックルーム」起動役をひるませるのも手段の1つです。 成功すればラッキーぐらい、重ねがけすればワンチャンぐらいはあります。 「ちょうはつ」の場合は、3ターン以内に起動役を倒し切ることが必要になるのと、道具「メンタルハーブ」や特性「アロマベール」に対して無力なことに留意すべきでしょう。 「ふういん」の場合は、「ふういん」役のポケモンが退場するまえに「トリックルーム」起動役を倒さなくてはならない点に留意すべきでしょう。 相手は血眼になって「ふういん」役のポケモンを倒しにきます。 「トリックルーム」前提のパーティが相手には、「トリックルーム」さえ封じればあとは上からひたすら殴り続ければ勝ち…みたいなイージーゲームを狙いやすくなります。 トリックルームの優先度は「-7」なので、「ほえる」「ふきとばし」「ドラゴンテール」「ともえなげ」といった優先度「-6」の技は「トリックルーム」よりも先に発動させることができます。 1つ目の弱点は、こういった対策は相手側が織り込み済みのことも多いということ。 特に鈍足ポケモンでかためられた「トリックルーム」前提で動いてくる相手の場合、相手も当然ながら「トリックルーム」起動役を守ろうと策を尽くしてきます。 ガチガチのトリパであれば、「このゆびとまれ」「いかりのこな」「サイドチェンジ」「ナモのみ」など、あの手この手で「トリックルーム」対策の対策をしてきます。 対策1 のもう1つの弱点は、相手が必ず初手から「トリックルーム」展開をしてくるとは限らないことです。 ここで紹介した対策1 は「トリックルーム」を展開させないことを主眼としており、「トリックルーム」が展開されてしまった場合の対処ではないことに注意してほしいです。 たとえば中速ポケモンでかためておいて、相手によって「トリックルーム」するかどうかをかえていく、いわゆる「スイッチトリパ」のようなパーティに出くわした場合などを考えてみましょう。 「トリックルーム」展開の可能性があると見抜けたとしても、必ず先発から「トリックルーム」展開でくるかわからないのです。 例: フシギバナ、コータス、ミミッキュ、カビゴン、トゲキッス、ドラパルト 上の例で言えば、先発キッスカビゴンで「このゆびとまれ」「はらだいこ」を決められて、こちらのトリル対策のポケモンが倒されてしまい、後発でトリックルームを軸にコータスが暴れる…といった展開も考えられます。 また、フシギバナ、コータス、ドラパルト、トゲキッスという非トリル選出をしてくる可能性も十分ありえます。 総じてスイッチトリパの場合は、相手の選出に依存する部分が大きく、必ず「トリックルーム」されるとは限らない(=先発のトリル対策が空振りに終わるかもしれない)ことは念頭に置いておきましょう。 対策2: 「トリックルーム」を返す 「トリックルーム」状態のときに「トリックルーム」を使うと、場がもとに戻る(行動順がすばやさ順の通りとなる)ので、これも対策の1つとなりえます。 「トリックルーム読みトリックルーム」が外れた場合は、こちらからわざわざ「トリックルーム」をプレゼントしたことになってしまいます。 ハイリスク・ハイリターン。 かといって、相手に「トリックルーム」をゆるした後にこちらが「トリックルーム」をすることになると、少なくとも1ターンは「トリックルーム」状態で相手の攻撃を凌がなければなりません。 サマヨール、ドータクン、ゴチルゼル、皮の残ったミミッキュなど、行動する前に倒されにくいポケモンでこの対策を取ることが求められます。 「トリックルーム」をピン挿しするだけ(技スペ1つだけで実現可能)なので、こちらも比較的スタンパにも採用しやすいトリル対策と言えるでしょう。 とはいえ、この対策はほぼ「いたずらごころ」持ちに限定されてしまうため、「アンコール」するのがバレやすいのが難点です。 たとえば「トリックルーム」起動役を交換されたり、「てだすけ」「まもる」「サイドチェンジ」のような優先度の高い技を「アンコール」より先に使われてしまうと、「トリックルーム」を「アンコール」することに失敗してしまいます。 