ドリカム。 DREAMS COME TRUE 未来予想図 歌詞

DREAMS COME TRUEの楽曲一覧

ドリカム

ドリカムは昔から大っ嫌いだ。 それはもう、 『うれしはずかし朝帰り』の イントロを聴いたその瞬間から。 「青空が晴れたら」 という歌詞を、 「あーおぞーらー」「がはれたらー」 という、あり得ない区切り方で唄うのが、 許せない。 生理的に受け付けない。 昔黛敏郎が『題名のない音楽会』で、 『』を題材に、 こてんぱんにこき下ろしていた。 「正しく」直した唄を、他の歌手に唄わせたりもした。 今や、そうした批判を出来る人もいない。 吉田美和のボーカルの巧さが 尋常ではないことぐらい、私にもわかる。 でも、本当に耳に合わないのだから仕方ない。 曲に関しては徹頭徹尾最悪。

次の

ドリカムディスコ~大感謝祭~

ドリカム

西川隆宏のドリカム脱退理由 西川隆宏さんが在籍の頃から、DREAMS COME TRUEは人気売れっ子のグループでした。 かつては男2人に女1人のグループを「ドリカム状態」と呼んでいたほどです。 ただ、本物のドリカムとは違い、「ドリカム状態」の男女は何かしらドロドロとした関係が多いのですが(笑) そんな西川隆宏さんがドリカムを脱退したのは2002年。 その少し前に、交通事故を起こして音楽番組を自粛していましたが、脱退理由を平たく言えば「音楽の方向性の違い」でした。 これは、音楽ユニットがバラバラになる常套句ですね。 私、個人的にはメンバー3人の中でも西川隆宏さんは、少々異色なタイプだったように思います。 中村正人はずっと黒髪の地味なタイプですが、西川隆宏はピアスに金髪、と対照的。 目の辺りのピアスは見ている方が痛かったです。 (あの頃はまだ珍しかったのです。 耳以外のピアス。 笑) 脱退後は実のお兄さんと音楽活動をしていましたが、2人の仲は次第に険悪になり、ついに暴力沙汰になってしまいます。 しかも、お兄さんではなく、お兄さんのお嫁さんに。 ここで一度逮捕されてしまったのですが、その時に薬物の陽性反応が出てしまったのです。 薬物の件で西川隆宏さんには1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が出てしまいます。 これはドリカムファンに大きな衝撃を与えました。 ドリカムのメンバーだった時点ですでに薬物に手を出していたからなのです。 ドリカムはアンチドラッグを全面に出して活動していましたからね。 実は、ドリカム側が西川隆宏さんの薬物所持の噂を知って、ドリカムからから脱退させたという説もあります・・・ 芸能活動を続けるにあたって、薬物所持は大きなイメージダウンにもなりますからね。 しかし、西川隆宏さんは一度目の逮捕で懲りたかと思いきや、2006年に再び薬物所持で再逮捕。 今度は実刑判決を受けます。 Sponsored Links 西川隆宏の今現在、結婚、子供、お店 西川隆宏さんは、出所後の現在は札幌のすすきのでバー「reboot」を経営しています。 お店に行けば、まず間違いなく西川隆宏さんに会えます! このお店ではドリカムの23周年イベントなども行われたようです。 ただこのイベントはドリカムの許可をもらって行っているかは不明、当然イベントに吉田美和さんや中村正人さんが登場したという話もありません。 rebootは、90分のフリードリンク制で、 男性が3400円、女性が2800円と良心的ですよ。 また、噂で西川隆宏さんは同性愛者である。 とも言われていますが、確証はありません。 もちろん、結婚も子供さんもいらっしゃいません。 お店の方は順調のようですので、もう薬などには手を出さずに生きて欲しいですね。 余談ですが、この西川隆宏さんのお店の店名「reboot」の意味は「再起動」です・・・ ドリカム伝説の音楽番組一夜限りで復活!そして・・・ 7月10日 金 23:00〜23:58にて「うれしたのし大好き2015〜ドリカムへの挑戦状〜」がフジテレビにて放送されます。 この番組は、1992年から1993年まで、毎週金曜日にフジテレビにて放送されていた人気音楽番組です。 ドリカムことDREAMS COME TRUEのメンバーと俳優の陣内孝則さんが司会を務めていました。 音楽ユニットがMCをして、毎回ゲストにアーティストが登場し、トークやコントなどを行っていました。 今回の復活は、何と22年ぶり。 ドリカム検定試験や、ドリカム好きオネエ軍団とのコラボ、MayJや渡辺直美、肥後克広 ダチョウ倶楽部 を初めとする大勢の豪華ゲスト、もちろん「何度でも」や「LoveLoveLove」などの名曲も披露してくれるとのことで、ドリカムファンにはたまらない時間となるでしょう。 1時間では足りないくらいではないでしょうか!? そして今までのメンバー間の確執を払拭する出来事もありました。 なんと今年7月に発売された『私のドリカム』というベストアルバムのジャケットに西川隆宏さんがCGで描かれているのです! これに気が付いたファンからは喜びのコメントがたくさん寄せられました。 過去の西川隆宏さんの過ちをしっかりと受け止た上でのコメントが多く、やはり音楽の力って凄いな。 と改めて感じました。 ファンのこういった対応はもちろんですが、ドリカム側が西川隆宏さんを取り上げた事に関係改善のしるしが見られます。 もしかしたら、3人組でドリカム復活も、近々アリ。 かもしれません。 あの時代のファンにはたまらないでしょう。

