プリズンブレイク シーズン5。 『プリズン・ブレイク』新作シーズン6の最新情報

プリズンブレイク・シーズン5までのキャスト一覧!死亡したのはだれ? | カイドーラ

プリズンブレイク シーズン5

2009年にオリジナルシリーズとなるシーズン4の放送が終了。 2017年には念願の新作となるシーズン5が放送され、日本でもアメリカでの放送から1週間遅れて順次放送されました。 オリジナルシリーズからは、主人公のマイケルやリンカーン、サラ、ティーバッグ、スクレ、シーノート、ケラーマンの7人が出演。 物語は最終的にハッピーエンドで終了し、久しぶりにあのキャラクターを見ることができて、ファンの多くは満足したかと思います。 そのシーズン5の放送終了直後から、すでに続編となるシーズン6の製作を望む声が多く、実際に2018年初頭、製作陣やFOX側が正式にシーズン6を製作することを発表しました。 当初は2019年に放送されると予想されていたのですが、予定が遅れてそのあと翌年2020年になってしまうと言われていましたが、さらに2020年内の放送も現段階ではないそうです。 ここでは『プリズン・ブレイク』の最新作であるシーズン6に関する情報を、噂や予想も含めて紹介していきたいと思います。 がシェアした投稿 — 2020年 1月月8日午前6時45分PST マイケル役の俳優ウェントワース・ミラーはシーズン6に関して下記のように投稿。 みんなの熱意に感謝する。 新シーズンがいつなのか検討もつかない。 また、それを決める会話に関わっていない。 プロデュース、編集、放送… とテレビ番組は時間がかかる。 2020年内にシーズン6は放送されそうにない。 私は間違ってるかもしれない。 ドラマが放送されるまでにはいくつものプロセスがあり、制作には時間が掛かります。 そして、まだ役者陣にも何の連絡もなく、撮影も始まっていない段階ですから、今年の放送はないのではないかと彼は言っています。 が、これも単なるウェントワース・ミラーの予想であり、彼自身も何も分かりませんので、最後に「間違ってるかも」と書いてあります。 dominicpurcell がシェアした投稿 — 2020年 1月月28日午後7時45分PST リンカーン役の俳優ドミニク・パーセルは、「辛抱・我慢」といったような意味の英単語を投稿。 2年くらい前から彼はこのように投稿しており、ファンは「まだかまだか」と待ちくたびれているわけですが、もちろん彼も何の情報も持っていないからには、このように投稿せざるを得ません。。。 2019年更新 当初は2018年か2019年に撮影が始まり、2019年中には放送されるのではないかと予想されていたのですが、未だに撮影も始まっていないことから、おそらく 放送は2020年になるのではないかと現在予想されています。 (撮影自体はおそらく2019年中) 遅れた原因として、リンカーン役を演じる俳優のドミニク・パーセルは「米ディズニーによる21世紀フォックスの買収が遅れている」ことが原因であることを自身のインスタグラムで投稿。 この買収のプロセスが遅れているそうで、そのため撮影も開始されていないと。 しかし、2019年3月20日午前0時2分に買収が完了しているため、おそらくもう時期撮影に入るのではないかと個人的には楽観視しています。 ドミニク・パーセルは同時に「脚本家も幹部もウェンワース・ミラー(マイケル)も自分も準備できてる」と答えており、撮影に向けて準備万端であると投稿しています。 まだFOX側から正式な発表はないですが、幹部や製作陣が撮影のGOサインを出せば、すぐにでも撮影に取り掛かると思われますので、発表までもうしばらくの辛抱です…。 そして気になることがもう1点あります。 ドミニク・パーセルが「 netflix」というハッシュタグを付けて投稿していること。 2018年の暮れにドミニク・パーセルは「Netflixがシーズン6を買う交渉をしている」と投稿しており、また、違うニュースサイトでもNetflixが過去のシーズン1〜5の権利と最新作シーズン6の放送権を買おうとしていると報じており、ひょっとするとシーズン6はこれまでのFOXではなくNetflixで配信される可能性が出てきています。 そもそも数年ぶりにシーズン5の製作が決まった理由の1つに、Netflixでの過去シーズンの視聴が放送終了から時間が経っているにも関わらず多かったというのもありますので、Netflix的には自分たちで配信したいんでしょうね。 ただ、FOX側も人気作であるがゆえに簡単に手放すとも考えられませんので…その辺は何とも言えませんね。 (FOXというかディズニー?笑) ちなみに、シーズン6は前回と同じように全9話くらいのミニシリーズになる予定。 今現在、『プリズン・ブレイク』やほかのフランチャイズ作品(24など)を復活させるという計画はないが、クリエイターたちが語るべき時だと思って脚本と一緒にやってきたら、我々は聴く準備はできている。 なぜなら、それらのフランチャイズ作品に関して、私はとても誇りに思っているし幸運をもたらすものだからだ。 2月にはすぐに制作するような旨の発言をしていたのですが、ここへきて一転し、制作の段階にはないとの発言をしています。 そしてこの発表のあと、『プリズン・ブレイク』脚本家のTwitterにて以下のように投稿されました。 Hi, Prison Breakers! Nothing is ever dead remember when Sara was decapitated? , but for now, the elusive season 6 is not in the cards. But we love you and are so grateful for all of you. — Prison Break Writers PBWritersRoom やあ、『プリズン・ブレイク』ファンのみんな。 ちょっと残念なニュースをシェアするよ(上記で紹介したCEOによる言葉)。 何もなくなってないけど、いま、シーズン6は制作される段階にはないよ。 T リンカーン役の俳優ドミニク・パーセルのつい先日の投稿を見てもそろそろ動きがあるような感じだったのですが、今回のこの発言でまったく動きがない感じだということがわかりました。 シーズン6の計画は発表されてから1年半以上が経過し、当初は2019年に放送されるのではないかと言われていましたが、これだと2020年、いや2020年以降になってしまうかもしれませんね。 とにかく今回の悲報は残念でしかありません…。 先日の、放送局FOXのCEOの発言を受けたコメントです。 何かしらの動きがあるのを首を長くして待つしかなさそうですね…。 ただし、ドミニク・パーセルの投稿からマイケル・スコフィールドとリンカーン・バローズが出るのはほぼ間違いないと思いますし、シーズン5にも登場した主要キャストもおそらくみんな登場するのではないでしょうか? マイケル・スコフィールド 主人公ということもありますし、自身のSNSでも2020年に入ってからシーズン6に関する投稿をしていることからも、登場することはほぼ確実ですね。 リンカーン・バローズ 準主役ということもありますし、度々SNSでファンに対してシーズン6に関する情報を伝えていることからも、登場は間違いないかと思います。 『プリズン・ブレイク』には2人の兄弟は必要不可欠です! サラ・タンクレディ サラは高い確率で出ると思います。 ただ懸念すべきなのが、サラ役を演じる女優のサラ・ウェイン・キャリーズがNBC局の新ドラマ『Council of Dads』で主演を務めることが決まったそうで、撮影はまだ先だそうですが、主演ということで影響があるのかどうか気になりますね。 また、夏放送予定の海外ドラマ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のシーズン5で監督としてメガホンを握ることも決まっているようですが、こちらは時期的におそらく問題ないかと思います。 シーズン5の最後に家族3人で仲良くしている光景がありましたので、シーズン6で出てこないのは不自然ですよね。 数年前に過去の性的暴行を複数の女性から告発された、ティーバッグ役を演じるロバート・ネッパーですが、あの騒動以降SNS関係は一切更新していないのですが、一応テレビドラマには2019年も2020年も引き続き出ているそうですので、おそらく出演に悪影響はないかなと思います。 フェルナンド・スクレ スクレに関しては、シーズン5で最初と最後のほうで少しだけしか登場しませんでしたので、ひょっとするとシーズン6では出番が多いのでは?と期待してしまいます。 物語の内容次第では出ると思いますが、正直出るか出ないかは微妙なところです…。 リンカーン役のドミニク・パーセルは、スクレ役を演じている俳優のアマウリー・ノラスコが投稿したバイクに乗っている写真を引用して「シーズン6のために鍛えてるな」という旨の投稿をしています。 シーノート シーノートに関しては、シーズン5で結構登場シーンは多く活躍してましたから、シーズン6には登場しないのではないかと予想します。 ただ、過去シーズンに登場している7人は登場する可能性が高いことから、彼も登場するかもしれませんね。 物語次第ということでしょうか・・・。 シバ シバに関しては、ある英語圏のニュースサイトが登場するようなニュアンスで記事を書いていましたし、シーズン5の最後でリンカーンと仲良くしていたことから、リンカーンの恋人役として出る確率は結構高いと思います。 アレクサンダー・マホーン シーズン5には登場しなかったものの、多くのファンが待ち望んでいるのがアレクサンダー・マホーンですが、日本のファンのみならず、本国アメリカのファンもマホーン好きは多いようで、新作シーズン6での登場が期待されています。 