モバイル suica 登録 方法。 iPhoneのSuicaアプリで「モバイルSuica会員」に登録する設定方法

Suicaをスマホで使うには?モバイルSuicaの登録やチャージの方法を紹介

モバイル suica 登録 方法

iPhoneで使えるSuicaの基本情報 Suicaは年会費無料 モバイルSuicaに登録すると、場合によっては年会費が必要となります。 一方、 iPhoneのApple PayでSuicaを使用する場合は年会費がかかりません。 モバイルSuicaは、ビューカード以外のカードで登録した場合に年会費1,030円 税込 がかかります。 この年会費は、退会しない限り毎年支払いが発生しますが、iPhoneのSuicaは使用するクレジットカードの種類を問わず、ずっと年会費がかかりません。 ビューカード以外のクレジットカードをご利用の方には、年会費がないだけでもiPhoneのSuicaがお得であると言えます。 iPhoneで使用するSuicaは、Apple PayにSuicaカードを取り込んで使用しても、Suicaアプリで新規購入して使用しても、年会費はかかりません。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneでSuicaを使う方法・設定方法 iPhoneでSuicaを使用するために、お手持ちのiPhoneにSuicaを登録する作業が必要です。 iPhoneでSuicaを使用するためにはどのような登録手順を行えば良いのか詳しく見ていきます。 iPhone用のSuica専用アプリをダウンロード iPhoneでSuicaを使用するためには、iPhone用のSuica専用アプリが必要です。 iPhone用のSuica専用アプリ「Suica」は、App Storeから無料でダウンロードすることができます。 まずこの専用アプリをダウンロードしましょう。 お手持ちのiPhoneでApp Storeにアクセスして、「Suica」と検索するとすぐ見つかります。 Suicaの専用アプリは比較的容量の小さいアプリですが、ダウンロード失敗を防ぐ意味でも、ダウンロードするときはなるべく通信環境の良い場所でするようにしましょう。 Suicaカードの取り込みを行う Suica専用アプリをダウンロードしたら、Suicaカードの取り込みを行います。 既にSuicaカードを所有している場合は、そのSuicaカード情報をiPhoneに取り込みます。 一度iPhoneに情報を取り込んだSuicaの元カードは使用できなくなるので、気をつけましょう。 具体的な方法ですが、まずiPhone用のSuicaアプリを開き、右上にある+マークをタップします。 するとWalletアプリが自動で起動するので、Walletアプリで「Suica」を選択してください。 画面に従い必要な情報を入力していきます。 必要情報入力が終わったら、カードのデータをiPhoneに転送します。 データの転送は、カードの上にiPhoneを置いて行われます。 iPhoneの画面に表示されている「置き方」を参考にして、カードの上にiPhoneを置きましょう。 以上の手順で、iPhoneでSuicaが使用できるようになります。 WalletでSuicaカードを取り込む方法もある 専用アプリを使用せず、WalletからSuicaカードを取り込むこともできます。 Walletアプリを開き、上段Apple Payの右上にある+マークをタップします。 表示される「続ける」ボタンをタップしたあとに、カードの種類を選択する画面で「Suica」を選択します。 次に、iPhoneに取り込むSuicaカードのID番号下4桁と生年月日を入力して「次へ」をタップします。 SuicaカードのID番号は、カード裏にあるJEから始まる番号です。 規約が表示されるので、内容に問題なければ同意します。 同意後にカードの転送を行って完了です。 新規発行ならSuicaカードは必要ない もし、まだSuicaカードを所有していなくて新規でiPhoneでSuicaの利用を始めたいという方は、Suicaカードを作る必要はありません。 Suicaアプリで「新規発行」を選択すれば、iPhoneのみでSuicaが使用できるようになります。 クレジットカード一体型のSuicaは取り込めない クレジットカード一体型のSuicaカードを利用している方もいると思いますが、 クレジットカード一体型のSuicaは、Apple PayにSuicaとして取り込むことができないので注意が必要です。 もしiPhoneでSuicaを使用したい場合は、Suicaアプリで新規発行する必要があります。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneでSuicaをチャージする方法 iPhoneで利用するSuicaへのチャージ方法は複数あります。 具体的なチャージ方法をいくつかご紹介しましょう。 