高校生 修学 旅行 お 小遣い。 高校の修学旅行にお小遣いはいくら必要?使い道や金額について

修学旅行の持ち物で高校生女子の場合、便利なものと不要物。

高校生 修学 旅行 お 小遣い

学校生活で一番の思い出に残るイベントと言ったら「修学旅行」です! 今は行先も国内から海外まで様々で、親が修学旅行の準備で 一番悩むのが お小遣いの相場ではないでしょうか?? お小遣いをいくら持たせたらいいのか? 多く持たせるのも不安だし足りないくても困るし・・・ と悩んでいる親は多いと思います。 そこで、今回は高校生の修学旅行のお小遣いの相場について調べてみました! スポンサーリンク 修学旅行へ行く高校生へのお小遣いはどのくらいかかるの? 小学校や、中学校ではお小遣いの金額は「いくらまで」と指示が あったと思いますが 高校生になるとお小遣いの指定が無い学校もあります。 小学生の時の上限は1万円程でしたし、 中学も1万5千円程で高校も上限2万円まででした。 私も子供も実際にお小遣い内で十分に足りていた記憶があります。 ですので、修学旅行の行先によっての違いはあるかもしれませんが 国内であれば2万円~3万円が妥当だと思いますし、 ネットで調べてみても 2万~3万円程渡している親が多かったです。 高校生の修学旅行で必要なお小遣いの用途って何? 高校生の修学旅行でのお金の使い道は以下の4つです。 そう考えると、そこまでの大金を持たせる必要はないのかな?と思いますし 実際に「家族や自分のお土産などの買い物」+「昼食代」だけであれば 2~3万円程持って行っても半分程しか使っていないという声も沢山ありました。 しかし、東京・大阪・京都などの都心での自由行動や テーマパークでの自由行動の場合、交通費やテーマパーク内での飲食代は 少し割高になってしまうので、少しだけ余裕を持たせてあげると良いかもしれません。 スポンサーリンク 高校生の修学旅行の費用はお小遣い以外に何がかかるの?値段は? 修学旅行でお小遣い以外に必要なお金で考えられるのは 交通費や施設への入場料などではないでしょうか?? 学校によっては自宅から空港までは各自で行く場合もありますし 自由行動中の交通費やテーマパークや施設への入場料などがかかります。 修学旅行の事由時間を行き当たりばったりで行動する子たちはあまり居ませんよね^^; 当日は何処へ行くのかスケジュールを聞き、事前に交通費などを計算し お小遣いとは別に渡すのが一番良いのではないでしょうか? 修学旅行の小遣いを高校生の子供に渡す?渡さない?その理由は? 修学旅行のお小遣いが余った場合 子供に渡している親も居れば、返してもらう親もいますよね。 修学旅行でのお小遣いを渡すか渡さないかを 調べてみると 「渡す」という家庭が多かったです。 「渡さない」という場合の理由は家計の問題もあるかもしれませんが たいていは「普段のお小遣いとは別で渡している物だから」という理由でした。 他では、• 数千円程度なら渡• 1万円など大きな金額なら返してもらう という声もありました^^ 「渡す」という親の声を見ると、別に「返さなくてもいいよ」とは わざわざ言う事はせず何も言わない親の方が多く感じました。 理由は、修学旅行のお小遣いを自分のお小遣いにする為に 「飲食代をケチるだけではなくお土産などもケチる可能性がある為」 という声が多かったです^^; これは子供の性格にもよりますね 笑 私も修学旅行のお小遣いは殆ど親に返しましたが 数千円はお小遣いとしてこっそり貰ってました 笑 子供はずる賢くはないので、全額素直に返してくれましたが 次の修学旅行のお小遣いは返したくない宣言をしています 笑 修学旅行へ行く高校生のお小遣いは場所によって違いはある? 修学旅行の行先によってお小遣いに違いは出てくると私は思います。 例えば、スキーやシュノーケルなどのアクティビティが メインの修学旅行でしたら、必要なのは昼食代程度だと思います。 しかし、USJやディズニーリゾートなどのテーマパークでしたら 昼食代や飲食代も高くなりますし、友達とお揃いの小物を買うなどすると その分の出費は増えてしまいますよね。 また、田舎から都会に行くの場合と 都会から田舎に行く場合でも金額の差は出ると感じます。 都会から田舎の場合はそこまでお金を使う事は無いと思います。 逆に田舎から都会に行く場合は地元には無い物が 手に入るので買い物の量などは増えると思います。 修学旅行のお小遣いは上限が無い場合、あまり大金を持つのは 盗難などの心配もあるのでオススメできませんが、修学旅行の行先や どういった行動をするのかを聞き金額を決めるのが一番良いと思います。 お小遣いだけでなく、色々と不安はあると思いますが 是非思い出に残る楽しい修学旅行を過ごしてくださいね! スポンサーリンク.