また、SNS上でファンからの「ケラーマン、マホーン、ソフィアを復活させて!」という投稿に返信する形で、一言だけ「マホーン」と投稿しました。 ただ、脚本家のポール・シェアリングがファンからの「シーズン6では誰が見たい?」という質問に対して、「マホーン」と回答したのに対し、その会話にケラーマン役を演じている俳優のポール・アデルスタインが入ってきて、「えへん!(咳払い)」と呟きました。 そして、ポール・シェアリングは返信する形で「あなたをもう一度殺すことができる」と返答しています。 ですので、登場するかどうかに関しては非常に難しいところ。 個人的には出ないのではないかと思います。 LJ(リンカーンの息子) 個人的には登場はないとは思いますが、ドミニク・パーセルは自身のインスタグラムに、息子LJとリンカーンが一緒に写っている写真を載せ、そこに「シーズン6」のハッシュタグを付けて自身のSNSに投稿したことがあります。 意味深ではありますが、これを投稿したのはまだだいぶ早い段階ですので(数年前)、ドミニクが「再び共演したいから登場させて!」と脚本家に対してSNS上で訴えているようにもとれます…。 物語の内容にもよりますが、彼が出る可能性は低いと個人的には思いますね。 ジョン・アブルッチ 以前「アブルッチが次回作には登場する」なんていう噂もありましたが、個人的には彼が出ることは高い確率でないと思います。 シーズン2で明らかに銃で撃たれて死んだシーンが映っていましたので…。 2018年3月11日に脚本家のポール・シェアリングはTwitterで1話目の脚本が書き終えたことを報告しており、あれからもう1年以上が経過しているため、脚本のほうはもうとっくに完成していると思われます。 まだ何も漏れ伝わってきていませんが、脚本家曰く「はじめに戻る」と答えていることから、つい「フォックス・リバー刑務所でも出てくるのか?」とか色々考えてしまいます。 (何がはじめに戻るのか不明なので、何とも言えませんが…) 気になるのはドミニク・パーセルが「フォックスリバー(刑務所)に戻る」と書いているため、本当にフォックス・リバー刑務所が再び舞台になるのではないかとも勘ぐってしまいます。 エピソード数はミニシリースということで、おそらくシーズン5と同様で全9話ほどになると思われます。 『プリズン・ブレイク』はこれまでシーズン3ではパナマを舞台にし、シーズン5ではイエメンを舞台にして物語を展開してきました。 ですので、新作もどこかアメリカ以外の国が舞台になる可能性は十分高いと思います。 が、はじめに戻るということを考えれば、アメリカ国内が妥当ではないかとも思いますね。 新世代がメイン!? あるニュースサイトによると、どうやらシーズン6は新世代(のメンバー)がメインで描かれるのではないかとの情報があります。 マイケルやリンカーンなど旧メンバーももちろん参加しますが、彼らがメインというよりも新世代のメンバーを手助けするために登場するのではないかと記事には書かれています。 マイケルとサラの一緒に過ごすシーン ファンから「シーズン6ではサラとマイケルが夫婦として一緒に過ごすシーンをもっと見たい!」と尋ねられた脚本家は、「うん、もちろん!ただ、すべてが順調にいくわけではないことは知っといてね」と答えています! 確かにシーズン5ではあまり絡むシーンが見れなかったので、今度は息子マイクも含めて家族で仲良くしているシーンを見たいですね。 マイケルがCIAのオファーを受け入れる? 米国のあるニュースサイトによれば、シーズン6の内容に関して、シーズン5の最後CIAからオファーを受けたマイケルは、シーズン6ではそのオファーを受け入れて協力するのではないか、と推測しています。 まぁ、シーズン5とは全く違う内容になると思いますので、おそらくこの案はないと思います! トラウマで普通の生活に奮闘する 晴れて妻サラと息子マイクと再会して家族団欒の日々が待っているのかと思いきや、マイケルは過去の出来事のトラウマで普通に生活するのが難しい… とある記事には書かれています。 画像: The Best Break 2018 新作シーズン6はどこで配信されるのかは不明です。 これまでは米国のFOXが放送していましたので、日本でもFOXチャンネルで放送し、複数の動画配信サイトでも配信していました。 ところが、この度FOXが買収されディズニーになったということで、一体どうなるのかはわかりません。 また、Netflixも権利を買う…. なんて言われていますから、ひょっとするとNetflixで配信になる可能性もあります。 もし米国でNetflixで配信されたなら、おそらく日本でもNetflixで配信されると思われます。

次の

【プリズンブレイクシーズン5】あらすじ・ネタバレ

プリズンブレイク シーズン5

プリズン・ブレイク ジャンル アクション スリラー サスペンスドラマ 監督 出演者 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 PRISON BREAK Season1 放送期間 2005年8月29日 - 2006年5月15日 放送時間 月曜日20:00 - 21:00 放送分 43分 回数 22 PRISON BREAK Season2 放送期間 2006年8月21日 - 2007年4月2日 放送時間 月曜日20:00 - 21:00 放送分 43分 回数 22 PRISON BREAK Season3 放送期間 2007年9月17日 - 2008年2月18日 放送時間 月曜日20:00 - 21:00 放送分 43分 回数 13 PRISON BREAK The Final Season 放送期間 2008年9月1日 - 2009年5月15日 放送時間 月曜日21:00 - 22:00 放送分 43分 回数 22 PRISON BREAK The Final Break 放送期間 2009年5月24日 PRISON BREAK Season5 放送期間 2017年4月4日 - 2017年5月30日 放送時間 木曜日21:00 - 22:00 回数 9 『 プリズン・ブレイク』(Prison Break)は、の製作で、世界各国で放映されている()である。 アメリカでの本放送はに開始し以降シーズン4まで放送 、5月24日放送のファイナル・ブレイクで完結したが 、2017年に9話構成の新シリーズを放送。 概要 [ ] 最初にFOXテレビで企画に上がったのは。 、、のような脱獄ものをドラマでやりたいと希望したが [ ]、FOXテレビがこの長期化しそうなシリーズに不安を感じ、棚上げとなった。 その後、全10話程度の短い期間のシリーズドラマとしてや等が興味を示したが、実現されなかった。 に『』や『』のようなテレビドラマシリーズが大好評を得たことでFOXネットワークは方向転換し、製作に入った。 FOXは、アメリカ国内で大規模なキャンペーンを展開し、初回プレミア放送で1,050万の視聴者を獲得した。 初日は第1話と第2話連続で放映し、その週の調査ではアメリカにおいて7番目の視聴率だった。 毎週平均1,000万人の視聴者を集めていて、秋のアメリカ新番組をリードした。 夏期月曜枠ドラマでは『』や『』等の人気作品以来のヒット作品で、9月以来の成功作となった。 また、日本では『24 -TWENTY FOUR-』や『LOST』と並び『三大海外ドラマ』のひとつといわれる。 当初は13のエピソードのみ計画されたが、その人気により9つのエピソードが追加された。 アメリカでは最初の13のエピソードは8月から同年11月まで放映し、残り9つは3月から同年5月まで放映された。 物語はさらに続き、シーズン7まで製作される予定だった。 しかし、若者のテレビ離れが加速したことと、脚本の無理な引き延ばしをしたことによって、視聴者数はシーズン1から減り続けており、 以降のシーズン4の平均視聴者数は500万人とシーズン1(1210万人)の半分以下を記録、、 はシーズン4での打ち切りを発表した。 他のドラマは現実と同じ年数で経過することが多いが、本作では第1シーズン1話目から第4シーズン終盤の事件解決までは数か月以内の出来事に収まっている設定。 シーズン1の撮影はのでのロケがメインで行われている。 オーストラリアでは、民放テレビ局であるでも大きな宣伝活動を背景にに放映された。 209万人の視聴者をピークに平均194万人視聴者を獲得している。 日本では、5月11日より発売・レンタルが開始され、同年10月より日本テレビ系列24局(放送時間は各局別)で放送開始となった。 2011年から翌年にかけては、アメリカでの『ブレイクアウト・キング』が放送された。 あらすじ [ ] 詳細は「」を参照 物語の前半では、ホームランドセキュリティのエージェント、ドンセルフの指示の下、マイケルらは、カンパニーから「 Scylla 」と呼ばれるデータカードを奪うため、カンパニー幹部メンバーが持つデータカードをひとつずつ盗んでいく。 スキュラの獲得成功後、ドンセルフが、スキュラを売るためにマイケル達を利用していたことが判明。 スキュラを失ったカンパニーは、脳の病気を患っていたマイケルを治療する代わりに、リンカーン達にスキュラの奪還を命じた。 スキュラを巡る争いには、以前カンパニーのメンバーだったマイケル達の母親がカンパニーの敵として登場。 争いの中、スキュラは、再生可能なエネルギー技術のデータであることが分かる。 最後にマイケル達は、スキュラの奪還に成功し、カンパニーや母親に渡すことなく、全員無罪放免となることとなる。 4年後、死去したマイケルの墓を仲間たちが訪れたところで物語は幕を閉じる。 