パイナップル 犬 食べ て も 大丈夫。 犬にパイナップルは大丈夫です! 消化を促進し便通も良くなります

犬に「パイナップル」を与えるときの全知識|食べてもいい?|ドッグフードの達人

パイナップル 犬 食べ て も 大丈夫

果物が好きなワンコは多いようですね。 我が家の愛犬は桃やマンゴー、りんご、梨は大好きです。 キュウイフルーツやスイカ、バナナなどはあまり興味がないようです。 この辺りはワンコの食の好みによって分かれるのかもしれません。 記事にもあるように、果物の取りすぎは糖分過多になってしまうため注意が必要ですが、この点は人間と同じかなと思います。 果物に含まれる成分によって期待出来る効果も違います。 夏の果物の代表例であるスイカはカリウムが豊富で利尿作用もあります。 90%は水分と言われており、むくみの解消、高血圧、動脈硬化、ガン予防になる場合もあります。 リコピンも豊富で呼吸器系の免疫力を上げるとも言われています。 記事にもあげられていますが、リンゴは食物繊維が豊富で酵素補給にも最適です。 皮は剥いてからすりおろした物を生のまま与えれば酵素を取ることが出来ます。 環境の変化などストレス性の下痢を起こしている場合は、温めたリンゴが効果的です。 皮を剥いてすりおろし、お鍋にすりおろしたリンゴと少量の水を加えて加熱します。 焦がさないように弱火で軽く温めると甘い香りがしてきます。 下痢が続いている場合には一肌に冷ましてからこのまま与え、少し治まっている場合にはフードにトッピングしても効果があります。 トッピングの場合にはドッグフードの量を70%前後に減らしてからリンゴをトッピングすると良いと思います。 リンゴには水溶性の食物繊維が多く含まれており、これが悪玉菌を抑制する働きをするため下痢には効果的です。 本来であれば下痢には腸の働きを休めることが一番で絶食が効果的ですが、脱水症状には注意が必要となります。 血糖値を下げることも好ましくありません。 ごく少量の蜂蜜入り白湯やリンゴのすりおろしなどはお薦めです。 なお、記事にもあげられているミカンは、ビタミンAやCが豊富で我が家の愛犬も大好きです。 甘い香りに誘われて欲しがるワンコは多いかと思います。 薄皮を取り除けば与えることに問題はないのですが、ミカンの粒は消化しにくいようで未消化のままうんちとして排出されています。 未消化であっても問題はありませんが、気になるようであれば小さめにカットして与えると良いかなと思います。 果物も野菜と同様に季節の食材ならではの効果が期待出来るものもあります。 成分によって注意が必要な物もありますが、ごくたまに食べるのであれば極端な量を与えない限り、ダイエット中のワンコの場合には果糖の量にだけ気を付けてあげれば、栄養バランスを気にする程のことはないのかなと思います。 家族の一員として、春にはイチゴ、夏にはスイカやマンゴーに桃、秋には柿や梨、冬にはみかんなど、季節のフルーツのお裾分けを貰えるワンコはとても幸せですね。 その時に感じる幸福感は、果物の効能以上の効果があるのかもしれないな、そうであって欲しいなと思います。

