お聞かせ願いたく。 「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

聞かれたくないことを聞かれた時のかわしかた

お聞かせ願いたく

「お願いしたく存じます」の使い方 意味は「お願いしたいと思います」 「お願いしたく存じます」は、「お願いします」とストレートに頼みにくい相手に対して使う依頼の言葉です。 「お願いします」と一方的に押し付けるのではなく、「お願いしたいのですが」とこちらの気持ちを婉曲に伝えて相手の意志を伺っています。 おもに書き言葉で多く用いられますが、話し言葉としても使える口語(現代語)のひとつです。 「存じます」は「思います」の謙譲語 「お願いしたく存じます」の特徴は、「したく存じます(ぞんじます)」という普段あまり聞き慣れない表現です。 「存じる」にはいくつかの意味がありますが、「お願いしたく存じます」の場合は「思う・考える」という意味で使われています。 ちなみに、「以前から存じあげております」というときは「知っています」の謙譲語で、「かように存じます」は「心得ています・理解しています」という意味になります。 正しい敬語は「致したく存じます」 「お願いしたく存じます」は文法的に間違いではありませんが、少しアンバランスな印象をもたれることもあります。 とくに書き言葉で「存じます」を使った文章では、「したく」の部分も「致したく(いたしたく)」のように言い換えることで、より整った丁寧な言い方になります。 「お願い致したいです」はNG 「お願いしたく存じます」を「お願いしたいと思います」と言い換えることはできますが、「思います」を省いた「お願いしたいです」という言い方は、自分の意志を伝えているだけで相手の判断を仰ぐ意図が抜けているために幼稚な印象になってしまいます。 また、「したい」だけを丁寧にして「お願い致したいです」とはいいません。 ビジネスでの注意点 「お願い申し上げます」でもOK 「お願いしたく存じます」は、相手の意向を確認しながら自分の希望を伝えるときの表現なので、相手の意志を確認する必要がない話や恐縮する必要がない場面で「お願いしたく存じます」を使うと回りくどい印象になります。 むしろ曖昧な言い方は避け、「お願いいたします」「お願い申し上げます」と簡潔に話をすすめた方がよい場合もあります。 お詫びには使わない 詫び状や欠礼のあいさつを「これに懲りず、今後とも変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします」のような依頼の表現で締めくくる場合、「お願いしたく存じます」は不適切です。 ぜひとも願いを聞き届けて欲しいという気持ちを表すときは、率直に「お願いいたします」と言い切ります。 依頼は「ご検討のほど」で補足 相手の都合に結果をゆだねる意味合いが強い場合には、「お願いしたく存じます」のあとに「ご検討のほどよろしくお願いいたします」などの明確な依頼表現をそえます。 お詫びの場合と同じように、他の誰にも頼めないような本気のお願いに「お願いしたく存じます」だけでは、相手にうまく気持ちが伝わりません。 「お願いできますでしょうか」は間違い 「お願いしたく存じます」の言い換えとしてよく使われているのが、「できるか」を丁寧にした「お願いできますでしょうか」です。 すっかり聞き慣れて不自然さを感じないという人もいるかもしれませんが、一文に「ます・です」が入った二重敬語で、現代日本語では間違いとされています。 この場合は「できますか」が適切です。 「お願いしたく存じます」の例文 「お願いしたく存じます」を使ったビジネスメール• 次週開催予定の全体会議につきまして、至急議題の確認をお願いしたく存じます。 連休中はお問い合わせに対応できませんが、なにとぞご容赦願いたく存じます。 弊社では責任を負いかねますので、各自ご注意をお願いしたく存じます。 お手数ですが、エントリーシートへのご記名をお願いしたく存じます。 たいへん恐縮ですが、ご返送のほどお願いしたく存じます。 「お願いしたく存じます」の英語表現• I would be grateful if you could~(~していただければ幸いです)• Would you please~(~していただけますでしょうか) 「thank(感謝する)」が人への感謝であるのに対し、「appreciate(感謝する)」は「I really appreciate your help. 」のように物や事柄に対する感謝を表す単語です。 「Thank you. I appreciate it. 」のように併せて使われることも多い表現です。 「be grateful」は「ありがたく思う」という意味で、「Would you~」は承諾を得られることが前提となっている依頼を丁寧に表現したものです。 まとめ 「お願いしたく存じます」は、形式として依頼が必要な場合や、相手が引き受けやすい簡単な依頼を丁寧に伝えるときに便利な表現ですが、遠回しな言い回しであるため積極性に欠けるところがあり、多用すると依頼がぼやけてしまいます。 ぜひともお願いしたいとか、都合を聞かせて欲しいなら「ご意向をお聞かせください」などの依頼を補足しましょう。 また、お詫びの言葉としてはふさわしくありません。 シーンによって使い分けてみてください。