ファイナル・ブレイク [ ] 詳細は「」を参照 物語は、ファイナル・ブレイクのラストシーンで、マイケルが亡くなった7年後から始まる。 ある日、フォックスリバー刑務所からティーバッグが出所する。 その際、看守から手渡された封筒には、マイケルの写真が入れられていた。 リンカーンはティーバッグから写真を入手し、シーノートの協力を得て、マイケルがイエメンの『オギュギア刑務所』に収監されていることを知る。 一方ティーバッグは謎の人物"オウティス"から筋電義手の手術を受ける。 リンカーンは事実を確かめるため、シーノートと共にイエメンに向かう。 そこは過激派組織によるテロが頻発する、内戦で崩壊寸前の国だった。 中東を舞台に新たな脱獄が始まる。 登場人物(キャスト) [ ] 詳細はそれぞれの役名を、他の登場人物は「」を参照 演:、吹替: 元建築。 死刑執行を待つ無実の兄を助けるため、全身に刑務所の地図を模したタトゥーを入れている。 演:、吹替: マイケルの兄。 喧嘩っぱやく直情的だが弟や息子との絆を大切にしている。 演:、吹替: 州知事の愛娘で、フォックスリバー刑務所の女性医師。 演:、吹替: 気のいい人。 刑期は5年。 マイケルの同房者。 "C-note" とはが描かれた『100ドル紙幣』を意味するスラング。 演:、吹替: フォックスリバー刑務所刑務長で、所内の実質的な管理者。 演:、吹替: レイノルズ副大統領の専属として15年付き従う、のエージェント。 演:、吹替: 脱獄犯「フォックスリバー8」追跡捜査の指揮を執るの敏腕捜査官。 エピソード一覧 [ ] シーズン一覧 [ ] シーズン エピソード 米国での放送日 初回 最終回 22 2005年8月29日 2005-08-29 2006年5月15日 2006-5-15 22 2006年8月21日 2006-08-21 2007年4月2日 2007-4-2 13 2007年9月17日 2007-09-17 2008年2月18日 2008-2-18 24 2008年9月1日 2008-09-01 2009年5月15日 2009-5-15 9 2017年4月4日 2017-04-04 2017年5月30日 2017-5-30 シーズン1 (2005年 - 2006年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 1 1 Pilot 2005年8月29日 2005-08-29 1,051 2 2 Allen Michael W. End of the Tunnel Sanford Bookstaver 2005年11月28日 2005-11-28 1,218 14 14 密告者 The Rat 2006年3月20日 2006-03-20 928 15 15 計画変更 By the Skin and the Teeth Fred Gerber 2006年3月27日 2006-03-27 1,007 16 16 フォックスリバーへの道 Brother's Keeper 2006年4月3日 2006-04-03 810 17 17 J-CAT J-Cat 2006年4月10日 2006-04-10 812 18 18 ブラフ Bluff ジェイス・アレクサンダー 2006年4月17日 2006-04-17 818 19 19 鍵 The Key 2006年4月24日 2006-04-24 863 20 20 トゥナイト Tonight ボビー・ロス 2006年5月1日 2006-05-01 854 21 21 壁の向こうへ… Go Dean White 2006年5月8日 2006-05-08 913 22 22 脱出! Flight ケヴィン・フックス 2006年5月15日 2006-05-15 1,024 シーズン2 (2006年 - 2007年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 23 1 Manhunt 2006年8月21日 2006-08-21 937 24 2 オーチス Otis 2006年8月28日 2006-08-28 944 25 3 スキャン Scan 2006年9月4日 2006-09-04 929 26 4 罠の代償 First Down ボビー・ロス 2006年9月11日 2006-09-11 896 27 5 ダブルK農場 Map 1213 Peter O'Fallon 2006年9月18日 2006-09-18 955 28 6 再会 Subdivision Eric Laneuville 2006年9月25日 2006-09-25 841 29 7 埋蔵金 Buried 2006年10月2日 2006-10-02 899 30 8 デッド・フォール Dead Fall 2006年10月23日 2006-10-23 853 31 9 シークレット・ガーデン Unearthed ケヴィン・フックス 2006年10月30日 2006-10-30 894 32 10 めぐり逢い Rendezvous 2006年11月6日 2006-11-06 863 33 11 ボリショイ・ブーズ Bolshoi Booze 2006年11月13日 2006-11-13 921 34 12 家族の肖像 Disconnect 2006年11月20日 2006-11-20 962 35 13 反撃開始! Brown 2008年10月6日 2008-10-06 537 65 8 代償 The Price ボビー・ロス 2008年10月20日 2008-10-20 545 66 9 大いなる成就 Greatness Achieved 2008年11月3日 2008-11-03 523 67 10 レジェンド The Legend 2008年11月10日 2008-11-10 538 68 11 賽は投げられた Quiet Riot ケヴィン・フックス 2008年11月17日 2008-11-17 552 69 12 セルフレス Selfless Michael Switzer 2008年11月24日 2008-11-24 525 70 13 裏切りの応酬 Deal or No Deal ボビー・ロス 2008年12月1日 2008-12-01 584 71 14 取引の極意 Just Business 2008年12月8日 2008-12-08 540 72 15 記憶の中で Going Under カレン・ガヴィオラ 2008年12月15日 2008-12-15 537 73 16 マイアミ The Sunshine State ケヴィン・フックス 2008年12月22日 2008-12-22 498 74 17 母 The Mother Lode Jonathan Glassner 2009年4月17日 2009-04-17 334 75 18 VS VS. ドワイト・H・リトル 2009年4月24日 2009-04-24 306 76 19 S. Garry A. 内容は、 プリズン・ブレイク第7話までのストーリーの要約や特別のエピソード、主な出演者による解説であった。 ウェントワース・ミラーおよびドミニク・パーセルは「彼らの役であるマイケル・スコフィールドとリンカーン・バローズの関係」や「マイケルの計画に不可欠なタトゥーに」ついて語った。 ロバート・ネッパー、ピーター・ストーメアおよびウェイド・ウィリアムズはそれぞれ「ティーバッグ、アブルッチおよびベリックの悪党としての役割」。 アマウリー・ノラスコ、ステイシー・キーチおよびミューズ・ワトソンは「良き仲間としての役割」。 ロビン・タニーおよびサラ・ウェイン・キャリーズは「ベロニカ・ドノバンおよびサラ・タンクレディーとしての役割」。 マーシャル・オールマンは「LJおよび家族の愛」を語った。 各キャストは実際に存在する刑務所で撮影する重要性を強調し、将来のエピソード上の予測を語った。 The Road to Freedom [ ] これもアメリカでの話であるが、シーズン2第13話終了後のに特別編" The Road to Freedom"を放映した。 内容は、シーズン2の第1話から第13話までのストーリーの要約や特別のエピソードである。 今回も主な出演者のインタビューがあり、シーズン2で初登場のマホーン役であるや、人気急上昇のヘイワイヤー役であるも登場している。 Access All Areas [ ] アメリカでは、シーズン3第2話の放送前日、に特別編" Access All Areas"を放映した。 演出 [ ] ロケ地 [ ] シーズン1で主なロケ地となった プリズン・ブレイクのシーズン1のほとんどはの中で撮影された。 外部の場面は、の、及び近郊地域で撮影された。 他では、、の・等があった。 シーズン2の撮影はに・で再開した。 スタッフ [ ]• 製作総指揮 -• 製作 -• 製作 -• 製作 -• 製作 -• 製作 -• 撮影 -• 音楽 -• 編集 - 挿入曲の一覧 [ ] シーズン1 [ ] 各話 邦題 曲 2 アレン• "Willing To Die" by Black Toast Music• "This Is War" by Black Toast Music 5 イングリッシュ、フィッツ、パーシー• "Orange Sky" by 6 7 8 悪魔の孔part1 悪魔の孔part2 ルート66• "Nine Thou" by 11 七人の壁• "Sweet Emotion" by• "After Dark" by Tito and the Tarantulas 13 決行!