次の

犬に「パイナップル」を与えるときの全知識|食べてもいい?|ドッグフードの達人

パイナップル 犬 食べ て も 大丈夫

優太くん!! こんにちは。 今日はわんちゃんとパイナップルについてだね。 結論から言うと、 パイナップルはわんちゃんに与えても大丈夫な果物になるよ。 パイナップルに含まれる成分は、食物繊維、カリウム、ビタミン類、ブロメラインという成分になるので、 わんちゃんに有害な成分は含まれていないんだよ!! 成分表からパイナップルを徹底分析!! 成分 期待できる効果 食物繊維 便通を良くする効果が期待できます。 しかし、 この食物繊維は犬にとっては消化の悪い成分になりますので、与え過ぎには要注意です。 カリウム 利尿作用があります。 体内の余分な塩分をおしっこと一緒に体外に排出してくれる効果が期待できます。 ビタミン類 ビタミンBやビタミンCが少量ですが含まれています。 ブロメライン 生のパイナップルに含まれる成分になります。 パイナップル特有の舌をピリピリ刺激させるようなあの感覚がブロメラインです。 お肉を柔らかくする効果があり、消化をよくする働きが期待できます。 犬に与えてもいいパイナップルの適量は!? パイナップルのカロリーは 100gあたり約51キロカロリーになります。 これはわんちゃんにとっては カロリーがけっこう多い部類に入ります。 100gあたりのカロリー比較• 大根 約18キロカロリー• キャベツ 約23キロカロリー• にんじん 約36キロカロリー• りんご 約60キロカロリー• ゆでたまご 約80キロカロリー• 砂糖 約380キロカロリー それにパイナップルは糖分が多い果物になります。 当然ですが、与え過ぎると肥満なわんちゃんになってしまいます。 最悪、 糖尿病を患 ってしまうかもしれません。 必ず少量ずつ与えるようにしましょう。 犬にパイナップルを与える際の注意点は!? アレルギー 稀にですが、パイナップルを食べてアレルギーを発症するわんちゃんがいます。 下痢や湿疹、嘔吐などの症状が出た場合はアレルギーかもしれません。 その場合は パイナップルを与えることは控えましょう。 初めてパイナップルを与える場合は、ほんの少量だけにして様子を見るのがいいかもしれません。 芯や皮 わんちゃんにとって パイナップルの芯や皮は消化できない箇所になります。 与えることは控えましょう。 犬にパイナップルの缶詰は与えても大丈夫なの!? うーん・・・正直に言うと、缶詰は良くないんだよね。 缶詰には砂糖が多く含まれているので、わんちゃんの健康には良くないんだよ!! ただでさえパイナップルは糖分が多い果物です。 缶詰だとさらに糖分が多くなってしまいます。 与えてしまうと、 糖尿病犬まっしぐらの状態です。 ですので、極力与えるならば、 生のパイナップルにしましょう。 生のパイナップルには成分表でも表示したように ブロメラインが多く含まれています。 わんちゃんは肉を好む動物です。 それに咀嚼せずに丸のみして肉を食べます。 ブロメラインには肉を柔らかくする効果が期待できますので、生のパイナップルを食べることで、肉の消化をよくしてくれるでしょう。 パイナップルは犬の食糞防止に効果あり!? パイナップルをわんちゃんに与えることで、次のような食糞防止効果が期待できます。 