次の

聞かれたくないことを聞かれた時のかわしかた

お聞かせ願いたく

皆さんこんにちは。 どうにも困っているので、アドバイスをお願い出来ませんでしょうか? 結婚して数年。 主人は転勤族です。 転勤した先でいつも仕事に出ているのですが、職場で決まって主人のことや義理両親のことを聞かれ本当に困っています。 主人の父はその世界ではちょっと名の知れた方なのですが、外面と内面がだいぶ異なっていまして主人はほとんど虐待を受けながら育ちました。 結婚と同時に縁を切ったため私は主人の両親とは数回ほどしか会ったことがないのです。 その事を他人に話すつもりはありませんが、 やはり職場で「ご主人は何をされているの?」「ご実家は近くなの?」などなど聞かれ、本当のことを話せば話すほど尾ひれはひれがついていきます。 (主人はいわゆるエリートと言われる部類で、実家も高級住宅街にあります。 )主人のことも、主人の実家のことも話したくありません。 思い出すと辛いことばかりなのです。 また縁を切ったと話すと、こちらが変な人、親不幸な子ども、と思われるのも辛いです。 聞かれたくないことや言いたくないことは、適当に嘘をつきたいのですが良いかわし方があれば教えて頂けないでしょうか? 最近は主人の仕事をサラリーマン、実家とは上手くいっているように適当に話しています。 他に良い方法はありますでしょうか? ユーザーID: 4017176120 聞いている方もそんなに深い意味もなく、 よく知らない人と話のとっかかりを掴むために 家族のこと話題にしているだけなんじゃないでしょうか。 私も知り合ったばかりの人には共通の話題がわからないので 特に興味があるわけじゃないのですが「どちら方面にすんでいるの?」 とか「実家は遠いの?」とか聞いちゃいますもん。 (あくまでも詮索したくて聞いているんじゃないですよ、 話のとっかかりが欲しいだけです) 聞かれたくないこと聞かれた時はさら〜っと流しておけばいいと 思います。 うちの近所の方のご主人は 某公立大学の教授だそうですが 他人から職業聞かれると「公務員」って言ってます。 はっきり言いたくないのなら そのくらいにぼかしておけば じゅうぶんです。 嘘じゃないから心も痛まないでしょうし。 ユーザーID: 3326396499• 質問返し プライベートなことを聞かれたくないという気持ちは十分、経験しています。 私もだいぶ、それに苦しみました。 そのため、まずそういうことを平気で聞く相手と縁しないようになることです。 それには自分も人にプライベートな聞かれたくないこと・ふられたくないことを聞いてしまわないように氣をつけることです。 口を慎むことです。 自分も今まで悪気なく、相手に聞かれたくないことを聞いてしまって反省し、自分が出している言葉に人が傷つけいていないか?氣をつけています。 聞かれたくないことを聞いてきたときは、「それは、ちょっとね・・。 」や「ちょっとね」などと言います。 私は、働いているのか?主婦なのか?聞かれます。 そういう時、「そのことは言いたくないの。 」と言ってみたり、「ちょっとね」と言います。 「まぁ、あるじゃない?言いたくないことも・・。 」と言えば、今までそれ以上聞かれません。 ユーザーID: 1292385505• 他に方法は難しい 「主人の仕事をサラリーマン、実家とは上手くいっているように適当に話しています」 という mimiさんの今の対処方が一番無難だろうと思います。 たとえば ご主人が勤務医、義父様が高級官僚、お家は田園調布だとしても 主人はサラリーマン、義父は公務員、家は都内・・・って言っておけば 嘘ではないし、よそ様の好奇心やねたみを受けなくてすみますよ。 転勤族ということなので、適当にしているうちに時間が経ち、次の任地へ行けるのでは? 周りの方々は mimiさんが 「よそ様とは違うのよ」という無言のオーラを出さず ごく普通の人だとわかれば よほどのことが無い限りプライベートな 事を詮索してこないものですよ。 嘘をつくのは良くないですが、かといって本当の事を全部いう必要もありません。 平穏に生きたいなら、賢くなりましょう。 ユーザーID: 7318327084• 正直に話す必要はないでしょう >最近は主人の仕事をサラリーマン、実家とは上手くいっているように適当に話しています。 これでいいと思いますよ。 正直に話す必要は無いと思います。 だって、他人には関係の無い事ですし。 しかし、他人の旦那さんの職業を聞く人って、なんでだろう?っていつも思います。 私は相手から言わない限り聞きませんが、始めて会う人には必ず聞かれます。 うちの夫はサラリーマンではないのですが、何人かに正直に「サラリーマンではない」と答えた事があり、好奇心旺盛な顔をされて職業をしつこく聞かれました。 夫の職業は世間では高給取りと思われているらしく(実際はそうじゃないのですが)妬まれた事もあり、正直に話すのは止める事にしました。 変に妬まれるのも嫌なので、それ以来「サラリーマン」と答えるようにしています。 ユーザーID: 8430736374• あえて少しだけ情報を出すのがこつ ほんとうに、そんな方どこにでもいるんですよね。 私も今まさにそのことで思い出すたびため息が出ています。 まず何してるのか聞いてきて、会社名を知りたがり、所属も聞きたがる・・・それを知ってどうするのかしら? うんざりです。 幸いmimiさんは転勤族のようなので、そのたびに口にしないよう気をつければ逃れられますよ。 私は引っ越したばかりなのに親しくなった人に信頼して話したために聞きたがりと仲良くなったお友達に話されてしまいあっという間に広がりかけてます。 他の方がおっしゃられているようにmimiさんの今のペースでいいと思いますよ。 アドバイスになってませんが、同じ悩みだったのでつい同調してレスしてしまいました。 すみません。 ユーザーID: 3812086962•