• "The Outsider" by 18 ブラフ• "Share The Land" by 20 トゥナイト• "Teardrop" by シーズン2 [ ] 各話 邦題 曲 3 25 スキャン• "Hush" by 4 26 罠の代償• "" by 5 27 ダブルK農場• "Under the Milky Way Tonight" by 6 28 再会• "Sirtaki" by 8 30 デッド・フォール• "Roll on big mama" by 10 32 めぐり逢い• "Walking on Sunshine" by 11 33 ボリショイ・ブーズ• "The Only Hell My Mama Ever Raised" by 16 38 シカゴへ…• "Give Me Just a Little More Time" by• "Home" by シーズン3 [ ] 各話 邦題 曲 1 45 ようこそジャングルへ• "Pas Le Temps" by 4 48 フェンス• "Shocking Blue" by 8 52 強行突破• "Don't Fear the Reaper" by 10 54 裏切り者に死を• "Put 'Em In Their Place" by 13 57 駆引きの行方• 贈収賄などが横行し腐敗している。 マイケルは、改修工事の際ここの設計に携わった。 カンパニー マイケルと敵対している組織。 その規模は巨大で、各界の重鎮や資産家等もメンバーであり、それとは別の工作員も多数抱えている。 データ 組織の録音データで、リンカーンをハメた証拠となる品。 ダブルK農場 ウエストモアランドが500万ドルを埋めたとされるトゥエレにある農場。 ゴシキヒワ・ドット・ネット フォックスリバー刑務所を脱獄後に、マイケルたちが連絡を取り合ったの。 SONA刑務所 シーズン2の終盤に登場し、シーズン3の舞台となるの刑務所で、かつての暴動以来看守がいない真の無法地帯。 リーダー格の囚人・麻薬王ルチェロが仕切っている。 実在したブラジル・のがモデルとされている。 鳥の本 ウィスラーが持っている鳥の図鑑。 何か重要なことを示す暗号が書かれているらしいが・・・。 スキュラ ファイナル・シーズンにて争奪されるキーアイテム。 当初は組織の機密情報だと思われたが・・・。 GATE社 ティーバッグがコール・ファイファーの名を騙り潜入した会社。 デイド刑務所 サラ、グレッチェン、ティーバッグ、クランツが収監されたの刑務所。 この節のが望まれています。 賞 [ ] 受賞 [ ]• 2006• お気に入りの新しいテレビドラマ ノミネート [ ]• 2006• 作品賞• 主演男優賞 -• 2006 エディー賞• 民放テレビでベストな編集の1時間シリーズ番組 - (第1話 Pilot)• 2006 サターン賞• 主演男優賞(テレビ部門) -• 作品賞(テレビ部門)• 2006 テレビ批評家協会賞 Award• 作品賞• 2006 (プライムタイム・エミー賞) Award• メインタイトルテーマ部門 - ラミン・ジャワディ• 2006 サテライト賞• 助演男優賞(テレビ部門) - T-bag リリース [ ] DVD [ ] シーズン1• 2006年 05月11日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 1 FOX 第1話・第2話収録• 2006年 06月16日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 2〜7(DVDコレクターズ・ボックス1) FOX 第3話〜第13話収録• 2006年12月16日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 8〜12(DVDコレクターズ・ボックス2) FOX 第14話〜第22話収録• 2007年 04月27日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) FOX 第1話〜第22話収録• 2010年 05月28日 プリズン・ブレイク シーズンI(DVDコンパクト・ボックス) FOX 全話収録• DVDレンタル開始日• 2006年 05月11日 vol. 1〜3(第1話〜第6話)• 2006年 06月 02日 vol. 4〜5(第7話〜第10話)• 2006年 06月16日 vol. 6〜7(第11話〜第13話)• 2006年12月 02日 vol. 8〜10(第14話〜第19話)• 2006年12月16日 vol. 11〜12(第20話〜第22話) シーズン2• 2007年6月 02日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 1〜7(DVDコレクターズ・ボックス1) FOX 第1話〜第13話収録• 2007年9月14日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 8〜12(DVDコレクターズ・ボックス2) FOX 第14話〜第22話収録• 2008年7月 02日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) FOX 第1話〜第22話収録• 2010年8月 04日 プリズン・ブレイク シーズンII(DVDコンパクト・ボックス) FOX 全話収録• DVDレンタル開始日• 2007年5月 02日 vol. 1〜2(第1話〜第4話)• 2007年5月19日 vol. 3〜4(第5話〜第8話)• 2007年6月 02日 vol. 5〜7(第9話〜第13話)• 2007年8月 04日 vol. 8〜10(第14話〜第17話)• 2007年8月25日 vol. 11〜12(第18話〜第22話) シーズン3• 2008年8月13日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 1〜7(DVDコレクターズ・ボックス) FOX 第1話〜第13話収録• 2010年8月 04日 プリズン・ブレイク シーズンIII(DVDコンパクト・ボックス) FOX 全話収録• DVDレンタル開始日• 2008年7月 02日 vol. 1〜3(第1話〜第6話)• 2008年7月16日 vol. 4〜5(第7話〜第10話)• 2008年8月13日 vol. 6〜7(第11話〜第13話) シーズン4(ファイナル・シーズン)• 2009年 06月3日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 1〜6(DVDコレクターズ・ボックス1) FOX 第1話〜第11話収録• 2009年12月2日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 7〜12(DVDコレクターズ・ボックス2) FOX 第12話〜第22話収録• DVDレンタル開始日• 2009年 05月2日 vol. 1〜3(第1話〜第6話)• 2009年 06月3日 vol. 4〜6(第7話〜第11話)• 2009年 09月2日 vol. 7〜8(第12話〜第15話)• 2009年10月2日 vol. 9〜10(第16話〜第19話)• 2009年11月6日 vol. 11〜12(第20話〜第22話) ファイナル・ブレイク• 2010年2月3日 プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク FOX• DVDレンタル開始日• 2010年2月3日 ファイナル・ブレイク Blu-ray [ ] シーズン1 2008年 07月 02日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 1〜6 BOX FOX 第1話〜第22話収録 シーズン2 2009年12月18日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 1〜6 Blu-ray BOX FOX 第1話〜第22話収録 シーズン3 2009年12月18日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 1〜4 Blu-ray BOX FOX 第1話〜第13話収録 シーズン4(ファイナル・シーズン) 2009年12月18日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 1〜6 Blu-ray BOX FOX 第1話〜第22話収録 ファイナル・ブレイク 2010年 02月 03日 ファイナル・ブレイク FOX CD [ ]• 2007年10月13日 プリズン・ブレイク オリジナル・TV・サウンドトラック ノベライズ [ ] いずれも訳。 本編と比較すると時系列や脇役の名前などが異なっていることがある。 