小峠の恋人。 【2019最新】小峠英二の恋愛遍歴や性格は?歴代彼女や熱愛情報まとめ|おしゃべりねこログ

バイきんぐ・小峠英二、元恋人・坂口杏里のアダルトDVDを観ない理由を明かす

小峠の恋人

7月14日放送の「有田チルドレン」(TBS系)に出演したお笑い芸人・バイきんぐの小峠英二が、2世タレントの坂口杏里と6月末に破局していたことを認めた。 破局の理由を聞かれた小峠は、「実際に付き合い出すと、考え方だったり、価値観だったりが違うなとなったんです。 半年ぐらい付き合ったんですけど、後半はあんまり会ってもなくて」と告白。 別れ話については「話し合いだった」とし、円満な関係解消を強調していた。 坂口の逆プロポーズから始まった熱愛騒動は、昨年12月10日に坂口の部屋を訪問した小峠が交際を正式に申し込んだことからスタート。 当初から15歳の年齢差や見てくれの違いで二の足を踏んだ小峠が、肉食系女子の坂口に寄り切られる形だった。 「写真週刊誌にたびたび撮られるなど売名行為という声もあっただけに、小峠に利用価値がなくなったらポイ捨てされるのではないかと危惧されていました」(芸能記者) 小峠はデート当日に仕事を理由にドタキャンされたり、ホストクラブで豪遊したりの夜遊び三昧を見せられても、大人の余裕で不問にしてきた。 その小峠がどうしても許せなかったのが、5月13日に児童福祉法違反の容疑で逮捕された雑誌企画・芸能プロダクション「センディング」の元社長で、20代向け女性誌「jiggy」のプロデューサーだった田代仁(フィリピン国籍のベレン・オリバー・オリベッティ)容疑者との関係だったという。 女性誌記者が言う。 「坂口は自身のブログで田代容疑者との親密な関係をアピールしていた。 芸能界を目指す少女たちがその笑顔にだまされたのは、想像に難くない。 少女たちが金を巻き上げられるなど毒牙にかかるのをほう助したとも言える。 そんな男との付き合いが、小峠はどうしても許せなかった。 男を見る目がなく、甘い言葉にすぐだまされる。 ホストクラブ遊びと根っこは同じ。 そんな危なっかしい女と結婚する気は毛頭ないし、だらだら付き合っていてもマイナスイメージが増えるだけ。 (塩勢知央).

次の

坂口杏里 新恋人(元ジャニーズJr.)は誰で特定?顔画像や名前は?