食糞防止効果• 糞の臭いがきつくなる• 腸内環境が整う 腸内環境とうんちには密接な関係があります。 腸内環境が悪いと臭いうんちになってしまいます。 そしてその臭いは、わんちゃんにとって思わず食いつきたくなるような「美味しそう」な臭いなのです。 これは避けなければなりません。 そこで期待されるのが、 パイナップルに多く含まれる食物繊維になります。 食物繊維には、 腸内から悪いものを流す働きがあります。 悪いものが流されたうんちは、よりいっそう臭いがきついうんちとなります。 これによって、わんちゃんにとって食べたいとは思わないうんちができあがります。 しかし、 食物繊維はわんちゃんにとって消化の悪い栄養素でもあります。 与え過ぎると、逆に体調不良を引き起こしてしまうおそれがありますので、わんちゃんの健康状態をみて、与える量などは調整しましょう。 まとめ 今回は、犬とパイナップルについてまとめてみました。 パイナップルはわんちゃんにとって食べても大丈夫な果物!! 生のパイナップルに含まれるブロメラインで、肉大好きなわんちゃんの消化をサポート!! 食物繊維が豊富なので、食糞防止効果が期待できる。 カロリーも糖分も多い果物なので与え過ぎには要注意!! 糖尿病犬になるよ!! 飼い主さんとして必要な犬とパイナップルについての知識を深めていただけたと思います。 パイナップルはわんちゃんが食べてもいい果物になりますが、積極的に摂る必要もありません。 ちょっとした栄養サポートで生のパイナップルを与えるようにしましょうね。 与え過ぎはダメですよ!! 正しい知識とともに、愛犬と楽しいパイナップルライフを送りまりょうね!! 当ブログの人気記事!• 皆さん家の中で飼っている犬にサークルは使っていますか。 犬には自分のテリトリーがあるので安心して落ち着いていられ... 182件のビュー• 「惜しいなぁ、あともうちょっとでトイレシートの上だったのに」「なんでここにしちゃうんだろう」わんちゃんのトイレ... 145件のビュー• わんちゃんを飼うと、どうしても部屋に生活感が出てしまう。 SNSには、わんちゃんがいるのにオシャレでキレイな... 133件のビュー• ネットサーフィンをしていると、犬用トイレって、目移りしてしまうほど沢山出てきますよね。 だからといって、「市販品... 130件のビュー• 犬のヘルニアってご存知ですか? 私の知り合いが飼っているミニチュアダックスフントが、ヘルニアで歩けなくなって... 73件のビュー• 先日久しぶりに高校時代の友人に会いましたが、そこで吠える犬のことが話題になりました。 友人は宅配の仕事をして... 66件のビュー• 愛犬と遊んでいるときに顔を近付けたら、いつもとは違う臭いを感じたことはありませんか? 犬が臭くなってしまう理由... 65件のビュー• 「お散歩に行こうよ」「もっともっとごはんほしいよ」「一緒に遊んでよ」 そんな声が聞こえてきそうな愛犬達。 59件のビュー• 犬の困った行動の、ナンバーワンと言えば、やっぱりトイレ関係のトラブルでは、ないでしょうか。 犬にとっても、ト... 42件のビュー• わんちゃんを迎えるにあたって大事なこと、たくさんありますよね。 お家はどんな大きさがいいの? ご飯はどれを選べばい... 39件のビュー.