シーズン1• 2006年 05月11日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 1()• 2006年 06月 08日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 2(竹書房)• 2006年12月 02日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 3(竹書房)• 2006年12月12日 プリズン・ブレイク シーズンI vol. 4(竹書房) シーズン2• 2007年 04月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 1(竹書房)• 2007年 05月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 2(竹書房)• 2007年 06月26日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 3(竹書房)• 2007年 07月25日 プリズン・ブレイク シーズンII vol. 4(竹書房) シーズン3• 2008年 06月19日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 1(竹書房)• 2008年 07月10日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 2(竹書房)• 2008年 07月30日 プリズン・ブレイク シーズンIII vol. 3(竹書房) シーズン4(ファイナル・シーズン)• 2009年 04月23日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 1(竹書房)• 2009年 05月28日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 2(竹書房)• 2009年 08月27日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 3(竹書房)• 2009年 09月30日 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン vol. 4(竹書房) 公式ガイドブック [ ]• 2007年 06月26日 プリズン・ブレイクFBI捜査ファイル(竹書房)• 2009年12月 02日 PRISON BREAK 舞台裏の真実 AC Books 脚注 [ ] []• 2009年5月1日. 2016年3月27日閲覧。 2009年9月22日. 2016年3月27日閲覧。 クランクイン! 2016年5月17日. 2016年5月19日閲覧。 海外ドラマNAVI 2016年5月18日. 2016年5月19日閲覧。 HotTrash. com 映画ニュース 2011年1月6日• 2008年3月26日. 2016年3月27日閲覧。 2009年1月15日. 2016年3月27日閲覧。 The Futon Critic. 2017年3月7日閲覧。 Medianet 2005年9月7日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年9月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年9月20日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年9月27日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年10月4日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年10月11日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月1日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月8日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月15日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月22日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年11月29日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2005年12月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年3月28日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年4月4日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年4月11日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年4月18日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年4月25日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年5月2日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年5月9日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年5月16日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年5月23日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年8月29日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月12日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月19日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月26日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月3日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月10日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月31日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月7日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月14日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月21日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月28日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年12月5日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年1月30日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月27日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月27日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年4月3日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年4月10日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年9月25日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年10月2日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年10月9日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年10月16日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年10月30日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年11月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年11月20日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2008年1月23日. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年1月22日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年2月6日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2008年2月20日. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年2月19日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年9月10日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年9月17日. TV by the Numbers. 2012年1月26日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年9月23日. TV by the Numbers. 2012年1月24日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年9月30日. TV by the Numbers. 