また、こちらも対策1と同様の弱点(「このゆびとまれ」などでこちらの「アンコール」を妨害される可能性がある)ことには注意したいです。 対策3: 有効打を打たせない 「トリックルーム」対策として最もよく採用されるのがこちらでしょう。 相手に「トリックルーム」されることを受け入れつつ、その中でうまく立ち回っていくことも立派なトリル対策の1つといえます。 しかも「トリックルーム」を起動したターンも5ターンの中に含まれるので、「トリックルーム」の影響を受けるのは実質的に4ターンだけです。 そこで、「トリックルーム」の「ターンを枯らす」というのが1つの方法として考えられます。 たくさんあるので、以下に例示しておきましょう。 しかし、行動順が逆転するのは同一優先度内における技に限られるので、優先度の高い技は、かわらず先制して出すことができます。 他にも、トリルアタッカーに対して「こうこうのしっぽ」を「すりかえ」「トリック」で押しつけるなど、「トリックルーム」中であっても相手の行動順をいじる方法は残されています。 スタンパにも1-2体ほど鈍足のポケモンを仕込んでおくことで最低限の対処が可能となります。 たとえば、2017年世界大会優勝のバルドルさんが、2020年に開催された World Champion Invitational という大会で「くろいてっきゅう」持ちのダダリンを入れて「トリックルーム」対策をしていたのは、かなり驚かされた試合でした。 ダブル勢はぜひ一読を。 対トリル選出に使えるポケモンとしては、ドサイドン、ローブシン、コータス、カビゴン…といった、スタンパにも比較的組み込みやすい鈍足ポケモンを探すことになります。 「トリックルーム」パーティは少なくないので、トリル軸のパーティとあたったときの選出は事前に考えておけるといいですね。 構築段階での対策と、立ち回りでの対策と、2つに分けて考えておこう! 以上、トリックルーム対策を列挙してきました(抜け漏れあったらコメント欄で教えてください)。 ということで、おさらいです。 「対トリル選出をする」「トリックルームという技を封じる」などは構築段階である程度準備しておかなければなりませんが、「起動役を倒す」「ターンを枯らす」などはどちらかと言うと立ち回りでの対策と言えそうです。 どちらか一方では十分ではなく、両方の対処が求められます。 それから、 対策1(そもそも「トリックルーム」を起動させない対策)だけでは不十分なことが多いので、対策2や対策3(「トリックルーム」を起動されたときの対策)も併用できるといいです。 例示するとこんな感じでしょうか。 ふういんトリルの例: 「ふういん」役のブルンゲルを、トゲキッスの「このゆびとまれ」で守り続ける 晴れパの例: ヤミラミの「ねこだまし」で「このゆびとまれ」を封じつつ、フシギバナの「ねむりごな」でトリル起動役を眠らせる スタンパ例1: 「すじがねいり」ジュラルドンの手助け珠「ダイアーク」で、トリル起動役のサマヨールを倒す スタンパの例2: ガオガエンの「いかく」「バークアウト」「すてゼリフ」や、ドラパルトの「ダイドラグーン」や、エルフーンの「あまえる」で相手の火力を削ぎながらターンを枯らす スタンパの例3: トゲキッスの「このゆびとまれ」で相手の「ダイアース」を吸って透かす 「トリックルーム」パーティは、起動役をサポートするポケモンが置かれていることが多いです。 したがって起動役単体で仮想敵を考えるだけでは不十分であり、隣りにいるポケモンも込みで対策を考えておきましょう。 トリル対策をパーティに仕込んでいても、選出や立ち回りで失敗することもあると思いますが、失敗を繰り返すことでトリル対策がだんだん上手になってきますよ! 今回紹介した ダブルバトルでの重要な技と特性の逆引きリストについては、すでにまとめておきました〜。