次の

高校の修学旅行のお小遣いは沖縄に行く場合は多めに渡す方が安心!?

高校生 修学 旅行 お 小遣い

出所:キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識 経済産業省 現金を持ち歩く社会ではなくなっています。 スウェーデンでは政府の指導もあり、「店頭での現金決済お断り」のケースまであります。 不便なだけでなく、現金を持ち歩くのは防犯上、好ましくありませんよね。 そこで出番なのが海外で使えるプリペイドカードです。 実は高校生の場合、留学を理由にクレジットのカードの家族カードが発行できることもあります。 それでもやはり高校生まではプリペイドカードがおすすめです。 プリペイドカードの特徴 プリペイドカードの特徴は次の通りです。 与信審査がない• 年齢制限がない(*一部のカード)• クレジットカードに比べて発行が早い• 日本で手軽に入金して、滞在先でお財布代わりに利用できる• 入金した金額以上に使えない• 現地加盟店でクレジットカード代わりに利用できる• 必要に応じて現地ATMでキャッシュをおろせる残高が少なくなったら日本にいる親が追加で入金できる(*一部のカード)• 帰国後、残高があれば加盟店でクレジットカード代わりに利用できる(*一部カード) プリペイドカードの比較 プリペイドカードを発行している会社はいくつかあるので、その特徴を簡単に比較します。 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル使用国以外ではマスターカードのレートの3%。 米ドルの残高必要 当該通地貨がチャージされていれば無料。 カードショッピング保険付• 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル使用国ではそれぞれの通貨をチャージしていないと使用できない• 元々FX会社なのでチャージ時の為替レート手数料が安い• スペアカード付• 海外利用200円ごとにTポイントが貯まる• 残高照会手数料1回200円• 海外ATMで残高照会手数料1回100円 海外プリペイドカードの仕組みは、ちょっとわかりにくい! プリペイドカード、suicaとかnanacoと同じ仕組みです。 カードに現金をチャージして使う。 足りなくなったら再チャージする、それだけです。 それなのに上の比較表を見てもわかりづらいのは、外貨がからんでくるからです。 カードに日本円で入金するところまでは、全部一緒です。 マネパ、キャッシュパスポートは入金した日本円を留学 旅行 先の通貨に両替しておくことができます。 一方、ネオ・マネーとマネー・ティー・グローバルは利用する時まで日本円のままです。 利用する時に為替手数料を払って日本円から引き落とします。 この感覚はクレジットカードを海外で使うのと同じです。 図で表すと、こうなります。 クリックで拡大) 修学旅行、1か月までの語学研修なら手数料が安いマネパ(2019年3月までキャッシュバックあり) は手数料が安いです。 おすすめ!と言いたいところですが、残念ながら万人向けとはいえません。 マネパは、• 日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル使用国ではそれぞれの通貨をチャージしておけば使いやすい• それ以外の国ではチャージした米ドルを使う。 米ドルの残高がないと、カード自体利用できません• 日本にいる親が追加入金できません 日本の留守家族から追加入金ができないのは使いづらいです。 手数料が安くても、 子どもの長期滞在には向かないのです。 日本出発前に大金を入れておけば解決?そうでもないです。 盗難にあった際、プリペイドカードの最大被害額は「チャージ額」なので、大金をチャージせず、こまめにチャージする方が安心です。 マネパを子どもに持たせて正解なのは、次のケースです。 スペアカードがもれなく付いてくるので、精神的にゆとりが生まれる。 特にモノを失くしやすい子の場合。 部屋の中には絶対あるのに見つからない! とか、ないですか?• チャージ可能な通貨が人気留学・旅行先をカバーしている。 (アメリカ、ユーロ圏、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、シンガポール)。 