2012年1月27日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年10月7日. TV by the Numbers. 2010年11月21日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Gorman, Bill 2008年10月14日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年10月29日. TV by the Numbers. 2011年2月8日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月11日. TV by the Numbers. 2012年1月28日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月18日. TV by the Numbers. 2012年1月24日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月25日. TV by the Numbers. 2012年1月30日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月3日. TV by the Numbers. 2012年1月28日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月9日. TV by the Numbers. 2012年1月26日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月16日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月23日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月30日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年4月21日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年4月28日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年5月6日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年5月12日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Seidman, Robert 2009年5月19日. TV by the Numbers. 2010年1月26日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月5日. TV by the Numbers. 2017年4月5日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月12日. TV by the Numbers. 2017年4月12日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月19日. TV by the Numbers. 2017年4月19日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月26日. TV by the Numbers. 2017年4月26日閲覧。 Porter, Rick 2017年5月3日. TV by the Numbers. 2017年5月3日閲覧。 Porter, Rick 2017年5月10日. TV by the Numbers. 2017年5月10日閲覧。 Porter, Rick 2017年5月17日. TV by the Numbers. 2017年5月17日閲覧。 The Futon Critic. 2017年5月3日閲覧。 The Futon Critic. 2017年5月10日閲覧。 関連項目 [ ]• (英語)• (英語)• (英語)• (英語) 外部リンク [ ]• - (日本語)• - (日本語)• 20世紀フォックス オフィシャルサイト• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• - プレイリスト•

次の

【プリズンブレイクシーズン5】あらすじ・ネタバレ

プリズンブレイク シーズン5

フォックス・リバー刑務所からマイケルたちは逃げ出しました。 FBIのマホーン捜査官が脱獄囚のことをマスコミで発表、マイケルたち8人は、フォックス・リバー8と呼ばれるようになります。 モルヒネの過剰摂取から意識を失っていた女医サラが回復し、FBIの捜査官から脱獄を手伝ったのか、マイケルとの関係など様々な質問をうけます。 一緒に脱獄予定だったウェストモーランドは脱獄寸前で死亡。 死ぬ直前に彼は、マイケルにユタ州に五億円の大金を埋めたと伝えます。 FBI捜査官のマホーンは、リンカーンの息子LJをマイケルとリンカーンをおびき出すのに利用。 LJ救出計画は失敗し、その途中でリンカーンは脚にひどいけがをします。 LJは結局アリゾナの刑務所に移送されることに決定しました。 リンカーンのケガの手当てをするために、マイケルは二カ 刑務所の外から怪しまれずに物資調達ができる面会人の必要なマイケルは、彼女と偽装結婚をしています。 )の家をたずねます。 マイケルとリンカーンは、逃走用に使っていた車を爆破し、死亡したかのように工作しました。 脱獄幇助の罪に問われ逮捕されたサラを、彼女の父が保釈し、彼女は麻薬中毒から立ち直る会に参加することなります。 賞金稼ぎのベリックとギアリーの二人は、マイケルとリンカーンを追跡し始めました。 マイケル、リンカーン、ニカの三人は、ベリックとギアリに待ち伏せされ捕まってしまいます。 ベリックは、ウェストモランドがユタ州に隠した大金のことを知っており、金をもらうというのです。 ニカの機転でマイケルとリンカーンは難を逃れ、再びユタ州へ向かいました。 マイケルとリンカーンが、ウェストモランドの農場に向かう途中、トウィーナーに出会い、ティバッグが金のありかの地図を持っていると知ります。 ティバッグは地図を記憶し、食べてしまいます。 そして、マイケルとリンカーンに、金を探し出すのを協力するので、分け前が欲しいというのです。 マイケルたちが指定された場所につくと、かつてサイロがあった場所は分譲住宅地となっていました。 マイケル、リンカーン、ティバッグとトゥイーナーは、ウェストモランドの金を探します。 その途中思いがけずスクレとシーノートに出会います。 彼らは、金が隠された上に建った住宅を見つけ出し、電気修理工のふりをして近づきます。 リンカーンは、マイケルにLJを探しにアリゾナに行くと伝えます。 マイケル、シーノート、ティバッグは、ウェストモランドの金の位置を探し出しました。 しかし、スクレは、マイケル、シーノート、ティバッグを脅し、金を全部奪い逃げ去りました。 スクレは金を持ち逃げした後、残った者は別行動することに。 そのあとすぐ、森でマイケルとスクレは落ちあいました。 これはマイケルの計画の一部でした。 しかし、金を四等分するためにカバンをあけても金はありません。 ティバッグがカバンすり替えていたのです。 ベリックとギアリは、ティバッグが金を盗んだことを知り、追いかけ始めました。 サラは、裏組織カンパニーに追いかけられていました。 マホーンはトウィーナーの不審死のために、内部調査にかけられます。 そして、彼が裏組織カンパニーから、フォックスリバー8を殺害するように脅されていたことが暴露するのです。 サラは、マイケルが渡してくれた数字の謎をとき、マイケルの指定した場所に到着しますが、マホーンとシークレットサービスの捜査官ケラーマンにつけられていました。 証拠不十分で釈放されたLJとリンカーンは、会うことに成功するのですが、再び警察に捕まります。 ベリックとギアリがウェストモランドの金を発見しますが、ギアリがベリックを意識がなくなるほど打ちのめし、すべてを奪い去ります。 マイケルとサラは、一時の密会を楽しみますが、マホーンが到着し、彼らの再会を邪魔しました。 逃走後、サラはマイケルから去ろうとし、ケラーマンに捕まってしまいます。 リンカーンとLJは、リンカーンの父アルドによって警察から助け出されます。 アルドは、リンカーンに彼らを殺そうとしている裏組織カンパニーから逃れることができるだけの情報を集めたと伝えます。 アルドとリンカーンは、マイケルとの待ち合わせの場に向かいました。 ティバッグはギアリを殺害し、金を再度奪って逃げます。 ケラーマンは、サラを虐待しマイケルとリンカーンがどこにいるか、つきとめようとします。 マホーンは、マイケルとリンカーンが、ボリショイ・ブーズで落ち合うことを突き止めました。 サラは、ケラーマンから逃れ、裏組織カンパニーにケラーマンのことを通報します。 報告をうけてカンパニーの工作員で、シークレットサービスでもあるキムが、政府の記録から、ケラーマンを抹消しはじめます。 マイケルはアルドとリンカーンに会います。 アルドは、カンパニーについてマイケルに説明し、サラを見つけ出すように言います。 マホーンがマイケルたちの居場所に現れ、銃撃戦となります。 アルドが撃たれ、それがもとでのちに死亡します。 マホーンはマイケルとリンカーンを追跡します。 