次の

パイナップル‥犬にあげてもいいのでしょうか?人でも食べると舌がピリヒ...

パイナップル 犬 食べ て も 大丈夫

【目次】犬はパイナップルを食べることができる?パイナップルの健康効果と上手な与え方 犬はパイナップルを食べてもいいの? 犬はパイナップルを食べても大丈夫なのでしょうか。 結論から申し上げると、パイナップルには犬の健康を害するような成分は含まれていないので、犬に与えても大丈夫です。 また、食物繊維やビタミンCなど健康にも良い成分が含まれているので、上手く活用すれば愛犬のおやつや のトッピングのバリエーションが広がるでしょう。 犬は本来肉食ですが、雑食性も持ち合わせているので、多少のパイナップルを食べることは問題ありません。 しかし、いくら雑食性があるからといっても、人間ほどの雑食性があるわけではないため、量を加減して与える必要があります。 適量のパイナップルを食べる分には犬の健康にも良い効果を期待できますが、犬はそもそもフルーツのような植物性の食物を消化することが得意ではないので、あまり大量に与えてしまうとかえって健康を害する結果になってしまうこともあります。 また、パイナップルは糖分が多く含まれています。 糖分の取り過ぎは犬にとっても良いことではありません。 品質の良い総合栄養食のドックフードを与えてもらっている犬は、基本的にはそれ以外の栄養を補てんして食べる必要はありません。 犬はパイナップルを食べることはできますが、適切な与え方をする必要があるということを認識しておきましょう。 犬はパイナップルが好き? 本来は肉食獣である犬ですが、犬は甘い味がするものを好む傾向があるため、果物を好んで食べる子は少なくないでしょう。 特に熟して糖度が増したパイナップルは甘みが強いので、好んで食べるワンちゃんも珍しくないと思います。 果物や野菜といった食物性のものを好んで食べるかどうかは、その子の個性によるところが大きいです。 甘いものが好きであっても、フルーツは食べない子もいるでしょう。 ちなみに、筆者の愛犬3匹のうち、パイナップルを好んで食べるのは1匹のみです。 その子は他のフルーツも好んで食べますが、パイナップルは特に甘みが強い分好きなようです。 先述したように、パイナップルは必ずしも犬に与えなくてはならない食べ物ではありません。 愛犬がパイナップルを好きではない場合は、無理に与えないようにしましょう。 パイナップルの栄養効果 パイナップルには体に良い栄養成分が豊富に含まれており、これらは犬の健康にも良いとされているものです。 ビタミンC パイナップルに一番豊富に含まれているのがビタミンCです。 犬はビタミンCを自分の体内で作ることができるために、あえて与える必要はないとされています。 しかし、 のようにより多くのビタミンCが必要とされる場合は、食べ物からビタミンCの摂取量を増やすことも大切です。 ビタミンCを摂るとることができるからといって、パイナップルを大量に食べさせたり、毎日食べさせたりすることは適当ではありませんし、ビタミンCの供給源をパイナップルのみにすることも現実的ではありません。 ビタミンCは一気に摂っても余分な分は体内に排出されてしまうので、いろいろな食べ物から少しずつ取り入れることが効果的な摂取方法と言えるでしょう。 そのため、ビタミンCを摂ることができる食べ物の一つとして、パイナップルを利用すると良いですね。 酵素ブロメリン パイナップルには、タンパク質を分解するブロメリンという酵素がたくさん含まれています。 犬の主食は肉でタンパク質なので、ブロメリンが消化を助けることで、胃腸の調子を整えてくれる効果が期待できます。 食物繊維 パイナップルには豊富な食物繊維が含まれているため、便通をスムーズにしてくれる効果が期待できます。 しかし、犬は大量の食物繊維の消化は苦手なので、与えすぎには注意が必要です。 ビタミンB1 パイナップルにはビタミンB1も含まれています。 ビタミンB1は神経の機能を正常に保つために欠かせない栄養素であり、疲労回復にも効果的です。 パイナップルを犬にあげる際の注意点 パイナップルは栄養も豊富で甘い味がするため、ワンちゃんのおやつとして活用したい食材の一つでありますが、本来の犬の食生活とは違うものであるため、与え方には注意が必要です。 最初はごく少量を与える パイナップルは植物の中でもかなり繊維質が多い果物です。 食物繊維は便秘の解消に効果的ですが、犬の消化器官は食物繊維が多い食物の消化が得意ではありません。 そのため、初めてパイナップルを食べさせる場合は、喉に詰まらない程度の小さなかけらを一つだけ与えてみるなど、ごく少量を与えてみて、犬の体調に変化がなく犬が好むようであれば、パイナップルをおやつにあげるようにしても良いでしょう。 シンや皮は取り除く パイナップルの皮はとても固いですね。 皮を食べる人はいないと思いますが、犬に与える際もパイナップルの皮は取り除いてから与えるようにしてください。 もしパイナップルの皮を食べてしまうと消化不良を引き起こす可能性があります。 また、パイナップルの実にはシンの部分があり、消化に良くないので、犬には与えないようにしましょう。 