次の

史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2019

ドリカム

デビュー30周年を迎え、全国ツアーを開催中だが……。 「西川さんがステージに現れて、中村さんと17年ぶりの共演を果たしたとき、ファンの中には感極まって泣きだす人もいました。 西川さんも涙していましたね。 ドリカムのツアースタッフの中には17年前と変わっていない人たちもいて、終演後は久々の再会に、固い握手を交わして喜び合う感動の光景も見られました」(音楽関係者) デビュー30周年を迎えた吉田美和(54)と中村正人(60)のDREAMS COME TRUE。 現在、4年に1度の全国ツアー「ドリカムワンダーランド」を開催中だ。 7月27日、北海道出身の彼らが札幌ドームで凱旋公演を行った。 「脱退後、覚せい剤取締法違反で逮捕された彼は、表舞台からしばらく姿を消しました。 09年の6月に故郷・北海道でバーを開いた後、DJ Niehyaとして音楽活動を再開させたんです。 中村さんは、西川さんの脱退後も、ずっと彼を気にして定期的に連絡を取り合い、彼が札幌にオープンしたバーにも何回か足を運んでいたそうです。 今回の札幌ドーム公演終了後、今度は西川さん主催のイベントに深夜になって訪れていたと聞いています」(地方紙記者) 今年3月21日。 ドリカム30周年を記念するブログに、中村は3人時代のドリカムの写真を大きく掲げ、意味深なメッセージを掲載した。 《やっとデビューできた時の言葉では表せなかった気持ち。 それから30年間のうれしい気持ち。 苦しい気持ち。 たのしい気持ち。 悲しい気持ち。 大好きな気持ち。 大嫌いな気持ち。 今日を迎えて、やっぱり言葉では表せない気持ち。 「中村さんは自らライブやイベントの交渉や打ち合わせを行っています。 最終的に吉田さんに確認をとり、彼女がOKを出さない限り、基本的に企画は通らないんです。 だからまずは故郷で、かつ吉田さんが出ないイベントのときにでも、と提案した。 その後、3人では会っていません。 3人で活動することはありません」 現時点での西川のドリカム再加入は否定するが、別の音楽関係者はこう証言する。 「今回のイベントでは大多数のファンが西川さんを歓迎し、大盛況でした。 正直、吉田さんには当初、不安もあったようですが、ファンの反響を聞いてやはりうれしかったようです。 3人の復活ステージは大きな話題になると力説するのはNHK関係者だ。 「好評だった昨年の『紅白』に負けじとスタッフは令和初『紅白』の目玉探しに奔走しています。 昨年は朝ドラ『まんぷく』の主題歌を担当するも辞退。

次の