チャージした現地通貨をこれらの国で使えば為替手数料がかからない。 チャージする時に既に為替手数料を払っているため• 他の国の通貨を使う予定なら日本円でチャージしておくと両替 =両替手数料の負担 が1回ですむ。 7通貨でそれぞれチャージできるので 複数国を旅行する時に便利。 更に現地通貨が底ついても他の通貨がチャージしてありカード全体に残高があれば、自動的に両替して利用できる。 (両替手数料がかかりますが)• Tポイントも貯まる *円高時に両替しておくと良い、という記述を見かけますが為替相場はバクチ。 どちらに転がるかわかりません。 それに留学が決まった時に円安だったら選択肢ないし。 為替レートは不可抗力。 深く考えない方が良いかと。 キャッシュパスポートのデメリットは・・・• 4種類のプリペイドカードで唯一 入金手数料がかかる• 帰国時に残高があるとカードを 精算 退会 する時に出金手数料がかかる。 は、回避できないデメリットです。 どうしようもないです。 海外200円利用ごとにTポイントが1ポイント貯まるので、若干回収する感じですね。 は、回避する方法が2つあります。 1つは、海外で使い切って残高ゼロにしてくること。 もう1つは有効期間 5年 以内にもう一度、利用して使い切ること、です。 子どもにはちょっと難しいかもしれません。 国内で使いきれれば良いのですが。 つまり キャッシュパスポートはお金を入れるのも出すのも(引き出し時だけでなく精算時)手数料がかかるのです・・・。 保護者としては、多少、手数料がかかっても利便性を重視したいのでスペアカードがポイント。 日本と違って海外では不便を感じる事が多いので、少しでもストレスを減らしてあげたい親心です。 ネオ・マネーとマネー・ティー・グローバルという選択肢 両方とも日本円でチャージしてあるものを、利用国の通貨に利用時に両替して使うというシンプルな構造です。 キャッシュパスポートの日本円チャージと同じで、手順はクレジットカード感覚です。 はJTBが提供しているのでJTB手配の留学や海外修学旅行でも利用されていると思われます。 (マネーティーグローバルの運営がJTBからアプラスに変更になりました。 ) もしこの 2つから1つ選ぶなら、マネー・ティー・グローバルをおすすめします。 マネー・ティー・グローバルおすすめの理由2つ• ICチップが搭載されている。 JTB海外トラベルデスクが利用できる この2つの理由は、安全性の問題です。 留学や旅行は、子どもが1人で判断して、生活しなければならない環境です。 少しでも不安要素を取り除くのが親の務めだと思います。 ネオ・マネーより為替手数料が1%多くても関係ありません。 甘やかしていると言われようが関係ありませんわ! ICチップが付いていないより付いている方がいいです。 たぶん、そんな場面はめったにないと思います。 でも磁気テープでは守れないけどICチップなら守ってくれるケースがありえます。 トラベルデスクがどこまで頼りになるかわかりません。 でも頼れるところがないよりいいです。 限られた人しか頼れない海外では、イザというとき、答えを持っている人が1人でも多い方がいいのです。 主観的ですが、子どもに持たせるならネオ・マネーよりの方が、向いていると思います。 おわりに 我が家の高校生女子が海外に出た際、用意したのはキャッシュパスポートとマネー・ティー・グローバルです。 を選んだ理由はスペアカードの存在。 更に、も持たせました。 キャッシュパスポートはマスターカード加盟店で利用できますが、万が一のためにVISAブランドも持たせておこうという判断です。 上で書いたJTB海外トラベルデスクも保険になるのでいいかな、と。 追加入金が不要な1か月程度の滞在ならを選んだでしょう。 長期留学ならクレジットカードの家族カード発行でも良いかもしれません。 しかし、盗難にあった際の被害額が大きくなる可能性があります。 あと、発行に思いのほか時間がかかります。 その点でも中高生にはプリペイドカードが便利です。 子どもたちが、日本ではできない経験を積んでくる貴重な機会です。 お金の支払いで余計な時間やエネルギーを使わずに済むように、親としてできる限りの準備をしてあげましょう。 皆様のご参考になればうれしいです。