次の

【育成メモ】カビゴン育成論 トリル→はらだいこで全抜き【ポケモンソード・シールド】

カビゴン トリックルーム

これらのポケモンに全てを倒せるポテンシャルがあるポケモン ローブシン最強説!!! まさかの脳筋 格闘単タイプのこのポケモンは、鈍足ながら広い技範囲と高い攻撃力、物理耐久を兼ね備えているが、特殊方面はからっきしのいわゆる脳筋である。 なぜこの脳筋ポケモンが、この環境トップ達に太刀打ちできるのだろうか。 鈍足のローブシンでも上から叩ける。 カビゴンのHP種族値が高いため、ドレインパンチでの回復量がとても高い。 カビゴン側の勝ち筋 耐久が高すぎるため、一撃で落とせない。 カビゴン側の勝ち筋は「カウンター」か「のろい」を先に積んでおく事。 特性「こんじょう」補正込みの「マッハパンチ」は、無振サザンドラなら7割近くダメージを入れれる。 サザンドラの勝ち筋 他ポケモンで削りを入れれば、マッハパンチで縛れるが、対面で「りゅうせいぐん」を打たれると一撃で落ちてしまう。 トリックルームがないと負けてしまうが、トリックルームがあれば良いので有利です。 トゲキッスの勝ち筋 トリックルームが展開されていない状況。 対面で「ダイジェット」を打ち込まれたら負けてしまうが、こちらも「ダイサンダー」を打てば、相手のダイジェットを耐え、対面でも勝てるため有利。 またギャラドス入りの構築を相手にする場合、有利対面では、積極的に「かみなりパンチ」を押して行きたい。 ギャラドスの勝ち筋 「いのちのたま」を持たせれば、ダイマックスしたHAローブシンならば確定1発。 あとトリックルームがなければ「じしんかじょう」で攻撃力を上げていれば勝てる。 無振ドリュウズなら、特性「こんじょう」補正込みの「マッハパンチ」で7割近く。 「ドレインパンチ」ならば確定1発をとれる。 高い確率で引いてくるので、裏を考えて交代読みするのはあり。 ドリュウズの勝ち筋 もはや無い。