次の

お聞かせください /文例・敬語の使い方・意味

お聞かせ願いたく

お聞かせくださいのくださいという言葉には命令口調が含まれています。 という事は目上の方に使ってしまうと大変失礼な言葉になってしまうのです。 お分かりの様に何かを聞く時と言うのは下手に出て聞く物です。 なぜなら相手に何かを聞いて教わるわけですから上下関係ができます。 聞いている側は下で教えている側は上になるわけです。 そのためこうした場面では下手にいる物を聞いている人ですから命令口調では聞くのは失礼ですよね。 つまりお聞かせくださいという言葉を目上の方にそのままの言葉で使ってしまうと大変失礼な印象を与えてしまうでしょう。 下手をすると相手を怒らせてしまう可能性もあるため、お聞かせくださいという言葉は他の言葉に言い換えるなどの対応をして慎重に言葉を選んで使う必要があるのです。 お聞かせくださいはくださいという言葉の部分が命令口調であるため目上の方に使う場合は注意が必要なのは何度もご説明しているのでお分かりですよね。 このお聞かせくださいのくださいという言葉を謙譲語で言い換えて表現すれば命令口調ではなくなります。 例えばお聞かせくださいをお聞かせいただけませんかとした場合はどうでしょうか。 くださいとはいただけませんかでは印象も変わりますよね。 先ほどのお聞かせくださいでは聞かせてもらうという命令の意味になっていました。 お聞かせくださいからお聞かせいただけませんか?に言い換える事で受ける印象や言葉の伝わり方も変わりますよね。 くださいよりもお願いする言い方なので少し柔らかい印象を受けますし、いただけませんかの「いただく」と言う言葉は謙譲語のため目上の方に使っても失礼ではありませんよね。 このようにお聞かせくださいのくださいの部分をいただけませんか等の謙譲語で言い換える事で目上の方にも悪い印象を与える事なく質問を聞く事ができますね。 そのため目上の方にそのままお聞かせくださいと言ってしまうと大変失礼な印象を与えてしまいます。 そのため正しい敬語の使い方をまずは覚える必要があります。 お聞かせくださいを正しい敬語に言い換えるためにはくださいの部分が命令口調である事が問題なのでそのくださいという言葉を謙譲語である頂くという言葉に言い換えたり、尊敬語であるくださいませなどを使う事で相手への敬意を示す事ができます。 目上の方にお聞かせくださいと言う場合は、そのまま使うのではなくお聞かせ願えませんかやお聞かせくださいませやお聞かせ頂けますかなどの謙譲語や尊敬語で言い換える事で相手への印象を良くする事ができますので上手く活用していきましょう。

次の