与え過ぎは嘔吐や下痢の原因に パイナップルは食物繊維が豊富な食物で便秘の解消に役立ちますが、与える量が多すぎるとかえって犬の体調不良を招いてしまいます。 パイナップルは消化に時間がかかるのですが、犬の腸は人間の腸より短いために、量が多い食物繊維は十分に消化しきれずに消化不良を引き起こしてしまう場合があります。 消化不良になってしまうと、嘔吐や下痢といった症状が出ることがあります。 パイナップルを与える際は充分に注意しましょう。 缶詰や加工品はNG パイナップルは丸ごと買っても持って帰るのが大変なため、缶詰やドライフード、ジュース等の加工品にされていることも多くあります。 それらは手軽にパイナップルを食べられるので便利なものですが、犬には与えないようにしましょう。 パイナップルの加工品の多くには砂糖が加えられており、パイナップル自体の糖分だけでも充分なのに、さらに加糖されたもの食べることは犬の健康にとって良くありません。 カットされたパイナップルも売られているので、丸ごと買うのが困難であったり切り分けたりするのが面倒であったりする場合は、そのようなパイナップルを利用するようにすると良いでしょう。 小さく切って与える パイナップルは食物繊維が多いので噛み切りにくい果物です。 そして、犬はあまり食べ物のも噛まずに丸飲みしてしまうという習性があります。 そのため、塊のパイナップルを与えると喉や食道など消化器官に詰まってしまうこともあります。 喉に詰まって気道を塞いでしまうと命にも関わりますので、パイナップルを犬に与える際は喉に引っかからない程度の大きさに切ってあげましょう。 消化を良くするためにも、パイナップルを犬に与える際は粗みじん切りくらいの大きさがおすすめです。 ときどき少量をあげる パイナップルはときどき少量をあげるようにしましょう。 毎日食べなくてはならない食材ではありませんし、与えすぎは良くないので、 のバリエーションのひとつとして取り入れるのが良いですね。 パイナップルに含まれる酵素のブロメリンとクエン酸はタンパク質を分解する働きがあり、それは消化を助ける効果が期待できるのですが、取り過ぎるとが口の粘膜を痛めることがあります。 パイナップルを食べ過ぎると口の中がピリピリするのはそのためであり、消化酵素とクエン酸によって口の粘膜が刺激されているからです。 粘膜が刺激されて痛くなるほどの量は、パイナップルの摂りすぎです。 犬にパイナップルを与える際の量は? 大人の人間一人分のパイナップルは、大体一口大の大きさのパイナップル7~8切くらいで100g程度です。 犬の場合は、下記の量を上限に与えると安全に食べさせられるでしょう。 3㎏程度の ・・・10g程度 一口大の大きさのパイナップル1個• 20㎏程度の ・・・35g~40g 一口大の大きさのパイナップル3個~4個 犬へのパイナップルの上手な与え方 パイナップルの上手な与え方をご紹介します。 パイナップルで柔らかお肉に ブロメリンはタンパク質を分解する酵素なのでお肉を柔らかくしてくれる効果があります。 上手に使うとお安いお肉でもおいしくいただけます。 鶏肉のパイナップル炒め <材料>• 鶏むね肉 1枚(300g程度)• パイナップル 100g <作り方>• 鶏むね肉を一口大に切り、粗みじん切りにしたパイナップルと一緒にビニール袋などに入れて混ぜ、30分程度冷蔵庫に置いておく。 フライパンにココナッツオイルを入れ、1を投入し炒める。 冷ましてから、ドッグフードのトッピングにする。 (10㎏の中型犬なら1回分は50g程度) 事前に混ぜておくことで、お安い鶏むね肉もおいしくいただけます。 味付けをすれば、人間もおいしく食べられます。 味付けをする前にワンちゃんの分を取り除いておけば、人間用のおかずも一緒に作れますよ。 おやつ パイナップルはおやつ一の種としても使えます。 細かく切ったパイナップルをそのまま与えても良いですが、相性の良い食べ物と合わせてあげるとよりワンちゃんが喜んでくれるかもしれません。 こうするとパイナップルだけでは食べないワンちゃんも食べてくれることが多いです。 ただし、パイナップルとヨーグルトを混ぜて時間が経過すると、パイナップルに含まれる酵素がヨーグルトのタンパク質を分解して苦くなってしまうことがあるので、パイナップルは食べる直前にヨーグルトに入れてください。 チーズに細切れにしたパイナップルを混ぜたものも筆者の愛犬にはとても人気の高いおやつの一つです。 犬に与えるチーズは、カッテージチーズかクリームチーズがおすすめ。 ハードチーズよりも栄養面では多少劣りますが、ナチュラルチーズなので乳酸菌や酵素は生きており、さらにチーズの中でも塩分量が少ないため、犬に与えるチーズは特に心配ありません。 筆者は美味しいものを食べるのも犬の幸せ一つであると考えているので、ドックフードだけではなく犬が好むものをときどきあげています。 犬に与えることができる食べ物が多ければ、犬が飽きずにドッグフードを食べることができますし喜びも増すことでしょう。 ワンちゃんがパイナップルを好む場合は、食事のトッピングやおやつとして上手に取り入れて、楽しい食生活に役立てると良いですね。

次の