次の

中学校の修学旅行、旅費も小遣いも高額化

高校生 修学 旅行 お 小遣い

季節は秋、そろそろ高校生の修学旅行シーズンになってきましたね! 青春時代の思い出に残る行事ですので親としては楽しく参加して欲しいところ。 でもまあ、費用はそれなりに高いですよね…。 我が家には県立高校に通っていた長男と私立高校に通っていた次男がいますが、幸い2人とも行き先が 国内だったため学校に納入した額は約10万円程度でした。 一括支払いでもないだろうしそれくらいなら払えそう、と思ったあなたはちょっと甘い! この他に持ち物をそろえたり集合場所までの交通費だったりお小遣いを渡さないといけなかったり… そして 私立高校の場合は行き先が海外限定の場合が多く、その額は約30万円程度と公立高校の国内旅行と比べて3倍もの差があるのです。 しかもパスポートを発行しないといけない面倒くささまで! 目次• 公立高校の修学旅行は国内が大多数 人気は沖縄・北海道やテーマパークのあるところ 我が家は関東地方在住のため、国内の場合は沖縄か北海道の高校が多いようです。 あとは民泊の受け入れ先が多い九州地方や比較的近い関西。 関西にはUSJという有名なテーマパークがありますもんね! 逆に関西の高校生は行き先が 関東のTDL(TDS)の場合もあるかと思います。 このように行き先にテーマパークが含まれる場合は子供に持たせるお小遣いが跳ね上がるかもしれません。 夢の国と言われているように本当に時間を忘れて楽しむことのできる充実した施設ではあります。 その分チケット代に食事代やお土産代まで全てがとにかく高い! とはいえ滅多にない機会ですから子供には遠慮せず楽しんでほしいですね。 祖父母銀行に根回ししておく、子供に事前にバイトさせるなどの事前準備で親の負担は多少軽減されるかもしれません。 流行の民泊とは?メリットやデメリット 関東地方からで民泊をメインにする高校は行き先が九州地方が多いみたいです。 生徒数名が一般家庭に寝泊まりして田舎暮らしを体験できる民泊。 具体的に挙げると農業体験や魚釣り、郷土料理を味わったりできるまたとない機会と言えますね。 決めつけないの! そして翌年国内で大幅にグレードダウンした年の生徒たちも…(笑) 私立高校は海外が多い!国内と海外選べるところも 海外への修学旅行は増加傾向 実は公立も私立も海外修学旅行の実施率は増加傾向にあります。 割合で言えば公立は10%強に対して私立は40%弱。 でも我が家の近辺の私立高校は80~90%くらいなんじゃないか?と思うほどほとんどが海外なんですよね!だから 住んでいる地域にもよるかなと思います。 海外修学旅行の費用は冒頭で書いたように30万円くらいかかる場合が多いと思いますが、日程や行き先によってもう少し高い場合や、逆に安い場合もありそうです。 私立高校に進学する予定のある方は事前にチェックしておきましょうね。 海外修学旅行、人気の行き先は? 公立高校は修学旅行費の上限が定められているらしく、比較的安い旅行先になる影響があるのか参加人数ベースで見ると1位は台湾だそうです。 まさかタピオカが理由だとしたら(多分違う)是非参考にしてほしい記事があるのですが…。 しかし修学旅行費は学校納入費用に組み込まれて引き落とされるため、ほとんどの家庭は強制的に積み立てられていると思います。 ちなみに長男は1~2年生で支払い、次男は1年生のうちに全額支払う仕組みだったので当然後者の方がキツく感じました。 ご家庭に事情があって行けない可能性のある場合、後悔しないかご両親とよく話し合われてくださいね。 自分でどうにかするしかない場合は社会勉強の意味でも私はアルバイトもいいと思いますよ! 高校生修学旅行お小遣いの額と日程や持ち物 お小遣いはいくら持たせるか そう、家庭が困窮していなくても高校生であれば自分の意志でバイトするくらいのたくましさが欲しいものです。 まあ最近の高校はどこも 学業優先でバイト不可や許可制だったりするんですけどね。 長男は沖縄でシュノーケリング体験のコースだったので¥5000くらいだったような…。 全部まるっと出してあげるなら2~3万円くらいかと思います。 高校生にもなるとあまり細かい決まりはないようで、物欲がなくてもっと少ない子や祖父母銀行の支援で富豪な子いろいろいるみたいです。 でも紛失盗難の恐れもないとは言えないので必要な分だけを心がけましょう! 日程と持ち物は?スーツケース(キャリーケース)は必須かも 国内なら3泊4日、海外は行き先によりますが長くて6泊7日くらいでしょうか。 さすがに荷物が多いですのでみんなスーツケースでした。 我が家の準備品で一番高かったのもこれかな。 最初 100円ショップで買ったらダサいと罵られ¥1500円くらいするやつを買わされたことも今ではいい思い出です。 後の持ち物は基本自分で用意させたのであまり覚えてないですが とにかく基本の着替えとタオル 行き先によりますが 水着とかハイキング用の上着や靴、虫よけや日焼け止めや帽子 洗面用具やドライヤー あとは お金とスマホさえあればどうにでもなりますね(笑) 可愛い子には旅をさせよと言いますから、見送った後は子供を信じて親も多少家事が減る分ゆっくり過ごしましょう。

次の