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

カビゴン トリックルーム

アローラ!ってことでこんにちは、トリル大好き人間のアルです。 今回は「を使ってみたい」。 だけど使い方も分からないし、どんなPT、どんなを育てればいいのかわからないという方のために徹底解説をしていこうと思います。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 個人的にはの技の中で一番のs操作技だと思っています。 この技と比べると言ったら「おいかぜ」がありますがおいかぜは三ターン効果なのに対しは使った瞬間に1ターン消費されるのを除くと実質4ターンとおいかぜより1ターン長いんです。 ただ少しには弱点があります。 優先度ー7 これにより相手が同じを打たない限り必ず後攻になります。 おいかぜは優先度がないのでそのの素早さに依存のため先においかぜを打つことができます。 当たり前ですけどの圧倒的多さですね。 そして、ここで本題です。 トリル始動役には大まかに二種類の型があります、それは• 先発トリル型• 後発トリル型 です。 先発トリル型とは… 基本的に一番最初に出してを展開するタイプの。 特徴としてはあまり耐久がないので襷などを持つのが見られる。 しかし、その分、場を整えることに特化した性能を持っているため序盤から有利に取れることが多い。 例・,ゲンガー,メレシー 頑丈 ,など 後発トリル型とは… 基本的に後出しからのを貼っていく感じ。 こういうタイプは固いやつらばっかりなので受けだしからもできる。 しっかりとした安定感が特徴だが、その耐久ゆえにのターンを無駄に消費してしまうことが多々あるのが弱点。 例・、ヤドラン、、など… ちょっと例外、について… こいつは特性の化けの皮があるので場合によっては先発or後発両方ともできる珍しいタイプ。 だがこいつのsはまぁまぁあるので使い所は難しい。 トリル始動アタッカー型• トリル始動サポート型 の2つです。 この2つについてですが新たな型というよりかは先発,後発型に掛け合わされる感じといったほうが良いでしょうか 説明下手で申し訳ない トリル始動アタッカー型とは… 簡単にいうとを展開した後、自分でも攻撃ができる。 自らも戦うことによって、相手に余裕を持たせる暇をなくすタイプ。 例・、、、、など… トリル始動サポート型とは… アタッカー型とは対照的にを展開した後or展開する前に壁や状態異常、ステロなど場をさらに整えていく型。 また耐久型も一応こちらに入るのでアタッカー型よりかは数は多いと思う。 例・、メレシー、、ヤドラン、など… ということでざっとこんな感じです。 もう少し細かくするとまだ色々と種類はあるのですがそこまでいくとただの育成論の違いになるので普及はしません。 大まかに四種類のトリル始動役がいることがわかりますね。 下で動く=sが遅いでありますが実際はどのくらいまでがsの遅いと言えるのかと疑問をお持ちの方もいますでしょう。 これは私の意見ではありますが、sが遅いというのは… sが60以下の です。 理由はまあいろいろあるのですが、まずはs60のたちを見てみましょう。 ピクシー ポリゴン2 ホエルオー 星 こう見てみるとわかる通りポリゴン2やなど有名どころのも見られますね。 ただ、必ずしもs60以上はが合わないというわけではありませんので… ちなみにs60よりすこし速いはやなどがいます。 1速いだけなのにずいぶんsのイメージがガラッと変わると感じるのは私だけでしょうか? sの話が終わったところで次は火力の話をしましょう。 みなさんはトリルアタッカーのイメージと言えば鈍足高火力のイメージだと思いますが、そんな感じでOKです。 鈍足高火力紙耐久型• 鈍足高火力対面型• 中速スイッチ型 ざっとこの三種類だと思います。 鈍足高火力紙耐久型とは… その名の通りsが遅くて高火力がある反面とてももろいタイプの。 一見、鈍足高火力対面型のほうが普通にいいじゃないかと思うが、総合的に対面型より火力が高いのが特徴であり、一気に決められる可能性が高い。 例・(まあこいつは火力すごいけど)、、、など 中速スイッチ型とは… 基本的にsは70~80付近におり、下とではない時両方で相手のを抜いたりする特殊な型。 火力的には低火力(サポートっぽくなる)~高火力と幅が広い反面、扱いがめんどくさいというか難しい。 自分ので自滅をする可能性があるからだ。 もちろん戦い方も1つの戦法でありますが必ずしもそうしなければならない理由はありません。 むしろ は中盤になればなるほど輝く(つまり逆転の一手) ということです。 一気に戦況を変えることができるのがであります。 つまり、タイミングが重要なのです!さらに重要なことは があるということを相手に意識させることです (を主軸としたPTだからといって必ずを使おうとするのは愚直です。 別にトリルを使わなくて高速アタッカーや対面型・耐久型だけで勝っても全然OK!) これが最も重要です。 相手にがあるぞと警戒させるだけ相手の選出が固まってしまいます、そこに付け込んでいくことができれば勝ちにつなげることができるはずです。 例外として相手にがあることがバレない隠れトリルPTもありますがそれはそれでコンセプトがあるので…。 最後に、もちろん他のPTを使うにあたっても同じことが言えますが、PTを使いこなすことは難しいです。 最初はうまく使いこなせずに負けるばっかりになる可能性も十分あります。 だけど、あきらめずに頑張ってください!要は経験です。 しかし、私個人としては自分なりの考えなどをしっかりと書き切れたのではないかと思ってます。 今回の内容でまたを好きになるorに興味を持った方々が増えることを祈って、今回はここまでとさせていただきます。

次の