小峠の恋人

Contents• 小峠英二 バイきんぐ と元彼女・坂口杏里について 小峠英二さんと坂口杏里さんは、2014年ごろから、約半年間ほど恋人関係だったようです。 杏里さんの母は、女優:坂口良子さん(2013年没 享年57歳) 坂口杏里さんが自身のブログに小峠英二さんとの仲良し的な写真をUPしたことで、二人の交際が噂されました。 この時、坂口杏里さんから「待ってますよ」と公開逆プロポーズもしていたことが話題なりました。 その後、水族館デート等も週刊誌に掲載され二人の親密感が噂されました。 しかし、 2015年7月に破局を迎えたと言う事です。 破局の理由は「デートで歩いてると注目を浴びてデートどころではなくなった」「二人の価値観の違いが破局の原因になった」というのが表向きの理由です。 実は坂口杏里さんがホストと手を取り合いながらコンビニを出る様子が撮影されてしまいこれがきっかけで彼女がかなりのホスト狂いであることがわかってしまいました。 この事が破局の理由になったのではないかといわれています。 恐らく坂口杏里さんのホスト通いや価値観の相違、芸能人カップルであることで注目されてしまうことへの不満などこれらの要因が重なってしまい破局してしまったというのが事実なのかもしれません。 フライデーのベッド写真! 小峠英二さんと坂口杏里さんがベッドで一緒にいる写真が週刊誌に掲載されました。 この写真、出どころはどこなのでしょう? 実は、坂口杏里さんから週刊誌に売られたものだと言うのが、大方の見方です。 小峠英二さんとの交際は、いろいろスキャンダラスな坂口杏里さんによる売名行為だと言うのが一般的な見方です。 近年の坂口杏里さんの行動、言動を考えると、小峠英二さんからすれば、早々に別れて正解だったと思います。 車やバイクは? バイきんぐ小峠英二さんはかなり、 レトロなアメ車とバイクマニアであることで有名です。 車の様々な情報を扱うサイト「MOBY」での連載記事「MOBYクルマバナシ」で彼の車に関する記事が連載されています。 その中で所有している 1966年式のシボレー ノヴァに対する熱い思いを度々口にしており、どうやらこの車の中でロックのCDを聞くのが彼の好みのようです。 元々アメ車に強い興味があった彼は、シボレー社のカマロを購入しようとショップにいったところカマロより隣にあったノヴァに一目ぼれをして購入したそうです。 学生時代からあった「アメ車を買ってブランキーを聴く」という夢をかなえたことで感動があったようです。 車だけでなくバイクにも興味があり、BSスカパーで放送された「愛車天国!カスタムガレージ」では同じくバイク好きの芸人、ロンドンブーツ亮さんが出演、その中で大型二輪免許を持っていないにもかかわらずイギリス製のトライアンフを購入したことを語っていました。 また、同番組内では「僕は元から結婚願望がないので、これからますます趣味に走るかも。 」と語りました。 ピッコロや正岡子規に似ている? 小峠英二さんはピッコロ大魔王や正岡子規に似ているとよく言われ、番組でもたびたびネタにされています。 2017年に放送された『なかい君の学スイッチ』の中で、あの有名な漫画ドラゴンボールに出てくる悪役のピッコロ大魔王に似た姿を披露していました。 ピッコロ大魔王はドラゴンボールの初期に出てきた悪役で、悪人ばかりが地球を支配する世界をもくろむ今でも人気が高い悪役の一人です。 確かに小峠英二さんに少し似ているかもしれませんね。 他にも日本テレビで不定期に放映している特番の中でどっきりにひっかかった小峠英二さんの姿がまんま卵を吐く時のピッコロ大魔王だというようなツッコミをされていました。 確かにピッコロ大魔王が卵を産む瞬間にそっくりですね。 写真一枚ではわからない人のために状況を説明すると、同番組内で小峠英二さんは地上20階まである日本テレビのビルを階段で一気に駆け上がるという企画に参加しました。 そこで呼吸困難になりそうになった瞬間に呼吸器のかわりにクリームが出るスプレーを渡されてしまってこうなったというものでした。 ピッコロ大魔王以外にも、俳人の正岡子規にも似ているとネタにされたことがあります。 これは「有吉の壁」という番組で彼が正岡子規に変装したもので、かなり反響があったそうです。 もしも今後、正岡子規の事をテーマとして扱った映画やドラマが作られたら彼が出演するのもいいかもしれませんね。 髪の毛があった若い頃 若いころの小峠英二さんには髪の毛がありました。 かなりデコが広く、将来が心配になりそうなハゲ方をしていますね。 若いころから髪が薄いタイプだったと思います。 小峠英二さんは同じくハゲ芸を売りにしているトレンディエンジェル、斎藤さんを「同じハゲとして凄いと思う。 そして 自分を「逃げのハゲ」と語っていました。 恐らく、 髪が薄いためそれを隠すためにスキンヘッドにしたのではないかと思われます。 ちなみに以前出演していたテレビ番組では高校時代の小峠英二さんが映っており、そのころは髪がフサフサだったようです。 同番組では別の写真も公開され、今では考えられないほど髪が生えていたことが明らかになりました。 この頃から愛想がいい感じなのが写真を通して伝わってきますね。 まとめ 今回わかった情報をまとめると以下のようになりました。

次の

小峠、元恋人・坂口杏里さん質問に困惑 共演者は同情「もう関係ないのに」

小峠の恋人

7月14日放送の「有田チルドレン」(TBS系)に出演したお笑い芸人・バイきんぐの小峠英二が、2世タレントのと6月末に破局していたことを認めた。 破局の理由を聞かれた小峠は、「実際に付き合い出すと、考え方だったり、価値観だったりが違うなとなったんです。 半年ぐらい付き合ったんですけど、後半はあんまり会ってもなくて」と告白。 別れ話については「話し合いだった」とし、円満な関係解消を強調していた。 坂口の逆プロポーズから始まった熱愛騒動は、昨年12月10日に坂口の部屋を訪問した小峠が交際を正式に申し込んだことからスタート。 当初から15歳の年齢差や見てくれの違いで二の足を踏んだ小峠が、肉食系女子の坂口に寄り切られる形だった。 「写真週刊誌にたびたび撮られるなど売名行為という声もあっただけに、小峠に利用価値がなくなったらポイ捨てされるのではないかと危惧されていました」(芸能記者) 小峠はデート当日に仕事を理由にドタキャンされたり、ホストクラブで豪遊したりの夜遊び三昧を見せられても、大人の余裕で不問にしてきた。 その小峠がどうしても許せなかったのが、5月13日に児童福祉法違反の容疑で逮捕された雑誌企画・芸能プロダクション「センディング」の元社長で、20代向け女性誌「jiggy」のプロデューサーだった田代仁(フィリピン国籍のベレン・オリバー・オリベッティ)容疑者との関係だったという。 女性誌記者が言う。 「坂口は自身のブログで田代容疑者との親密な関係をアピールしていた。 芸能界を目指す少女たちがその笑顔にだまされたのは、想像に難くない。 少女たちが金を巻き上げられるなど毒牙にかかるのをほう助したとも言える。 そんな男との付き合いが、小峠はどうしても許せなかった。 男を見る目がなく、甘い言葉にすぐだまされる。 ホストクラブ遊びと根っこは同じ。 そんな危なっかしい女と結婚する気は毛頭ないし、だらだら付き合っていてもマイナスイメージが増えるだけ。 (塩勢知央).

次の