専用アプリならクレジットカードでチャージ iPhoneのSuicaへのチャージ方法として、1番代表的な方法は専用アプリでのチャージです。 専用アプリでSuicaを利用する場合、チャージにはクレジットカードが必要です。 1度にチャージできる限度額は2万円で、500円単位でチャージ金額を選べます。 通信できる場所であれば、Suicaアプリに登録したクレジットカードを利用していつでもどこでもチャージできます。 Walletアプリなら1円単位でのチャージが可能 iPhoneのSuicaは、専用アプリでのチャージ以外にWalletアプリでチャージすることもできます。 WalletアプリでSuicaにチャージする場合はあらかじめ、Apple Payに対応したクレジットカードを登録しておく必要があります。 専用アプリでのチャージ金額は500円単位で選択できますが、Walletアプリでのチャージでは1円単位でチャージ金額を選べます。 チャージ金額を1円単位で指定したい場合は、Walletアプリでチャージすると良いでしょう。 WalletアプリでSuicaにチャージする場合は専用アプリと操作方法が異なり、iPhoneのホーム画面からWalletアプリを起動して、チャージするSuicaカードを選択して行います。 コンビニへ行けば現金でのチャージも可能 専用アプリとWalletアプリでのチャージはクレジットカードが必要でした。 では、iPhoneのSuicaはクレジットカードがなければチャージできないかというと、そうではありません。 コンビニまたは対応しているスーパーでは現金でチャージすることが可能です。 それぞれの店舗に行ってレジの店員にSuicaのチャージをしたい旨を伝えれば、対応してくれます。 店舗に行くという手間はかかりますが、何らかの理由でクレジットカードが使用できない場合は、現金でチャージを行いましょう。 チャージしたら残高を確認しよう チャージをしたときは、正しくチャージできているかSuicaの残高をしっかり確認しましょう。 専用アプリで現在のチャージ残高を確認できます。 チャージした分増えているかを確認しましょう。 Suicaへのチャージはすぐ反映されるので、もしチャージ後に残高が変わっていないようであれば、チャージが失敗している可能性があります。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneのSuicaが改札で反応しないとき iPhoneのSuicaが改札で反応しなかったら焦ってしまいそうですが、冷静に対応すれば問題ありません。 iPhoneのSuicaでうまく改札を通れなかったときの対応策について、細かく見ていきます。 改札の駅員に対応してもらう iPhoneのSuicaでうまく改札を通れなかった場合の手っ取り早い解決方法は、改札の駅員に対応してもらうことです。 改札の駅員は、iPhoneが反応しない原因を探る機械を持っているので、それを使って原因を探ってくれます。 また、多くの駅員はこのような経験も豊富なので、iPhoneのSuicaでうまく改札を通れなかった場合の対応にも慣れています。 原因が明確にわかっている場合は自分で対応しても良いかと思いますが、原因がわからない場合は駅員に原因追求を任せて対応してもらいましょう。 iPhoneの先端部分をかざしているか確認 iPhoneのSuicaで改札を通れなかったときのよくある事例として、iPhoneの先端部分をかざしていなかったというものがあります。 iPhoneのFeliCaはiPhone中央ではなく先端部分に搭載されているため、iPhoneの先端部分をかざさないと正常に動作しません。 iPhoneのSuicaで改札を通る際には、iPhoneの先端部分をかざしましょう。 エクスプレスカードをチェック エクスプレスカードにSuicaが登録されているかを確認します。 エクスプレスカードとは、指紋認証なしで利用できるカードのことです。 Suicaがエクスプレスカードに登録されていない場合、iPhoneを改札にかざしても指紋認証を求められてしまうので、そのまま改札を通ることができません。 そこで指紋認証をすればSuicaで改札を通ることはできますが、指紋認証をする時間がかかってしまうので、現実的な使い方とは言えません。 iPhoneでSuicaを使用するのであれば、Suicaをエクスプレスカードに登録して使用しましょう。 ケースを外してからタッチしてみる iPhoneを市販のケースに入れて使用している方は多いと思いますが、ケースが邪魔してうまく認識されていない可能性もあります。 滅多にないことですが、実際にそのような事例も発生しています。 現在市販されているほとんどのiPhone用ケースは装着したままでも改札が通れる仕様になっていますが、もし改札をうまく通れなかったら試してみるのも一つの手です。 もしケース装着状態では改札を通れず、ケースを外すと改札を通れるようであれば、ケースが原因の可能性があります。 