あと一歩で彼らを射殺できるところまでおいつめたのですが、国境警備隊に彼らを逮捕され命拾いをします。 カンパニーのスパイでありシークレットサービスの捜査官でもあるキムがマホーンに圧力をかけて二人を殺せといいます。 そこにケラーマンからキムに電話がかかってきます。 マイケルとリンカーン殺害を手伝うというのです。 マイケルとリンカーンが乗った車は不審なトレーラーに行く手を阻まれます。 このチャンスをいかしてマイケルとリンカーンは逃亡。 ケラーマンはカンパニーを裏切り、マホーンを撃ち傷をおわせていました。 その傷から、マホーンは回復し、キム捜査官に、もう裏組織カンパニーのために働きたくないと伝えます。 しばらくして、マホーンは、彼の息子が車の事故にあったと知らせをうけます。 マイケル、リンカーン、ケラーマンはモンタナに行き、ステッドマンを探します。 モンタナには、リンカーンが射殺したことになっているステッドマンが軟禁状態で生きているはずなのです。 彼の生存はリンカーンの無実の証明になるとマイケルは考えました。 サラはマイケルとリンカーンとシカゴに向かう列車で再会。 彼女は、彼らからケラーマンと一緒にいると聞き、ケラーマンを殺そうとしますが、マイケルに止めに入られます。 マイケルはサラへの気持ちを認め、二人は恋人同士の関係になりました。 ベリックの面会にきたマホーンが、新しい所長が、非公式な形になりますが、ベリックの殺人罪の罪をなんとかするかわりに、脱獄犯を見つけて欲しいと伝えます。 マイケルとサラはポープ所長に助けを求め、リンカーンの無実をはらすために、ステッドマンとレイノルズ大統領の会話を録音した音声ファイルを盗んできてもらうように頼みます。 キム捜査官は、ポープ所長の誘拐を試みるも、マイケルに阻止されました。 リンカーン、マイケル、サラは、アルドの同僚であった元副司法長官のクーパー・グリーンに、リンカーンの無実をはらすために、連絡を取ります。 グリーンは、音声ファイルは、ステッドマンの死ぬ前に録音されたといわれればどうにもできないが、レイノルズ大統領にとっては、公表してほしいことでないので、なんとか恩赦をとりつけるようにしようと話します。 マイケルは、音声ファイルを使いレイノルズ大統領と取引をします。 大統領は、リンカーンとマイケルを恩赦にすることに同意。 しかし、裏組織カンパニーは、同じ音声ファイルを利用し、大統領に辞任するよう脅していました。 ティバッグとベリックが搭乗していた飛行機はメキシコにつき、ティバッグは、空港でウェストランドの大金がはいったカバンを受け取ろう荷物預り所にいくも、そこにはベリックが立っていてカバンを受け取ることができません。 ベリックはスクレを捕獲したまま、マホーンのもとへ連れて行こうとしましたが、スクレはベリックに金のありかを教える代わりに助けるように頼みます。 ようやく金を得たティバッグを、ベリックとスクレが追跡していました。 サラは、マイケルとリンカーンをパナマへ逃がすためにFBIに捕まります。 シーノートは、自由になるかわりに、マホーンについて法廷で証言することを約束しました。 シーノートは、妻ケーシーと娘と再び暮らせるようになります。 ティバッグは、再び警察につかまり、マイケルは金を取り戻し、クリスティーナローザと名付けられた船に向かいます。 マホーンは、マイケルにリンカーンを拉致していることを告げ、リンカーンの解放と引き換えに、船と金を要求します。 ケラーマンの証言はサラとリンカーンを自由の身にしました。 サラはパナマに向かいマイケルとリンカーンに再会、そのことを伝えます。 捜査官キムが現れ、マイケルとリンカーンを捕まえようとするも、サラによって射殺されました。 裏組織カンパニーの陰謀により逮捕されたマイケル。 マイケルに要求した船に麻薬が隠してあり、麻薬所持で逮捕されるマホーン。 ティバッグの画策によるギアリ殺人容疑のベリック。 殺人罪で捕まるティバッグ。 彼らはソナ刑務所に送られることが決まりました。 新証言によりリンカーンは無実となりました。 しかしマイケルは、裏組織カンパニーの陰謀によって、パナマの刑務所ソナに収容されることになりました。 面会にきたリンカーンから、マイケルはLJとサラが拉致されたと聞きます。 裏組織カンパニーの一員スーザン 別名グレッチェン)がマイケルに、ソナ刑務所にいるジェームズ・ウィスラーなる囚人を見つけ出し脱獄すると、人質を解放すると脅してきます。 与えられた時間はたったの1週間でした。 マイケルはサラと電話で暗号を使って会話、サラがどこに捕まっているのかを突き止めます。 リンカーンがLJとサラを助けるためにいくのですが、二人は連れ去られてしまい、助けることができませんでした。 リンカーンはマイケルに脱獄するしか二人を助ける方法がないと説き伏せます。 マイケルはウィスラーを探し始めます。 ウィスラーは、パナマ市長の息子殺害の罪で逮捕されているらしく、皆が彼を探していることを知ります。 ウィスラーの居場所はベリックが知っていて、マイケルは言われた通り地下のトンネルでウィスラーに接触します。 ウィスラーと安全に脱獄する方法が見つからないまま、マイケルはティバッグの弱みをつかみ、レチェロから携帯を一時的に盗むよう脅します。 リンカーンは、ゴミ置き場に届け物があるといわれ血の付いた箱がおいてありました。 箱には、サラの首がはいっていました。 マイケルは刑務所の墓掘人をみながら脱獄計画を練っていました。 面会にきたリンカーンは、マイケルに例の箱の件は話しませんでした。 脱獄計画に加わりたいマホーンに、条件を出します。 その話をベリックが盗み聞きしていて、マホーンに近づいてきました。 刑務所が停電し、レチェロは持っている携帯電話が使えず、外との連絡も途絶えます。 物資調達がままならなくなると、服役囚が暴徒化し自分の身が危険になるため、マイケルに電気を復旧させることができないか相談します。 スクレが墓掘人として刑務所に来て、マイケルの脱獄計画を助けることになりました。 死体埋葬の時に腐敗臭を消す薬を死体に噴射しながら、こっそりとフェンスにかけると、フェンスが腐食始めました。 ウィスラーを脱獄させるために与えられた期限が明日に迫っていました。 ウィスラーはマイケルの言いつけ通り看守の動きを注意してみていると、六分間だけ、看守から死角になる部分を発見しました。 マイケルが双眼鏡で看守の行動を見ていることに気づかれ、彼の部屋は施錠されてしまいます。 脱獄に必要な道具はすべて部屋の中。 考えあぐねていると、マホーンがきて、マイケルとウィスラーに話があると言います。 マイケルは面会しにきたリンカーンに、ハータドという看守の飲み物に薬をいれてほしいと頼みます。 脱獄は三時間後。 サラとLJの最新の写真がないならば、計画は延期。 マホーンにも面会者がきました。 ラングというマホーンの元部下でした。 ラングは、リンカーンの事件に関して証言するなら他の刑務所に移送でき、刑期を軽くできると伝えます。 今のままでは、殺人罪でソナから一生でられないかもしれないマホーンでしたが、ラングの提案を拒否しました。 リンカーンが、面会に行く時間が近づいてきました。 しかし、スーザンからもらったサラとLJの写真は、前回と変わった感じはありません。 前回の写真で疑問を抱いたマイケルをこんな写真で簡単にだますことができないと思うリンカーンは、サラの死を伝えることにします。 LJのため、脱獄計画を遂行して欲しいと頼みますが、うなだれたマイケルは立ち去ります。 マイケルはサラの死はウィスラーの責任だと言い、ウィスラーに決闘を申し込むのでした。 このウィスラーと対決するのもマイケルの計画の一部でした。 マイケルとウィスラーが決闘をしている最中、姿を見せないタハードを心配した他の看守が、彼を訪ねていきます。 そして、意識をなくし倒れてる彼をみつけます。 その時、独房の窓から縄梯子がおりているのに気がつき、警報器を鳴らしました。 エスカミラ大佐が軍を引き連れてソナに誰が脱獄を企てたのか調査にきました。 パオというレチェロの手下と判明し、刑務所を管理できていないレチェロを批判します。 レチェロと手下たちは、真の脱獄計画者はマイケルではないかと疑います。 マイケルの計画を待つことができないカンパニーは、スーザンにウィスラーに会いにいかせ、ヘリを用意するから脱獄準備を整えるように伝えます。 また、ウィスラーに、マイケルを殺すように指示し、スーザンはヘリを調達しに行きました。 結局、スーザンの救出は失敗に終わり、リンカーンにまた助けを求めることになりました。 大雨が降り、脱獄に使うために掘っていたトンネルが崩落寸前となり、脱獄する日を変更しないといけなくなります。 マイケルは、リンカーンが面接に来たとき、ウィスラーを不審に思っている旨を伝えます。 スーザンはソフィア ウィスラーの恋人 を拉致し、ウィスラーの情報を差し出さないとソフィアを殺害すると脅します。 ウィスラーはスーザンの脅しに悩みます。 マイケルは、スーザンの要求をのんだとしてもLJは殺害されてしまう可能性があると考えました。 マイケルとウィスラーに面会者がやってきました。 スーザン、リンカーン、ソフィアの三人でした。 ウィスラーは自分の持っている情報を半分渡し、残りは、ソフィア、LJ、リンカーン、マイケルが無事に解放されたら渡すと伝えました。 再度マックグラディがマイケルに脱獄仲間に入りたいというので意思を確認、認めることにします。 最終的に脱獄するメンバーは、レチェロ、ティバッグ、マホーン、ウィスラー、マックグラディ、ベリックとマイケルです。 マイケルの計画通り、レチェロ、ティバッグ、ベリックは看守につかまり、ウィスラー、マックグラディ、マホーン、マイケルは脱獄に成功します。 マックグラディは迎えに来た彼の父と去ります。 マホーンもリンカーンとマイケルのもとを去りました。 