ケースから外して使用するか、別のケースの購入を検討しましょう。 本体故障の可能性も考える これらの方法を試しても解決しない場合は、本体が故障している可能性もあります。 この場合は手間ですが、Apple正規代理店へ持ち込んでチェックしてもらいましょう。 変更前に本体のApple Payから情報を削除する Suica一枚につき一つの端末にしか登録できないため、機種変更前の本体のApple Payから情報を削除する必要があります。 この手順を忘れてしまうと、変更後の機種のApple Payに情報を引き継げないので注意が必要です。 iCloudの設定を済ませておく 変更前機種のApple PayからSuicaの情報を削除することにより、変更前の機種本体からは情報が削除されますが、iCloudには情報が残ります。 変更後の機種への情報引き継ぎは、このiCloudに残された情報を使用します。 iCloudは、Apple IDを持っていれば無料で持つことができるオンラインストレージです。 なので、まだiCloudの設定が済んでいない場合は、先にiCloudの設定を済ませておきましょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneでSuicaを使うメリット iPhoneでSuica使用するメリットの一部をご紹介します。 チャージがお手軽になる 通常のSuicaカードはコンビニや駅の券売機などに行ってチャージをしなければなりませんが、iPhoneで使用するSuicaはApple Payですぐに決済できるため、チャージのためコンビニや駅の券売機へ行く必要がありません。 チャージしたいときにチャージでき、電車で移動中にもチャージすることができます。 大幅な時間の節約にもなるので、嬉しいメリットですね。 お得なモバイルSuica特急券が買える iPhoneのSuicaでは、お得なモバイルSuica特急券の購入が可能です。 購入するためには、Suica専用アプリでのモバイル会員登録が必要です。 iPhoneのSuicaで購入できるお得な特急券には、通常料金より安く購入した特急券の発車6分前まで列車の変更が可能なモバトクと、列車の変更は不可ですがさらにお安く購入できるスーパーモバトクの2種類あります。 それぞれにメリットがあるので、どちらを購入するかは状況に応じて決めると良いでしょう。 iPhone1台でSuicaを複数管理できる iPhoneの端末が1台あれば、複数枚のSuicaを管理することが可能です。 会社用と個人用など、一人でSuicaを複数使用する必要がある方には大変便利です。 グリーン券の購入ができる iPhoneのSuicaでお得なグリーン券の購入ができるのをご存知でしょうか。 Suicaグリーン券は、iPhoneのSuicaアプリで購入可能です。 iPhoneのSuicaでグリーン券を購入する際の支払い方法は、クレジットカード決済のみとなります。 購入できるグリーン券は当日発車分のみです。 購入したグリーン券は当日のみ有効で、翌日以降は利用できません。 有効期限内のSuicaグリーン券は、手数料 220円 さえ支払えば、iPhoneだけで払い戻し手続きをすることが可能です。 払い戻しの手続きが完了すると、手数料が差し引かれた金額がSuicaの残高に払い戻しされます。 ただし、注意しなければいけない点があります。 払い戻し操作よりも先に、別のSuicaグリーン券の購入操作をすると、払い戻しができなくなるということです。 もし購入したSuicaグリーン券を払い戻して別のSuicaグリーン券を購入する場合は、まず先に払い戻しの操作をしましょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneでSuicaを使うデメリット ここまで見てきたように、iPhoneでSuicaを使用するメリットは数多くあります。 しかし、デメリットがあるのも事実です。 iPhoneでSuicaを使用するメリット・デメリットを把握し、自分に合った使い方を見つけましょう。 対応しているクレジットカードが少ない iPhoneではApple Payにクレジットカードを登録することにより、クレジットカードや電子マネーを使用することができますが、まだまだApple Payに対応しているクレジットカードや電子マネーの種類は少ないのが現状です。 iPhoneでSuicaの利用を検討する際には、事前にお手持ちのクレジットカードがApple Payで使えるかを確認しましょう。 限定カードや記念カードなどの絵柄の引き継ぎはできない iPhoneでSuicaを使用する場合、限定カードや記念カードなど特別な絵柄のSuicaのデザインの引き継ぎはできません。 iPhoneの画面上でも記念カードや特別な絵柄が表示されたらそれはそれで嬉しいのですが、残念ながらそのような機能はありません。 通常の使用とは関係ない部分ですが、もし特別な絵柄にこだわりがある方は注意しましょう。

次の

Suica(スイカ)の使い方|初期設定からカード登録・解除方法まとめ|金融Lab.

モバイル suica 登録 方法

モバイルSuica会員規約を読み「会員登録」をタップし、画面の指示に従って、パスワードやメールアドレスなどを登録していきます。 必要事項を入力すると、Apple Payの画面が立ち上がるので「続ける」ボタンをタップ。 (Suicaの裏面の右下に書いてある)「SuicaID 番号」と「生年月日」を入力します。 画面の指示に従って、カード番号や有効期限を登録し、カードの種類画面で「クレジットカード/プリペイドカード」を選択。 Apple Payの画面が出てきたら、カメラでカードを読み取ります。 次の画面で「SMS認証」を選択し、iPhoneに送られてくる8ケタのコードを入力すれば「Suica」アプリへビューカードの登録が完了します。 jrepoint. 「黄色いサインがある店」なら、Suica払いで貯まる 黄色のサインがある「JRE POINT Suica加盟店」では、 Suica払いで、200円または100円(税込)ごとに 1ポイント貯まる。 また 駅ナカの黄色のサインがある「JRE POINT Suica加盟店」では、 Suica払いで、 200円または100円(税込)ごとに 2~4ポイント貯まる(2020年6月30日まで)。 5%還元になる。

次の

AndroidスマホでSuicaを使う方法 登録からチャージの仕方まで徹底解説

モバイル suica 登録 方法

あわせて読みたい 2月26日より年会費無料に 2020年2月26日より、Androidアプリ『モバイルSuica』は 年会費が無料になりました。 これまでビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)以外で『モバイルSuica』を利用する場合、年会費1,050円 税込 が発生していたため、仕方なく『Google Pay』で利用していた方も多いのでは? 年会費が無料になったので、『Google Pay』より機能面で優れている『モバイルSuica』に移行することをオススメします。 AndroidスマホでSuicaを利用する方法は2パターン Android端末から『Suica』を利用する方法は、「モバイルSuica」または「Google Pay」からの2パターンです。 それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。 4よりもバージョンが新しい端末である必要があります。 以前は『モバイルSuica』の利用には年会費1,050円 税込 が発生していましたが、2月26日より年会費が無料になったため、再発行やネット購入できる『モバイルSuica』の方が使い勝手がいいからです。 それでは「モバイルSuica」の登録手順を紹介していきます。 「モバイルSuica」アプリの特徴 チャージ時の注意点 ・1回の入金額は500円~10,000円 ・入金上限額は携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円 ・AM2:00~AM4:00の間はチャージ不可 ・駅の窓口や券売機、精算機でのチャージ不可 オートチャージ ビューカードで「モバイルSuica」を登録している方は、自動的に入金されるオートチャージが使えます。 ただし、 『Suica』での買い物やバスの利用時にはオートチャージ機能は使えないので気を付けてください。 また、利用明細書や領収書は出力できません。 クレジットカードでチャージ 「モバイルSuica」に登録したクレジットカードからチャージ可能。 利用できるクレジットカードは以下のとおりです。 セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどの店舗が対応しており、店員に「Suicaにチャージしてください」と言ってください。 また、一部の駅に設置してある「モバイルSuica」対応のチャージ機からも入金可能です。 JRE POINTからのチャージ ビューカードのクレジット払いで貯まるJRE POINTをチャージすることも可能。 1ポイント1円として利用できます。 ただ、利用できるポイントは通常ポイントのみ。 期間限定ポイントは利用できません。 チャージするときの注意点 ・1円単位でチャージ可能 ・入金上限額は携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円 ・AM2:00~AM4:00の間はチャージ不可 ・駅の窓口や券売機、精算機でのチャージ不可 クレジットカードでチャージ 「Google Pay」に登録したクレジットカードからチャージ可能。 利用できるクレジットカードは以下のとおりです。 セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどの店舗が対応しており、店員に「Suicaにチャージしてください」と言ってください。

次の