スーザンからウィスラーと引き換えにLJを受け取る予定になっていたリンカーンとマイケルはパナマ市街地へ向かいます。 リンカーンは無事LJと再会しました。 マホーンはリンカーンとマイケルと別れたあと、バーにいました。 そこにウィスラーが現れます。 ウィスラーとマホーンは話をつけ、30万ドルで裏組織カンパニーの一員になることを決めていました。 ソフィアから、サラが大切に持っていた折り紙のバラのある場所を聞いたLJは、そのバラをマイケルに渡します。 また、ソフィアのアパートのベッド下に、ウィスラーに関する書類があると知ります。 マイケルとリンカーンは、ソフィアのアパートのベッド下から、ジョナサン・リーフなる人物のファイルが入ったケースを見つけました。 マイケルはサラの弔いのために、その人物を調べるため、リンカーンたちと別れ、アリゾナ州スコッツデールを目指します。 脱獄に成功したマイケルは、サラを殺害したグレッチェン 別名スーザン)の行方を探していました。 同時に彼は、裏組織カンパニーを滅ぼしたいDHSエージェントのドナルド・セルフから、スキュラカードを奪還できたら、マイケルたちを懲戒免除にするという話をもちかけられ、セルフに協力することにしました。 裏組織カンパニーからカードを奪還したマイケルは、スキュラをセルフに渡しすべてが終わるはずでした。 しかし、セルフが見つかりません。 彼を探し出す途中でマイケルの病気が再発し、カンパニーに捕まってしまうのでした。 一方、母親がカンパニーの一員であることを知ったリンカーンは、マイケルを助けるためにカンパニーの一員になることをきめます。 スキュラを手にいれたいリンカーンとマイケルの母は、リンカーンを人質にとります。 また、カンパニーはサラ 実はグレッチェンによって殺害されていなかったことが判明)を人質にとり、スキュラを要求してきました。 最終的にスキュラを奪還したマイケルのもとに、アメリカ合衆国のシークレット・サービスの一員であるケラーマンから連絡がはいります。 ケラーマンが言うには、スキュラを渡せば、自由になれるということでした。 会議室にはマイケル、サラ、リンカーン、マホーン、スクレ、そしてシーノートが座っています。 彼らが晴れて自由の身になる日がやってきたのでした。 自由の身となったマイケルとサラの二人は、結婚式をあげることにしました。 しかし、その最中に突然警察が乱入し、サラをマイケルの母であるクリスチーナ殺害容疑で逮捕したのです。 刑務所に収監されたサラは徐々に精神が不安定になっていきます。 さらに刑務所に収監されたサラには懸賞金がかけられ、囚人たちからは、命を奪われる危険にさらされました。 その事実を知ったマイケルは、リンカーンとスコレに連絡し助けを求めました。 サラを助けるために最後の脱獄計画を立てるのでした。 すぐにリンカーンとスコレは、刑務所の写真を撮り地図を作り始めました。 マイケルは刑務所の写真をみながら、どこが警備上の欠点、セキュリティカメラがとらえない場所かを探し出します。 マホーンがやってきて、マイケルの計画を手伝うといいます。 しかし彼の真意はわかりません。 なぜならば、彼にはマイケルを有罪に導くことができる証拠を得たならば、FBIに復帰できるというオファーがきているからなのでした。 マイケルが外出中に、FBI捜査官のトッドがマイケルのアパートに侵入しました。 そしてテーブルの上に置いてある計画を目にします。 サラに面会しにいったあと、マイケルは事前にチェックしておいた死角になるはずの場所が、セキュリティカメラで映し出すようになっていることに気が付き、計画がばれたことを知ります。 トットがマイケルの家で計画を見たときに気づいたのでした。 マイケルに新しいアイデア浮かびます。 パラシュートで刑務所にはいり、サラを助け出すのです。 リンカーンは、ティバッグ金を支払い火災警報器を鳴らすようにもちかけます。 グレッチェンは、マイケルがサラに渡した暗号の謎をとき、サラに一緒に脱獄したいと言います。 サラがファミリと呼ばれる刑務所のメンバーに襲撃されたとき、グレッチェンはサラを助けにきました。 グレッチェンは再度、自分を脱獄のメンバーに入れてと頼みます。 なぜなら、彼女は娘エミリーに会ってプレゼントを渡したかったからです。 マイケル、リンカーン、マホーンが飛行場にいき、パラシュートを準備します。 マホーンが捜査官ウィートリーに電話をします。 これは捜査官をだますためでした。 マイケルは、マホーンに万が一マイケルの身に何か起きたときは、この紙とDVDをサラに渡してほしいと頼みます。 マホーンの電話でパラシュートを待っていたFBIは、撃ち落としたパラシュートにつけられていたのはダミー人形だということにきがつきます。 マイケルはFBIのその動きを一部始終みて、刑務所に忍び込みました。 マイケルは再び、サラの面会に刑務所に行きました。 そしてこの前の計画だと脱出が不可能であることを伝えます。 マイケルは新計画をサラに伝えます。 それはチャペルを抜ける方法でした。 グレッチェンとサラは脱獄計画に沿って行動をはじめました。 途中でグレッチェンは看守に見つかり、逮捕されますが、うまくサラを逃しました。 サラはマイケルと約束のチャペルで合流しました。 二人はティバッグの鳴らす火災警報器を待ちます。 しかし、スクレの入金が間に合わず、7時に鳴る予定の警報器はなりません。 火災警報器が作動しなかったために、ドアを開けることができません。 マイケルは、電気をショートさせ、サラを逃がすことにしました。 ショートしている間はドアを開けることが出来たからです。 サラは脱獄し、刑務所のフェンスの外で待っているリンカーン、スクレ、マホーンと会いました。 マイケルはどうしたとリンカーンに尋ねられますが、サラはに何が起きたのかを説明することができません。 マホーンは、マイケルが最初から考えていた計画だと暴露し、リンカーンに彼は亡くなったのだといいます。 リンカーン、スコレ、マホーン、サラは車にのり、マイケルの運命にショックを隠せませんでした。 翌日、リンカーンとサラがドミニカ共和国に逃亡する前、スクレはサラに入金が間に合わなかったことを詫びます。 マホーンはサラに、マイケルの脳腫瘍が再発し、末期であるという診断書の紙を渡します。 そのほか、リンカーンにはサラと一緒に逃げる船の中で見てほしいDVDを渡すのでした。 映像のなか、マイケルは、サラとリンカーンに脳腫瘍のためもう長くは生きられなかっただろうということを伝え、彼の選択を後悔してないと伝えます。 マイケルはリンカーンに彼の生まれてくる子供のために、常にそばにいてほしいと伝えます。 また、マイケルはサラとリンカーンをどんなに愛しているのか伝えます。 マイケルは、二人に、生まれてくる子供にどんなに彼が愛しているかを、毎日伝えてほしいと頼みました。 やっと本当の自由が手に入ることが、どんなに喜ばしいことなのかをマイケルは伝えながら、映像は終わります。 マイケルは、7〜8年前に「ポセイドン」と呼ばれる男から接触を受け、テロリストなどを世界中の刑務所から脱獄させる手伝いをするよう持ちかけられていました。 その話を断った結果、サラが刑務所に収監されるなどの悲劇が起こってしまったのです。 サラやリンカーンを守るため、マイケルは自分が死んだことにして「ポセイドン」に協力することに。 もともとテロリストのアブ・ラマールを脱獄させる依頼を受けていたマイケルは、脱獄計画にラマールを加えます。 停電に乗じて脱獄を試みたマイケルたちでしたが、予定どおりに停電が起きず失敗。 マイケルたちは独房に入れられてしまいました。 マイケルはさらに脱獄の方法を考え、ラマールの独房から脱獄に成功しましたが、マイケルが自分を裏切ると考えていたラマールの部下に捕らえられてしまいます。 そこにリンカーンが現れマイケルたちを救出。 その際にラマールを殺してしまいました。 なんとか難を逃れましたが、リーダーのラマールを殺したことでマイケルたちは懸賞金がかれられ、テロリストたちから狙われることになってしまいます。 一方アメリカ、サラに協力していたティーバッグは彼らを狙っていた殺し屋たちがサラの夫ジェイコブと会っているのを突き止めます。 なんとジェイコブがすべての黒幕「ポセイドン」だったのです。 リンカーンは、シバから言われたとおりオマーに助けを求めようと提案。 オマーは信用できない相手でしたが、それ以外に方法はないという結論に至りました。 オマーが言うには、砂漠を通り抜けた海沿いに安全な自治区があり、そこから帰国の手配ができるとのこと。 しかし砂漠を通り抜けるのは非常に危険で、さらに彼らを追跡してきたテロリストたちに追いつかれてしまいます。 リンカーンたちを守るため、マイケルはひとりテロリストを引きつけることに。 激しいもみ合いのすえ、相手を倒したもののマイケルも瀕死の重傷を負ってしまいました。 先に自治区に向かっていたリンカーンたちは、カモメを見つけ海が近いと確信します。 しかし、マイケルが追いついてこないことを心配していました。 夜になり、彼らはマイケルを見つける最後の手段として花火を打ち上げ、彼の名前を呼びます。 花火に気づいたマイケルは、最後の力を振り絞って彼らのもとにたどり着きました。 大量出血で死にかけているマイケルを見て、リンカーンはサラに連絡します。 輸血が必要なマイケルのため、サラはすぐにイエメンに出発。 ついに再会を果たしました。 ジェイコブから息子を守るため急いで帰国したサラ。 入れ違いにやってきたスクレの船で一行は出発しました。 途中、指名手配犯であるマイケルを追って海軍まで出動しピンチに陥ってしまいますが、なんとか切り抜けてアメリカに帰国した面々。 しかし、今度はマイケルの息子がジェイコブに誘拐されてしまいます。

次の